XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳳凰三山(1日目)

9/4(土)
同じ担当のN井さんが、山梨にある百名山に登ってみたいというので、鳳凰三山にいってきました。
IMGP4600.jpg


韮崎駅で降りると、同じ電車に乗っていた30半ばくらいの二人組みの方から「もし青木鉱泉経由で地蔵岳に登るのでしたら、割り勘でタクシーに乗りませんか?」と誘って頂いたのでご一緒した。

タクシーの運転手の方が、コンビニで青木鉱泉に届けるために新聞を買った(青木鉱泉は携帯電話も圏外)。

ぐんぐん高度を稼いで、青木鉱泉へ。
IMGP4423_t.jpg

青木鉱泉。
ツーリングの秘湯特集とかで写真で見たことはありましたが、風情のある建物です。
IMGP4427_t.jpg

0800登山開始。
ドンドコ沢なんて名前のくせに、かなりな急登。
IMGP4430_t.jpg

1000 南精進ノ滝への分岐を見つけたので、荷物を置いて寄り道。

タクシーでご一緒したお二人が先に到着して、涼んでいました。


ここのところ雨が降っていないので、水が少ないかもと思っていたが、かなりな迫力。
なにより水辺は涼しくて気持ちよい。
IMGP4468_t.jpg

水が冷たくて、足がしびれるwww
IMGP4464_t.jpg

イオンたっぷりで桃源郷のようなところでした。
IMGP4465_t.jpg

すっかりクールダウンして、荷物を置いてきたところまで戻る。
こんなファイト一発的なところも(この岩の上で、すべって肝を冷やした)。
IMGP4474_t.jpg

1100鳳凰の滝。この滝は滝壷までいけない。
IMGP4480_t.jpg

1200白糸の滝の近くで、他の登山者に混じって昼食を摂る。

この滝も滝壷まで降りれない。
IMGP4484.jpg

しかしN井さんは、今回の山行のために登山靴やトレッキングポールを購入してきたぐらいの初心者なのにペースが速い。
苦しい場面で、「ああぁーーっ」(;´Д`)とか変なため息を付きながらもスピードが落ちないし。
IMGP4486_t.jpg

3本持ってきた500mlのペットボトルの残りが、250mlほどになってしまったので、沢の水を補給。
IMGP4487.jpg

五色の滝への分岐。
なぜかマジックで手書きの案内板。
IMGP4489_t.jpg

南精進滝に味をしめてしまっているので、迷いなく滝壷コースへ(笑)。
IMGP4494_t.jpg

またしてもタクシーでご一緒した二人組みが先着していました(以降、滝壷ハンター)。

この滝は、やろうと思えば滝に打たれることも可能なくらい接近が可能(すばらしい!)
IMGP4495_t.jpg

IMGP4506_t.jpg

ドンドコ沢の4つの滝を、コンプリートして鳳凰小屋へ向かう。

途中、大きな段差を乗越えるときにアキレス腱をつったという岐阜からこられたソロのおじさんを吸収。
IMGP4509_t.jpg

河原にでて、視界が開けると前方には、地蔵岳のオベリスクが!!!
IMGP4516_t.jpg

1345 いきなり鳳凰小屋に到着。
IMGP4520_t.jpg

近くの川で汗を流して、ビール、ビール。

滝壷ハンターのお二人と合流して、楽しく一杯。
お二人が、コッヘルでパスタを作ってうまそうに食べているのを見て、今度は火器類を持っていこうと思った。
IMGP4522_t.jpg

60リッターのザック&テント泊のドイツからの留学生らしい女の子(しかもソロ!)がいて、すごいなあと思う。

山小屋はこんな感じ。
一人布団一枚のスペースがありました。
IMGP4523_t.jpg

鳳凰小屋の晩ご飯は噂どおり、カレーでした。
IMGP4525_t.jpg

食堂はヘッドライトが必要なくらい暗くて、席が一枚板で隣の人と肩が当たるほど狭かった(またそれも楽し)。
IMGP4534moz.jpg

カレーはサイコーにうまかった。わし2杯、N井さん3杯。
IMGP4533_t.jpg

少し横になって、あとで星空を見ようと思っていたが、8時過ぎにあえなく撃沈した。

12990歩。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/11(土) 00:44:59|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<鳳凰三山(2日目) | ホーム | PATHFINDER PAW-2000>>

コメント

車道最高地点

確か山梨と長野の県境に「日本の車道最高地点」の大弛峠(おおだるみとうげ)って言うのがあって、昔TZRで行ったぞ。決して自転車で行ける様な道じゃないぞ(現在は道がどうなっているのか判らんが・・24年前の話なので)
  1. 2010/09/11(土) 16:41:05 |
  2. URL |
  3. いしやん #/WLvOrvc
  4. [ 編集]

登山初体験で最高の気分でした。

このたびは、初心者の私と一緒で登って頂きありがとうございました。v-237
観音岳と地蔵岳からの眺めは最高でした。遠く、富士山から乗鞍岳まで見渡せる景色v-263
色付きの文字最高!幸せ!

色付きの文字
山小屋での過ごし方や、食事の仕方、登山中の出会いなど、初めてなことばかりでした。

次回は、甲斐駒か北岳、、、北アルプスの白馬・・・また、お願いします。

下りの夜叉人峠まで、足が痛くてご迷惑をおかけしました。自宅に帰って、スポンジやパットでなんとか工夫すれば大丈夫かなと思っています。

次回は、頂上でコーヒーv-273でも入れて飲みましょう。

ほんとうにありがとうございました。
  1. 2010/09/12(日) 12:07:10 |
  2. URL |
  3. N井でございます。 #-
  4. [ 編集]

>いしやん

大弛峠。自転車でいけるよ~ん。
今度挑戦してくるぜ!

>N井さん
楽しんで頂けたみたいでよかったです。靴の当たりはつらそうでしたが。

実は、私雨男なんですが^^;、N井さん強力な晴れ男みたいね。またいきましょう。
  1. 2010/09/12(日) 22:25:50 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

久しぶり

ブログ復活!

今回は、へたれは無し?
へたれ含みの道中ぶろぐ、楽しみデーーース

切れないようにm(_ _)m
  1. 2010/09/13(月) 16:26:19 |
  2. URL |
  3. なおさん #-
  4. [ 編集]

>なおさん

遍路日記も書きたいのですが、けっこう時間がかかるのですよ。
  1. 2010/09/13(月) 23:30:09 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

なんだかすげえな!

なんだか!登山者じゃねーの!そこって 遭難するんじゃねーのかい? 来年は 北海道最高峰 旭岳 に行け! おれも同行するよ(たぶんムリ) 万馬券@いしやん より ps。俺の仕事 hp
  1. 2010/10/28(木) 20:18:28 |
  2. URL |
  3. ふらの@いしやん #/WLvOrvc
  4. [ 編集]

>いしやん

来年夏は北海道の山行くか!

一緒にいくべえ
  1. 2010/10/28(木) 22:12:07 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/729-1dd3c55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。