XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年正月遍路(12/31)

夕べコンビニで仕入れておいたオニギリを食べて、いつもより早く7時に出発した。
大窪寺から帰ってくるバスの本数が少なく、13時半のに乗り遅れると次は15時51分になってしまうのよ^^;
IMGP5089.jpg




長尾寺を後にし、最初の大きな道を右折し、昨日の居酒屋の前を通りどんどん進んだ。
強力な寒波がきているので陽が登っても、肌寒い。

しばらく尿意を我慢して歩いていたが、辛抱たまらず畑に入って立ちション。

すっきりしてまた歩き始めると、すぐに様子がおかしいことに気づく。
山に向かって歩いているはずなのにずっと平地のままだし、右手には鉄道が通っている。
IMGP5091.jpg


痛恨のミスコース!!!(3回目なのにorz。。)
遍路地図を取り出して、GSの方に大窪寺へのショートカットがないか尋ねるが、もとの道を長尾まで戻るしかないことが分かる。

1時間近くロスってしまい、これは13時半のバスは厳しいかもと思う。
”おばあちゃんがついていながら、駄目じゃん”とか八つ当たりしながら(笑)、大慌てで戻り始める。

バス停を見つけ一応時刻表を確認すると、4分前に通過してしまっていた。
次は1時間後かぁとがっくりして後ろを振り返ると、バスが来ていました(人´∀`)アリガトーオバーチャン

190円でふり出しに戻る。
IMGP5093.jpg

今度こそと地図と赤い遍路マークをしっかり確認し大窪寺を目指し歩き始めた。

0910 前山ダムが見えてきた。
IMGP5099.jpg

ダムのところの遍路道標識。
女体山越えは、車道ルートの2時間50分+1時間らしい。
IMGP5101.jpg

とりあえず、ダムの先のおへんろ交流サロンに行ってみる。

おおみそかだし、当然休みだよねww。
IMGP5103.jpg
そもそも歩き遍路を始めた一因は、自転車で回ったときに、ここで「自転車の方にメダルは差し上げられません。歩きのほうが大変ですから」とかいわれたことだったりする(暮れだったので多分メダルの在庫がなかったんだと思うが)。
でも、今となっては感謝しています。

道の反対側の道の駅に行くと、ダムのところで抜いていった黒い服をきた若い遍路(Iさん)の方がコッヘルでラーメンを煮ていたので、ドラ焼きを食べながら少し話をした。彼も長い休みのときに区切り打ちをしていることが分かった。

補給を終えて、お先に出発した。
ダムのほうへ戻っていくと、緑色のジャケットを着たおれと同い年くらいの遍路が上がってきた。

ダムを越えて女体山ルートに入る。

ダム湖の横を通る道沿いには、小さな地蔵が並び、その地蔵はどれもが毛糸の帽子や前掛けをつけていた。
IMGP5114.jpg

日陰の道がアイスバーンになっていて、スリップしそうになったので用心しながら歩いた。
IMGP5116.jpg

途中の集会所のトイレで用を足していると、道の駅でお話をしたIさんが追いついてきた。

話をしながら歩き始めると、山をやるというIさん、勾配が急になってもペースが落ちない。
ひとりでしんみり歩きたい気分だったが、Iさんにあわせたオーバーペースでどんどん登った。
IMGP5123.jpg

太郎兵衛館まで降りてくると、ダムですれ違った緑のウェアの方と合流したので(ダムまで戻らずに、上流のほうで川を渡ってきたらしい)連合軍で女体山にアタック開始。
IMGP5129.jpg
IMGP5130.jpg

さらさらの新雪で気持ちよい。
IMGP5134.jpg

四国遍路のア・バオア・クーwだけあってそう簡単には攻略できない。
最後はほとんど雪山登山の様相に。風も相当強い。
IMGP5137.jpg
IMGP5141.jpg

女体山頂から讃岐平野を望む。
IMGP5142.jpg

3人で競い合うように急斜面を下ってくると、大窪寺が見えてきた。
IMGP5152.jpg

1230結願。

旅の間のことを思い出したりして感きわまって涙を流す歩き遍路がいるというが、意外と冷静だった。
IMGP5158.jpg

門前では屋台なんかでていて、いつもと雰囲気が違っていておおみそかを結願の寺で過ごすのもいいなあと思い始めた。
IMGP5161.jpg

Iさんは八十窪に予約をしていると言っていたので、八十窪に行って泊まれるか聞いてみた。

玄関に出てきたのは、おばあさん。
おばあさん「あしたはどこにいくの?」
おれ「高野山にいく予定です」
おばあさん「それなら13時半のバスでなんばに行きなさい。明日一番のバスは10時よ。」
ぜんぜん商売気がないのだ。でもこっちのことを考えてくれてありがたかった。

礼を行って、バス停に向かった。

バス停には、緑のジャケットの方が寒そうにバスを待っていたので、お接待しようと自販機でホットコーヒーを買うと2本目が当たった。早速のご利益?南無大師遍照金剛。
IMGP5163.jpg

13時半のコミュニティバスを志度高速で降りて、高速のバス乗り場に上がってみると狭いバス乗り場は帰省客で混んでいた。
10分ほどでやってきた大阪行きのバスは予約で一杯で断られた。
次にがらがらの神戸行きが来たので、あまりの寒さに辛抱たまらず乗ってしまった。

よく暖房の効いた車内でうとうとしながら、5時半ころに神戸に着き、そのままJRと地下鉄でなんば(高野山へいく南海電車の始発だから都合がよいのだ)へ。

宿はimodeで予約した簡易宿泊所。
IMGP5168.jpg

壁が薄いのでヘッドホン使用だが、32型の液晶TVが付いていた。
IMGP5167.jpg

夕食は、お好み焼きチェーンのBへ行った。
おおみそかで8時終了ってことだったが、まだ客が食べているのに鉄板の掃除とか始めてなんだかなぁと思った。
IMGP5170.jpg

口直しで近くの喫茶店でコーヒーを頂いて、部屋に帰り紅白を観た。
トイレの神様がほんとやばい。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/14(金) 23:23:13|
  2. ツールド四国遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビート復活 | ホーム | 武田の杜探索>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/753-f8bef0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。