XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EDベータの復活(前編)

俺、ベータフリークで、最初に買ったビデオが、NEC初めてのHiFiベータデッキ(SONYじゃないw。確か型番はVC727。これはよく壊れた。普通のビデオデッキの1.5倍くらいの厚みのある威風堂々とした筐体)、その後NECの2代目HiFiベータデッキ(型番忘れたけど、ヘッドの中にアンプを内臓させてあったりして、結構映りがよかった)、最後にSONYのEDベータ EDV7000(水平解像度500本!究極の民生用アナログビデオっす)を購入。
仲間うちでベータサバイバーと、呼ばれてた(笑)。NECの2台は、設定を替えてHi-Band化したりしてしばらく使っていたけどテープがからむようになったりしてホカシタ。EDVは3~4年くらい前まで使えていたんだけど、テープがローディング出来なくなった。そのころはDVD-RAMデッキに移行して問題なかったけど、なんとなく勿体無くて引越しのとき捨てずに、AVラックにつっこんでいた。
 Webとかみていると、古い高級ジャンクビデオを入手しては修理している人が結構いたりして、EDV7000を修理しているページを見つけた。じゃあ俺もということで修理してみましたよ。

まず、カバーを外してローディング部を確認。カセコンが曲がっちゃってます。
IMG_0506_t.jpg


カセコンをばらしてみると、カセットをローディングさせるとき溝をスライドする、突起が左右とも折損していました。ここは、Webをみてもよく壊れるところらしい(SONYタイマー?)。
デッキの中から右側のものと思われる破片が出てきました。左側のは仕方ないのでプラスチックの丸棒をライターで伸ばして、太さを合わせて瞬間接着材で接着。

IMG_0513_t.jpg


修理したカセコンをデッキ本体に組み込んで、試しにテープをローディングしてみる。おーーー!!成功!!
で、カバーを付けてラックに入れて、再度テープを入れてみると、なかでパキッと音がして失敗。やはり、プラで作った突起の強度不足のようです。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/17(月) 00:00:00|
  2. AV機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EDベータの復活(後編) | ホーム | 【OH1日目】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/3-c9dd1526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。