XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2007武尊バイシクルシリーズ

11/3(土)の第11回武尊ヒルクライムと11/4(日)のGiro de HOTAKA 2007と連闘してきました。

土曜朝、らんたさんにピックアップして頂き、FLの皆さんと合流すべく寄居PAへ。

移動中らんたさんの携帯に、よっちさんから”寄居PAへの入り方が分からない”メールが届いており、?と思っていたら…


自走でお見送りにきてくれたのでした(爆。よっちさんは今回エントリーされていなかった)。
IMG_5955_t.jpg


今晩お世話になる武尊ペンション村の”てんとうむし”さんに荷物を置かせて頂き、着替えを済ませて、武尊牧場駐車場でエントリーした。
参加賞で舞茸を頂く。

簡単に自転車の整備をして、スタート地点へ。
IMG_5959_t.jpg


今回のスタート方法は、一人ずつのTT方式。
仲間のbici君が1番手。
IMG_5958_t.jpg


13時に笑顔でダンシングしながらスタート。
IMG_5963_t.jpg


自分のスタート時間が迫ってくると緊張して2回も立ち○ョンに行く(笑)。

自分の番になり、スタート地点につくと、係りの人が後ろから自転車を支えてくれるが、あせって左側のビンディングがはまらない(汗)。

仕方ないので、動き出してからビンディングをはめて、ゆっくりスタート。

最初は比較的ゆるい傾斜なので、アウターで進む。
しばらく行くと、○外ライダーに笑顔でパスされる。

アップダウンを繰り返しながら、何人かにパスされながら駐車場へ到着。

ここから斜度が変わった。
ここからはファイナルロゥw

冬はゲレンデになるグリーンを見ながらヨロヨロとつづら折れを登っていく。

このコースの売りは22%の激坂だが、研究不足でいつ現われるのか分からないのが、不気味。

スキーのロッジが頂上に見える坂が一段と急になっていて、コレか!と思い、ダンシングでクリア。

なんだ大したことないじゃんと、ロッジ横に出て視界が開けた途端に、リフト横に伸びる22%坂が出現!!!

坂の頂上と思われるところで、ギャラリーが声援をくれます。
カメラを構えている方も。
こりゃ頑張らなくては。

勢いを付けて、フルパワーダンシング!!!!

で、ギャラリーの方がいるところまで、心臓が口から出そうになる勢いで登ったが、更にまだ坂が続いていることが分かり、ポッキリと心が折れた。
倒れかけながらクリートを外して、押し上がりましたorz(うぅ。恥ずかシス)。

坂上でビンディングをはめ直してゴールを目指す。

登山のついでに見物されてた方に、もうそこがゴールだよと教えていただき、最後の力を振り絞りゴール。

タイム 47:57:28
50分切れたら上々だべと思っていたので、割と満足(ま、順位は下から数えたほうが早いけども)。
激坂がクリアできなったのは、来年の課題だな。

IMG_5965_t.jpg


IMG_5966_t.jpg


IMG_5968_t.jpg


スキー場だけあって流石に寒い。
アーム&レッグウォーマーをつけていたが、トシさんにお借りしたウィンドブレーカーがなければやばかった。

IMG_5979_t.jpg


22度坂。
IMG_5981_t.jpg

IMG_5983_t.jpg

IMG_5986_t.jpg

IMG_5988_t.jpg


総合優勝のミスターヒルクライムは30分切ってます(驚!)
IMG_5995_t.jpg


表彰式を終え、皆で温泉へ。
湯船は競技関係者で、イモ洗い状態でした。
IMG_6001_t.jpg


アイスうめえ。
IMG_6000_t.jpg


宿で、たらふくご馳走&お酒を頂いた。
IMG_6002_t.jpg

IMG_6004_t.jpg


外に出てみたら、天の川が大迫力だった。

2日目 Giro de HOTAKA 2007。
武尊山山麓121kmをぐるりと1周するグランフォンド。

5時に起床して、たっぷり朝ごはんを頂き、スタート地点の武尊牧場駐車場へ。

晴れているが、朝方は寒く、服装については最後まで悩む。
登りは暑いが、下りも相当長そうで薄着だとやばそう。

結局インナーにジオライン(長袖)を着て、半袖ジャージにアームウォーマー、レーパンにレッグウォーマー。その上にウィンドブレーカーを着た。
指切りグローブの下に、薄手の手袋。
結果、自分にはほぼ正解の装備だった。

指付きのグローブ、シューズカバーがあればモアベターだったかも。

おっと、日刊ゲンダイの競馬ページも忘れずにバックポケットへ(笑)。

今日はゼッケン10番単位のスタート。
国道に出るまでは、下りで、つま先がしびれるほどツメタイ。

途中、bici君らしき人に声をかけられるが、勢いがついていて急に止まれないので、スピードを緩めて後ろを気にしながら進む。
国道に出て折り返しのようになっているところで、bici君、らんたさん、テツ会長のグループを確認。

合流したいが、国道の路肩を1列縦隊で走っているので止まりづらい。
登り勾配の道を走り続け、途中の駐車場で止まり、ウィンドブレーカーを脱ぎつつ、後続を待つ。

カズさんが通過していった。

しばらく待っていたが、後続が来ないので先に進むことにする。

尾瀬大橋を渡り、片品村へ。

昔、オヤジとよくきた岩鞍スキー場の入口を見つける(懐かしい)。

この時点ではまだ元気がよく、同じようなペースの方と抜きつ抜かれつしながらいいペースで進む。

途中、尾瀬方面と水上方面に分かれる分岐があったが、先行するライダーが尾瀬方面に直進していくので、一緒に進む。

2kmほど進むと、前を走っている一人が、この道はおかしいと言い出し、ガードレールに自転車を止めて地図を確認しだす。

わしも、バックポケットから地図を取り出していると、自転車で登ってきたオフィシャルの方が、ミスコースですから、戻って戸倉スキー場入口を右折してくださいとのこと。

慌てても仕方ないので、紅葉を1枚。

天高く、陽燃ゆる秋~(by F田a)
IMG_6007_t.jpg


コースに復帰し、本格的な登りにかかると、前方にFLの集団はハケーン!!
吸収してもらう。

途中、○外ライダーがすごい勢いでやってきて、ミスコースして鎖のあるところまでいっちゃったよ~と笑顔で愚痴りながら、パスしていった。

0930 第1CPの坤六峠に到着。
IMG_6012_t.jpg

バナナとVAAMゼリーを頂いて、一休み。
と、スタッフの方が先頭のヒトは今80km地点を通過中だという(驚!ちなみに坤六峠は35km地点)。

峠から5km下のキャンプ場まで降りて、トイレを済ます。

滝など見物しながら、テクニカルな峠道を下っていく。
紅葉見物の車が登ってくるので、油断禁物。
IMG_6013_t.jpg

IMG_6015_t.jpg


1050 藤原ダムで休憩。
IMG_6016_t.jpg


水上駅前を通過して、1130 上牧の第2CP到着。
足きりの1200はクリアして一安心。
IMG_6018_t.jpg


ここでもバナナとVAAMゼリーを頂き、補給。

まだ峠が2箇所あるのか。萎える。。
IMG_6019_t.jpg


ここで、アルゼンチン共和国杯の馬券を買おうとしたが、携帯を車に忘れたらしい(うぅ、ちょっと自信があるのに…)。

でも、あと41km。頑張ればなんとかなる!

石神峠山頂付近で休憩。
IMG_6020_t.jpg

IMG_6021_t.jpg


ここでFLの集団から離脱。

谷地交差点まで一気に下る。

最後の背嶺峠には大苦戦。
最後のウィダインゼリーを補給していると、トシさんとカナイダー王子が通過していった。

ヘロヘロでピークのトンネルに入り、下りにかかる。

展望台で見物しているトシさんに声をかけ、カナイダー王子に合流。
スキー場入口を左折すると、また登りに入る。
カナイダーさんは、休憩か後続を待つらしい。

最後の登りは、アルゼンチンパワー全開で頑張った。

ゴール前の声援は嬉しかったなあ。
IMG_6022_t.jpg



caad8号、乙。
IMG_6023_t.jpg


頂いたキノコ汁はしみ込むようなうまさ。
IMG_6024_t.jpg

ご飯を頂き、ひとごこちつけて、馬券を無事購入。

総合優勝の○外ライダー氏は、4時間切っている(オバケですか!ちなみにわし、7時間弱)。
IMG_6028_t.jpg


抽選会で、梅酒をゲット!!!(嬉)。先にゴールして帰ってしまった方が多かったので、ほとんどの方が何かしら景品をゲットしていました(残り物には福だぬw)。
IMG_6031_t.jpg


GFは、正直距離も短いし、サイクリングみたいなもんだべと思っていたが、タフなコースだった。
でも、個人的には、GF<プレデ隊かわいがり ですが(笑)。

沼田の焼肉レストランあおぞらで、焼肉を頂き解散しました。

それにしても、児玉さん主催のイベントは、スタッフや地元の方が温かく気持ちよく走れていいですね。
関連各位の皆様、FLの皆様どうもありがとうございました。


さて、競馬の結果。

わしの馬券は、
◎アドマイヤジュピタから馬連で、ダンスアジョイ、チェストウィング、ダークメッセージ。
ダンス-ダーク。

で、結果は…

予想通り、アドマイヤは1着だったが、
2着は、ノーマークのトウカイトリック
3着リキアイサイレンス

でした。

おアトがよろしいようでorz。。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 22:47:35|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<京王杯2歳S&エリ女 | ホーム | 僕の、世界の中心は、君だ。>>

コメント

楽しんだねぇw

2日間、お疲れさんでした!
22%の坂、GDHと初体験レースだったですが、とっても楽しめたようで何よりでした(^^)
ワシの激励お見送りもモチベーションアップになったかな(笑)
見送りできないとマヌケだから、一生懸命走ったけど、予想通りあのあと終わったぜっ…武尊自走は遠いぜ^^;
  1. 2007/11/06(火) 10:12:39 |
  2. URL |
  3. よっち #xi0qfhuc
  4. [ 編集]

やっぱりアルゼンチンはダメかw
先に行くのが無駄な努力に見えたよ。
今回のヒルクライムは完敗じゃ!
次回は負けないぜ!(笑)
  1. 2007/11/06(火) 17:53:15 |
  2. URL |
  3. ワニガメ #J8sWLEBQ
  4. [ 編集]

さすが

どんな状況でも馬を忘れない心意気に漢を見た!

しかも癒し系な(笑)
  1. 2007/11/06(火) 21:38:27 |
  2. URL |
  3. たかし #-
  4. [ 編集]

>よっちさん

奇襲作戦大成功ですよ(笑)。
今度はご一緒したいですね。

>ワニガメあにき
今回はちょっと自信があったんですが(競馬がね)。
体調不良なのに追い込んできたゴール前にアニキの勝負根性をみましたよ。

>たかし
2日目のラストスパートは、アル杯がモチベーションだったよ。
  1. 2007/11/06(火) 21:57:33 |
  2. URL |
  3. unidon75 #-
  4. [ 編集]

楽しかったですね

お疲れ様でした!
それからホイールありがとうございました^^
22%の激坂の前の坂、コレか?と思いますよねー。
ぜひまた一緒に行きましょう。
  1. 2007/11/07(水) 08:55:17 |
  2. URL |
  3. とし #-
  4. [ 編集]

>としさん

お疲れさまでした。
ロッジ前の坂にはだまされますよね(笑)。
またご一緒しましょう!
  1. 2007/11/07(水) 11:29:23 |
  2. URL |
  3. unidon75 #-
  4. [ 編集]

また逝くべ…
今度はウニ君に負けないようにしなきゃ…
  1. 2007/11/08(木) 00:58:41 |
  2. URL |
  3. らんた #kBU0PDh2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/464-501f5bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。