XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回ツールド直江津

14日(金)に年休を取って、北アルプス方面に山登りに行こうと思っていたが、シゴトのトラブルでもたもたしていてバスを予約しそびれた。
車でいってもいいけど、例の高速割引で帰りにジゴクをみそうだし。。

で、2年ぶりに、自転車で直江津にいくことにした。

毎年夏にルートは決めずに、日没までに直江津の海に集まって、夕陽を見るという自転車のキャノンボール的な面白イベントがあり、今年は来週あるのだが、来週末は予定が入っていて参加できないし、前回(つーか前回も日程違いのソロ)はマシントラブルで夕陽に間に合わなかったこともあり、そのリベンジも果たしたい。

8/14(金)0230起床。0300スタート。新聞配達って早いのね(驚)。

天気予報だと、夕方日本海側は雨が降りそうなので雨具をいれて、サドルバックとジャージのバックポケットは弾きれんばかりw。
RIMG3823.jpg

0500R17で高崎到着。
RIMG3824.jpg

前回は、吾妻渓谷経由だったので、今回はR406にルートをとった。
このルートは、吾妻ルートより登りがきついと感じたが、林間コースのようになっていて陽が上ってからも割と涼しく快適に走れた。

よさそうな温泉もたくさんあり、今度はドライブで来てみたい。
RIMG3826.jpg

須賀尾峠はちょっと厳しかったが、峠を一気に下ると、白根山が見えてきた。
RIMG3827.jpg

0840大津交差点のセブンイレブンで補給。ここまで100km。
RIMG3828.jpg

嬬恋温泉との分岐のところのセブンイレブンでも休憩w。
トイレで顔を洗うと異常に眼に染みる!!
鏡を見ると、眼が血に飢えたドラキュラのように真っ赤になっていた。
日焼け止めが汗で流れて眼に入ったらしい。

草津交差点のセブンイレブンでガリガリくん休憩(爆)。

でも幸先よいぞ。
RIMG3829.jpg

ここから白根山までは、延々キビシイ登りの始まり。

1100ロープウェイ乗場。
RIMG3830.jpg

このコースの嫌なところは、これから登る道が途切れ途切れに遥か彼方に見えること。
ただ一度経験しているのと、2泊で金沢まで行った前回より荷物が少ないし気持ちに余裕があった。
RIMG3831.jpg

ビッグツインの後ろに乗った女の子に「頑張れー!」と声をかけられ、少しうれしくなる(ゲンキンなもんだw)。

そのハーレーに最初のヴューポイントで追いつき、シャッターを押してあげる。

RIMG3834.jpg

草津の町が一望できる次のヴューポイントに寄っていると、途中で抜いてきたキャンプサイクリング中らしい大学生(?)の一団が元気よく通過していった。
いっぱいらしい後方追走の子が「スルーかよーー!!」とか泣き言を言っているのが微笑ましい。
RIMG3836.jpg

RIMG3838.jpg
RIMG3840.jpg

ピークまでもうひと踏ん張りと走っていくと、対向車を待てなかったらしく、共○交通の黄色い観光バスがギリギリ10cmほどの幅でスピードを落とさず抜いていった!

あわててクリートから脚を外して止まったが、どういう神経した運転手なんだ!!!
同じ目にあわしたろかっ!!!(#゚Д゚)凸

1156白根山の白い山肌が見えた。
RIMG3841.jpg

お昼のサイレンを聞きながら白根山に到着。

山は大混雑。
RIMG3845.jpg

弓池の周遊コースも気持ちよさそう。
RIMG3846.jpg

白根山からは一旦下ってまた登りになる。
RIMG3853.jpg

渋峠が見えた!
RIMG3858.jpg

1340渋峠到着なり!!
RIMG3864.jpg

遠くに榛名山がくっきり。
RIMG3862.jpg

草津のセブンイレブンでお会いしたタイム乗りの方がやってきたので、シャッターをお願いした。
RIMG3872.jpg

彼のタイムはリアハブが不調らしく、ダンシングするとブレーキがかかったようになってしまうらしい。
けれど、おれと同じ須賀尾峠ルートを6時半高崎出発で今到着って、ものすごい快速だ。
RIMG3873.jpg

これから高崎に引き返すという彼と別れて、渋峠ヒュッテへ。
RIMG3874.jpg

前回来た時は、山の上に行ってしまっていて食べれなかったパンをいただいた。
RIMG3880.jpg

入り口で売っていった桃。
歯ごたえがあってうまかった。
RIMG3887.jpg

インディ君は元気いっぱい(笑)。
RIMG3882.jpg

下りにかかると、怪しい雲が。。
RIMG3888.jpg

稼いできた高度を、一気に速度に変えて、がーーーっと湯田中までダウンヒル。
前回、修理のため場所を借りたGSが懐かしかった。

栗和田の交差点を左折したあたりで、記憶が怪しくなり宅急便の方に道を聞いて確認した。

なんせ軽量化のためにこんなメモしかもってないもんで(^^ゞ
RIMG4011.jpg

1435飯山に入る。
RIMG3890.jpg

前回は、R292で新潟に入ったので、今回はテツ会長がチャウチャウを目撃したという開田峠を行きたかったが、上越まで40数キロを残して、18時まであと3時間。

開田峠ルートだと、もしかすると日没に間に合わないかもしれない。。

残念だが、安全策を採って今回もR292をいくことにした。

といっても、R292の登りも結構きつい。
ピークにある酒屋で、ファンタグレープを補給することだけをモチベーションにじりじり登っていく。

トンネルを抜けると、下りになった。。
あれ??酒屋見逃した??

まあいいやと、そのまま新井までアウター全開でダウンヒル。

で、新井のスーパーでスイカを補給しました(爆)
八色スイカ。汁たっぷりでうまかった!
RIMG3892.jpg

時間的にかなり余裕があったので、隣の薬局でバンテリンと目薬を買った。

高速のようなR18の側道をいく。

途中で、建設中の北陸新幹線をくぐった。
RIMG3893.jpg

間違えてフェリー乗場のほうに行ってしまい、河原でバーベQをしていた若者に場所を聞こうとするが、公園の名前を忘れてしまい、「人魚のいる公園はどっちですか?」とか聞く始末(笑)。

1740船見公園到着。
RIMG3896.jpg

まだ日没までに時間があるので、顔を洗ったり、ペプシを飲んだりして一息。

船見公園の前の海岸は、海水浴場になっていて地元の若い子たちがバーベQをやっていた(ゴミが多いのは残念)。

ベスポジを確保して、落日を待つ。
RIMG3899.jpg

1824陽が落ちてきた。
RIMG3905.jpg
RIMG3910.jpg
RIMG3913.jpg

太陽が海にタッチすると、驚くほどすばやく消えていった。
RIMG3918.jpg
RIMG3922.jpg
RIMG3929.jpg
RIMG3936.jpg

直江津駅前のホテルにでも泊まって、なにかうまいものでも食べようと思っていたのだが・・
RIMG3938.jpg

直江津って意外とホテルが少ないうえに、大河をやっているせいで観光客が多いのか空きが見つからなかった。

しかも携帯を忘れてきてしまったので直接行って空きを聞くしか無かったし(泣)。

4軒ほどあたり空きがあるホテルもあったが、喫煙室とのことで、高い金払ってヤニくさい部屋に泊まるのは嫌なので前回と同じく上越の湯の仮眠ルームのお世話になることにした。

ところが、またしても道に迷い、GSで上越の湯への行きかたを尋ねると、今はやってないですよといわれる。

・・まじですかorz



でも、念のため行ってみると、元気に営業中でしたよ!!!
RIMG3939.jpg

まずはひとっ風呂浴びて、食堂で豪華版な刺身膳(2700円)を頂いた。
RIMG3943.jpg
RIMG3944.jpg

朝日山(生酒)は、キリリとした辛口でうまかった。
RIMG3945.jpg

走行240km。


8/15(土)。
朝風呂に入って、出発。

このまま帰ってももったいないので、上杉謙信の居城であった春日山城を見物していくことにした。
RIMG3951.jpg

難攻不落な山城だけあって、謙信公像前まで厳しいヒルクラ。
自転車を降りると、サングラスのクリップオン部分を、上越の湯に置いてきてしまったことに気が付いた。
RIMG3952.jpg

まずは春日山神社をお参り。
RIMG3956.jpg

謙信公像前から本丸までは徒歩30分とのことなので、舗装路の部分は自転車であがり、階段部分からは徒歩。
SPDでくればよかったよ。
RIMG3962.jpg

毘沙門堂。
ドラマだと洞窟のようなところだったハズだが、ちょっと違うぞ。
RIMG3969.jpg

本丸。
RIMG3981.jpg

海まで一望。
しかし上杉の兵が精強なのは、毎日この山道で自然に鍛えられているからじゃないかと思った。
RIMG3978.jpg

直江屋敷跡。
RIMG3987.jpg

自転車を置いたところまで降りてくると、NHKの車両が止まっていた。
RIMG3996.jpg

来週は上杉祭りらしいから、その下調べかな?
RIMG3999.jpg

春日山の麓にでている湧き水を補給。
RIMG4001.jpg

上越の湯にサングラスを取りに戻ったが、誰かが持っていってしまったのか見つからなかったorz。
でもテンプルのないレンズだけもって行っても使い道がないハズなんだけどな。

意気消沈して、駅に向かう途中、おされなパン屋を発見。
マックでも入ってコーヒーを飲もうと思っていたのでちょうどよいとピットイン。
RIMG4007.jpg

おいしそうなパンが大量に陳列してあって、出来立てのパンを次々と若い女の子が運んでくるという素晴らしい店だった。


しかも、パンを買うとコーヒーがサービス!!

パンを買って、サービスのコーヒーを取って、更に50円!のペプシを買ってオープンテラスで頂いた。

うまいし、ボリュームもたっぷり。
RIMG4004.jpg
RIMG4005.jpg

直江津駅について、時刻表を確認すると、越後湯沢行きの特急は1100発。
20分あるので、輪行袋に自転車をつめるのになんとかなるかと思ったが、なんとかならなかったorz。

ここのところロングはエンペラーばかりで、エンペラーに使う輪行袋は前輪だけ外すタイプで、caad8用のは両輪外して、車体をひっくり返すタイプだったのだが、ひっくり返していれるのに気が付いた時には残り時間5分を過ぎていた。

11時の特急が行ってしまったあと、駅員に熊谷へ行くのに、次の12時の特急に乗るのが早いか、1112発の各駅が早いか聞くと、越後湯沢からの乗り継ぎの新幹線は一緒とのこと。

それなら各駅で行こうと、既にホームに泊まっていた各駅停車に大急ぎで乗り込んだ。
RIMG4010.jpg

ホクホク線のワンマン列車は、バックミラーがついていたりしてかわいい。
RIMG4015.jpg

帰省Uターン客なのか、駅に泊まるたび客が増えていき、通勤電車並みの混雑に。
RIMG4016.jpg

越後湯沢で新幹線に乗り換えてからは、40分ほどで熊谷に到着。

いなかっぺでうどんを食べて帰宅した。
RIMG4017.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/08/16(日) 23:02:32|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<アハレンジャーin新潟競馬 | ホーム | 枝折HC~F田アニキの逆襲~>>

コメント

乙!!さすがじゃ!!

しかし、スイカは七色じゃなくて八色だぜ!
  1. 2009/08/17(月) 07:55:29 |
  2. URL |
  3. らんた #kBU0PDh2
  4. [ 編集]

>らんたさん

あ!?

直したぜ!
  1. 2009/08/17(月) 10:08:20 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

さすが

旅情派ですのぅ
それにしても速いねー

今度は山行くべ
  1. 2009/08/17(月) 22:05:59 |
  2. URL |
  3. テツ #-
  4. [ 編集]

いつの間に行ったんだ!
懐かしいな~ ^^
  1. 2009/08/18(火) 08:31:55 |
  2. URL |
  3. katsu #-
  4. [ 編集]

ひぇ~

すごいね!
そんなに走ってどうするの?

人生折り返し、ガンバ(^0^)v
  1. 2009/08/18(火) 11:10:08 |
  2. URL |
  3. なおさん #-
  4. [ 編集]

>テツ会長

開田峠いけなかったのが残念でした。

山もぜひ。

>kastuさん
渋峠は走り応えありますよね^^;

>なおさん
これでも仲間内ではヌルイ方なんですよ(笑)
  1. 2009/08/18(火) 12:46:10 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

それは伝説のコース

それは、高一の時に、俺がアトランティスツーリング、やじまがディアゴナールで行った伝説の渋峠、草津コースでは無いか!俺達は確か高崎まで走り輪行し熊の湯(?)のユースで1泊、長野から湯田中→渋峠→草津で、小諸で1泊だったぞ。しかも、若きいしやんが、もう2度と自転車で行きたくねえと心に誓った峠じゃねえか! 
最初のトライで草津から登り始めて台風で道路パトロール車に降ろされた曰くつきじゃねえか?
でも、ペース早すぎじゃねえか?
直江津まで行ったちゅーことは、やじまのNX125 ガソリン代までフェリーで食べちゃった事件のコースじゃねえか?
ダブワンとやじまNX125で直江津まで行ったコースだな。
懐かしいな!
  1. 2009/08/30(日) 17:50:57 |
  2. URL |
  3. いしやん #/WLvOrvc
  4. [ 編集]

>いしやん

このコース2回目だよ(笑)。

まあ自転車が軽いし、性能もいいからね。
  1. 2009/08/31(月) 00:03:56 |
  2. URL |
  3. かきz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/673-53211e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。