XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日光~足尾ツアー

金曜。連休初日(文化の日)。
先週末に続き、ひゃくさんのお誘いで日光へ行ってきた。
らんたさんの日記を参考に板倉東洋大前から東武日光線に乗ることにして、0615に出撃。
熊谷からだと30kmくらいあるが、0810の電車なので2時間あれば計算上十分なハズ。
迷いたくないのでR125バイパス→R122で昭和橋を目指す。
トラックにあおられて怖い。
昭和橋で利根川の左岸へ渡り、利根川CRを快調に下る。
IMG_2917_t.jpg

が、東武伊勢崎線の陸橋に行く手を阻まれ、河原に下りた。
これが失敗。CRに復帰するところがなく、延々ダートを走るはめに(泣)。
振動のせいか腹具合もおかしくなり、草むらで軽量化(爆)。
しかたないので、土手上のCRまで自転車を担いで上がる。
利根大橋でCRを降りたが、残り25分を切っている。
ヤバシ!!!
必死に末脚を伸ばし、0800に板倉東洋大前到着。
自転車をばらし、なんとか電車に飛び乗った。
ところが、ここからが地獄。。
乗った電車は行楽の客でラッシュ時の山の手線のような大混雑(+д+)。。
そんな混雑ななか大きな荷物を抱えて汗だくなおやじは周りからみたら大迷惑だろうなあ(すみませぬ)。
携帯のメールを確認すると、ひゃくさんたちは前から2両目に乗っているという。
3分停車した途中駅で、ホームに出て車両を移動。
2両目にいきひゃくさんを発見するが、混みすぎて乗れない。
発車のベルが鳴り始めたので、やむなく前から3両目に後退。入口近くにいたカップルに助けてもらいなんとか乗車。
更には東武宇都宮駅で、車両を切り離し日光行きは前の2両だけになる。周りの方に白い目で見られながらなんとか乗り換えに成功(乗り切れない方も結構いた)。
0918すっかり消耗して東武日光駅に到着。
IMG_2918_t.jpg

ひゃくさんと今回お初のS井さんと無事合流。
ひゃくさん「やっぱりハイシーズンに日光に来るもんじゃないねえ」。
オレ(冗談じゃねぇ!!<アカさん風に。爆>)
駅前で自転車を組み立てる。
輪行袋の3本ある自転車固定用の紐が1本なくなっていた(泣)。
まずは、駅の近くのガストで腹ごしらえ。
IMG_2919_t.jpg

ひゃくさんいわく、先週の吾妻ツアーはハードだったが、今回の日光~足尾ルートは楽勝とのこと。
R120を中禅寺湖方面へ登っていき、細尾の交差点で足尾方面(R122)へ左折。
IMG_2922_t.jpg

R122を少し登り、途中から今回のハイライト”細尾峠”へ向かう。
日足トンネルが出来るまえの旧道らしい。
車もあまり通らず、タイヤが枯葉を踏む乾いた音が響くほど静かな道。
息も乱れずひゃくさんと話をしながら楽々登る。
自分が強くなったと勘違いするほど傾斜が緩い(爆)。
紅葉もなかなか。
IMG_2923_t.jpg

IMG_2926_t.jpg

S井さんのGIANTエスケープ。フロントフォークはカーボンが奢られている。
IMG_2927_t.jpg

路肩に枯葉が積もるワインディングロード。
IMG_2929_t.jpg

IMG_2931_t.jpg

IMG_2934_t.jpg

1205細尾峠到着。
IMG_2935_t.jpg

峠からの眺め。
IMG_2939_t.jpg

さて、ここからは4kmの下り。ウィンドブレーカを着込んでスタート。
ひゃくさんは相変わらずの下りエキスパートぶりを発揮。S井さんも下りが速い。
ひゃくさんのマネをして、下ハンを握って下り始めるが、手加減が分からず、ブレーキを派手にロックさせて、ビビリミッターが入ってしまうorz(下りは、今後の課題だな)。
あっというまに、R122との合流地点に到着。
IMG_2942_t.jpg

R122を足尾方面へ向かうが、下り基調で楽々(ちょっと物足りないくらいw)。
草木湖畔の蕎麦屋で少し遅いランチ。
IMG_2946_t.jpg

連休のためか混雑していて、厨房がオーバーロード気味。
注文したものもバラバラに到着。
でも、天ぷらのボリュームは満点!蕎麦もうまかった。
IMG_2945_t.jpg

遅れたお詫びか、店から追加のもり蕎麦を頂き、腹いっぱい。
15時近くに店を出て、草木湖の対岸へ渡る。
IMG_2947_t.jpg

対岸の沢入桐生線(r343)はアップダウンありの峠道で気持ちヨシ。
草木ダムを渡り、
IMG_2948_t.jpg

IMG_2950_t.jpg

R122へ復帰して桐生へ向かう。
相変わらずの下り基調の道をひゃくさんと飛ばす。
途中の交差点で、ちょっとグロッキー気味のS井さんを待ち受ける。
当初の予定だと、ひゃくさんたちは、熊谷で輪行するハズだったが、S井さんがちょっときびしいようなので桐生で両毛線に乗り、高崎回りで帰られることになった。
オレはまだ走れそうだったので自走で熊谷へ向かうことにして、桐生に入ってお二人と別れした(お気をつけて!)。

が、なぜか街中で何度も遭遇(爆)。

その後、R50→r316で太田へ抜けて、R407で刀水橋、r341で妻沼を抜けて1810帰宅。先週より距離は走っているが、下りが多かったので余力があった。

ひゃくさん、S井さんお疲れさまでした。
また次回もよろしくです。やっぱり遠征はイイ!!

DST 136.94km 
ODD 3256.9km
RUN TIME 5:56:15
MAX 56.0km/h
AVE 23.0m/h
スポンサーサイト
  1. 2006/11/05(日) 22:09:18|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<高原 | ホーム | ミノウラ DS-510>>

コメント

あ…書いてなかったね。
東北道まで行ったら、当たる前に土手から下りて、そのまま水路沿いを進んで道なりに行けば、板倉GCの裏に出ますので、東洋大前駅はすぐですよ。
1時間ちょっとで到着出来ます。スマソ
  1. 2006/11/05(日) 22:47:55 |
  2. URL |
  3. らんた #kBU0PDh2
  4. [ 編集]

らんたさんの

日光行きの日記読み返したら、オレと同じく河原のダート走ったのね(笑)。
CRから降りたあと、あせりまくりながら、信号待ちの軽トラのおじさんや、犬の散歩中のおじさんに道を聞きまくって駅に向かいましたよ。
  1. 2006/11/06(月) 15:16:32 |
  2. URL |
  3. unidon75 #-
  4. [ 編集]

この道

学生時代にバイク(ヘザーだったか?)で走った記憶あり。
  1. 2006/11/06(月) 21:20:30 |
  2. URL |
  3. たかし #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/261-f96499e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。