XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーイング787

暮の大掃除で蔵書を整理していたら、柳田邦男の零戦燃ゆが発掘されたんで、正月に読み直した。

で、今日通勤の新幹線のなかで日経を読んでいたら、ちょっと考えさせられる記事を見つけた。

それは、アメリカの新中型機ボーイング787の製造遅れの記事。
787は、機体に軽量な炭素繊維複合材を使ったりして、省エネを考慮した旅客機。
その製造は、開発費節約のためカンバン方式を採用していて、国内外のメーカーに主要部品の開発段階からの作業を委託しているらしい。

787の製造に参加している日本企業は、
機体に使用する炭素繊維…東レ
主翼…三菱重工業
胴体の前部…川崎重工業
中央翼…冨士重工業
タイヤ…ブリジストン
化粧室…ジャムコ


三菱重工といえば、戦前戦中は、零戦や戦艦武蔵を設計製造し
スバルで有名な冨士重工の前身は、隼を作っていた中島飛行機。
川崎重工だって、前身は和製メッサーシュミット”飛燕”を作っていた川崎航空機。

その日本のメーカーが、大戦中日本を無差別爆撃にやってきて、最後には原爆まで落とした爆撃機B-29を作ったボーイングの飛行機の製造に参加する。

昨日の敵は今日の友。
戦争で酷い目にあった方からしたらブラックジョークみたいだが、グローバル化ってやつですかねー。

まあ、そういってるワシもアメリカ製の単車や自転車に喜んで乗ってるし、大戦中にアメリカパイロットが着ていたフライトジャケット(A2)を大喜びで着たりしてしていますが(非国民じゃ)。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/18(金) 23:04:18|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<シロクマパン | ホーム | 入間川グルメサイクリング>>

コメント

嗜好品

としてのアメリカ製品は大好きですね、オイラも。しかしアメリカと云う国は大嫌いだね。悪の枢軸とは?・・・まぁ、ここらでやめときます。
  1. 2008/01/20(日) 13:06:16 |
  2. URL |
  3. FXS80 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/495-73abf305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。