XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国遍路3周目(宇和島)

12月30日。

ジクロテクトの効能か少し脚の痛みが引いた気がする。
相変わらず左膝を曲げると激痛が走るが。。

朝ご飯を頂き、女将さんに玄関で見送られて出発。
IMGP1718.jpg

小さな家が集まっているようだが、一軒の家らしい。凝ってるなあ。
IMGP1721.jpg


途中、学校の建物の天井も真珠型だと撮影していると、ディーゼルの音を響かせてワゴン車がやってきた。
IMGP1723.jpg

女将さんが、忘れ物の手ぬぐいと洗濯ネットを届けてくれたのだ。
IMGP1726.jpg

親切に感激。
南無大師遍照金剛大師。南無大師遍照金剛。
IMGP1724.jpg

あそこにも真珠の屋根が。
IMGP1727.jpg

峠の入り口には、小さな花畑。
癒されます。
IMGP1728.jpg

急峻な登りをゆっくり登っていく。
IMGP1730.jpg

昨日同宿だった方に柳水大師で追いついた。
IMGP1733.jpg
IMGP1732.jpg

一服して出発したが、またすぐに追いついて話をしながら歩いた。
彼は今日宇和島泊とのこと、おれもこの調子ならいけるかもと思う。

途中山のように荷物を担いだ逆打ち遍路とすれ違った(ハウルの動く城のようだ)。
IMGP1738.jpg

0930清水大師。
こんな扮装で回っています。
IMGP1741moz.jpg

清水大師からは下りに入ったが、今度は遅れを取りはじめる。
左膝がよく曲がらないので、速度がでないのだ。
しかし、同宿の人はほとんど杖を使わない。おれは、金剛杖に頼り放しorz。。
IMGP1745.jpg

つわな奥からは海が見渡せた。
IMGP1751.jpg

この遍路道は、所々に解説の看板が立っていて、その話がユニーク。
女兵さん、ウラヤマシイゼ。
IMGP1757.jpg

馬の背。
IMGP1762.jpg

やっと人家のあるところまで降りてきた。
外で食器を洗っていたおばあさんに、脚が痛そうだからバスでお回りなさいとか言われる。
IMGP1764.jpg

屋根の上の鳥は、飾りかと思ったら・・
IMGP1770.jpg

本物だった!
IMGP1775.jpg

R56に出てくると、饅頭屋を見つけたので饅頭を補給した。
IMGP1779.jpg
IMGP1776.jpg

R56を右側に見ながら、川沿いの遍路道をいく。

精密に積み上げられた味のある石垣。
今なら無機質なコンクリ作りにしてしまうところだろうなあ。
IMGP1780.jpg

1220畑地小近くの遍路小屋で休憩。
この遍路小屋にはレンタル自転車や携帯の充電器があったり至れり尽くせり。
IMGP1784.jpg

かなりやばい橋。
IMGP1789.jpg

津島市街に入る。
IMGP1796.jpg

小説てんやわんやの舞台になった町で、落ち着いた感じの佇まいがよい。
IMGP1798.jpg
IMGP1799.jpg
IMGP1802.jpg
IMGP1806.jpg

例の重厚な南予風日本家屋の食堂を発見。すごく惹かれたが、人のブログで拝見した、この先のじゅていむという店に寄りたかったので、見した。
IMGP1810.jpg

ところが、じゅていむについてみると・・
IMGP1812.jpg

ランチはバイキング!
遍路は常に腹を減らしているので、バイキングなんて食べたら動けなくなってしまいそうだ。
IMGP1814.jpg

松尾トンネルの手前の曽我屋ベーカリーでパンを食べようと思い、先にすすんだが・・

曽我屋ベーカリーは、休みorz。。
IMGP1815.jpg

最短距離は、松尾トンネル(1710m)だが、換気が悪く遍路殺しとして有名なトンネル(嘘)なので、松尾峠遍路道を選んだ。
IMGP1818.jpg

松尾トンネルの横から、遍路道に入る。
結局饅頭を食べただけで、登り始めてしまったけど、なんとかなるしょ。
IMGP1821.jpg

落ち葉でふかふかの遍路道を登っていく。
IMGP1824.jpg

1445旧松尾トンネルの上にあたるピークの遍路小屋に到着。
IMGP1826.jpg

採石場の横を通過。
ポツポツと雨粒が落ちてきた。
IMGP1834.jpg

森の中を歩いていると雨を凌げたが、遍路道が終わるところで、マウンテンパーカを着込んで、パックにレインカバーをかけてカメラをしまった。
IMGP1836.jpg

宇和島に向かうR56は大渋滞。
大音響で音楽を聴いているバカワゴンとデッドヒートを繰り広げながら、宇和島市街に入った。

屋根のあるバス停で、ホットミルクティを飲みながらホテルを予約する。
大きな街だと宿が選べるのが嬉しい。

赤い遍路マークを頼りに、遍路道を行った。
途中で気がついたんだけど、宇和島って床屋の数が異常に多い。

宇和島城が見えた。もうひとがんばりだ。
IMGP1838.jpg

お弁当やさんの入り口に、猫さんが。
慎重に近づいたが、警戒心が強くて触れなかった。
IMGP1842.jpg

商店街を歩いていると、前からやってきた車が止まり、みかんのご接待をいただいた。
南無大師遍照金剛。南無大師遍照金剛。
IMGP1844.jpg

老舗ぽいかまぼこやで、手押しテンプラをゲット。
IMGP1846.jpg

1820アーケードを通り、宇和島駅前に到着。
IMGP1851.jpg

お宿は、宇和島オリエンタルホテル。
IMGP1853.jpg

ホテルのレンタル自転車で、食事に行った。

一人焼き肉w。
P1000060.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/01/11(月) 13:08:37|
  2. ツールド四国遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四国遍路3周目(41~43番) | ホーム | 四国遍路3周目(40番)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/697-da0707f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。