XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東日本大震災支援

電話やメール、コメント頂いた方ありがとうございました。
エントリーが遅れて申し訳ないです。

3/19(土)のお昼頃に仙台の東北本部に合流しました。
控え室としてお借りした図書室に行ってみると、前の班は待機が長かったらしくこんな落書きが。
RIMG0766.jpg

カップ麺で腹ごしらえをしていると、本部から伝令がやってきて石巻へ行くように指示された。
早速準備をして、M沢主査、M月君と出撃。

緊急車両以外走行を制限された三陸自動車道を、移動電源車と支援車両(三菱デリカ)でトレインを組んで進んだ。

所々路面に亀裂が入っていたり、自衛隊の高機動車の集団とすれ違ったりして緊張が高まっていく。
石巻河南ICで高速を降り、石巻の街に入ると津波でつぶされたらしい車がそこかしこに放置されていた。

街から離れた持ち場について、電源車の設定。
商用の電源が回復するまで、非常用のディーゼルで某設備を使えるようにするのが仕事です。
RIMG0769moz.jpg

無事給電を開始して保守していると、近所のおじさんが携帯を充電させて欲しいとやってきたので、電源車の電源で充電して差し上げた。
3/11の地震からずっと停電しているとのこと。人恋しいらしく奥さんもやってきて立ち話。

陽が暮れると、急に冷え込んできて手がかじかむ。

女川の方からいままでみたことのない数の消防車が帰ってきた。
RIMG0779.jpg

本部に状況を報告すると、今夜は現地で給電を続けて欲しいとのこと。
ビバークが決定したので、寝場所を作るため、3人で車から荷物を降ろした。
レトルトのカレーなんかもあったので、電気ポットにサトウのごはんをぶち込んで調理していると。。

「かきzさん!街灯、点いていませんか?」とM月君。

テスタで受電を当たると、復電してましたww。
折角なので、後片付けしたあと3人でカレーを食べて仙台に戻った。

数時間だったが、まあ設備を回復させられたので少しは被災地のお役に立てたと思うと嬉しかった。


3/20(日)
出動依頼が来なくて、待機で終わった。
電源車を出しても復電して空振りに終わることが多くなってきたためらしい。
仕上がっているのに抽選もれで出走できない競走馬みたいな気分。
せっかくメンバーの士気も高いのに。
RIMG0784.jpg

わしの部屋。
RIMG0785moz.jpg

図書室で見つけた「指揮官たちの特攻」を読了した(笑)。

3/21(月)
山元町の施設の偵察を依頼される。
地震や津波の影響でどの程度設備が損壊しているのか調査してくるのが仕事。
ただ、福島県と県境近くまでいくことになり、原発に近づくということでチームに緊張が走る。

仙台東部有料道路に仙台東ICからのったが、IC近くでは大勢のレスキューの方が捜索をされていました。
RIMG0791.jpg

最初の施設は、R6を磯浜漁港方面へ向かったところだった。
R6を左折して丘のようなところを登っていくと左側に波に洗われたらしい競馬のゲートが見え、こんな標高まで津波がきたのかと驚愕した(あとで調べてみたら社台の山元トレセンだった。ちなみに今年の高松宮記念馬キンサシャノキセキのホーム)。

丘を越えて海側に下りると、瓦礫が広がる戦場のような光景だった。
RIMG0799.jpg

車外に出て、潮の香りを嗅いでも現実感がない。
RIMG0815.jpg
RIMG0818.jpg

やじろべえのようにがっちり基礎を作っているので柱は健在だったが、下部の設備は全損。。
まとわりついている構造物の量が津波の強さを物語っている。
RIMG0811.jpg

次の施設に向かう途中の道路も大きく損壊していた。
RIMG0831.jpg

実際東北の海岸側の被害を目の当たりにすると、気の毒すぎて胸が詰まる。
折角の機会があったのに大した貢献もできず残念だったが、これからもできることはしていかなきゃなと思う。

仙台から帰ると、今度は父方の祖母が亡くなった。99歳でした。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/05(火) 00:27:38|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<桜花賞 | ホーム | 計画停電>>

コメント

復旧支援、ご苦労様でした。

Kサワさんも、ずいぶんすごい所に行ってたんですね。

レスキュー真っ只中の海岸際までとは知りませんでした。

設備の復旧に赴き全力で活動しつつ、自然復旧したり電力が回復するなど不甲斐なさを感じますが現地の方々のことを思うと、『よかった』と素直に喜べるようになりました。

私もその後、現地に向かいましたがご存知の通り、日帰り状態となりゲートにも立てない悲しい結果でした。
往復はこたえました。
できる事ならば、再度、向かいたいです。M下主査の逃げに付いていきます。

ぜひ、カレーは頂上で食べて見たいものです。

ご苦労様でした。
  1. 2011/04/05(火) 21:15:23 |
  2. URL |
  3. N井でございます。 #-
  4. [ 編集]

乙!

ミッションコンプリート乙!
大丈夫…必要があればまた要請があるよ。
  1. 2011/04/06(水) 00:47:22 |
  2. URL |
  3. らんた #kBU0PDh2
  4. [ 編集]

支援お疲れ様。
最終日の話は次回?
楽しみにしてます
  1. 2011/04/07(木) 00:26:00 |
  2. URL |
  3. ウネキ #-
  4. [ 編集]

自転車先生 ホントにあの場所に行ったんだ・・・
マスコミの人が「ゴミの山です。ゴミが、ゴミが」って失礼なことを言っていた。
あれは、思い出なのにひどいよ。
なにもなくなっちゃった写真見て涙が出た。
本当に見たんだ。心痛かったでしょ?

  1. 2011/04/07(木) 21:39:27 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集]

>N井さん

まだチャンスがあるかもしれませんから、次回がんばりましょう!

>らんたさん
まだしばらく続きそうですが、自分の出番は無さそう。。
バックアップをがんがるよ。

>うねきさん
最終日??
もうこの話は完だが。

>そらさん
TVの画像と同じです。
現場にいっても現実感ないけど。
  1. 2011/04/10(日) 21:51:09 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/767-594f24b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。