XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紀伊半島ツーリング(1日目)

天気は上々。ロングに出るとき、大抵雨に降られるオレとしてはそれだけで結構幸せ。

ガスストーブ、ランタンを降ろし着替えも減らし軽量化を図ったが、やはり荷物が多い。。
49430022_t.jpg

横から見るとこんな感じ(爆)
49430024_t.jpg

8時30分、実家を出発。

横川のおぎのやで休憩。
休みなのでツーリングライダーが多い。
スズキのロータリーRE5がやってきた。
49430021_t.jpg

初めて見た。このオーナー、初期型(メータが茶筒みたいになってる)も持っていてレストア中らしい(マニアや)。

碓氷の旧道を登っていくが、馬力がないのに山のような荷物を積んでいるもんだから、40k/m近くまで失速してしまう。
焼きつきが怖いのでアクセルを5分ぐらい残して走る。

メガネ橋。
49430020_t.jpg


カワサキZ軍団に、コーナーで外からビュンビュン抜かされる。動くシケイン(泣)。

軽井沢を抜けて、佐久で給油。

諏訪白樺湖小諸線。デカイバイクだと気持ちのいいワインディングなんだけど、ストマジでは登りで失速。。
イライラしながら登っていく。
高度をかせいでいくと、気温が下がってきた。
寒さにくじけて女神湖で休憩。荷物の中からダウンのベストを引っ張り出して着込む。
49430019_t.jpg

白樺湖を望む。
49430018_t.jpg

R152で茅野へ。ここからは待望の下り。
いままでの鬱憤を晴らすべく。ビュンビュン下る。
車体が軽いし、ブレーキも良く効くのでコーナーが楽しい。
アクセル戻すと、2ストのパンパンという吹き戻し音がレーシー。
だが、ジャマー(遅いクルマ)に追いついてしまうと加速力がないので抜けず、道を譲ってくれるまでプレッシャーをかける(笑)。

杖突峠で遅い昼飯休憩。バイクを降りて荷物を見ると、リアのゴムひもが外れていて、サンダルの片方が無くなってた。女神湖でダウンを出したときにゴムひもを閉め忘れたらしいorz。
茶店で蕎麦。眺めがよくて気分よし。
49430017_t.jpg

杖突峠の展望台から諏訪湖を望む。
49430016_t.jpg


駒ヶ根で、キャンプ場を探していたら、レストランの駐車場でアルファのZを発見!やっぱ、ホンダCR-Xは、Zのパクリだよなあ。
49430015_t.jpg


駒ヶ根キャンプセンタに到着。ヘルメットをバックミラーにかけて受付にいこうとすると、ハンドルが動いてヘルメットが外れてアスファルトにポッコーンと。orz。。
気を取り直してにテントを張り(1張1000円)、
49430013_t.jpg

こまくさの湯(¥500)で入浴。
49430014_t.jpg

スーパーで食料を仕入れて、キャンプ地に戻る。
と、リアにくくりつけていた朝飯用のパンが無い!!!3回目かよorz。。でも、すぐ見つけにいって無事回収に成功(笑)。

家から持ってきた米を研いで、ガソリンコンロを使うがうまく火が着かない。
ジェットがつまったと思って、暗闇の中、コンロ本体からジェットを取り外して掃除してみるが駄目。何度もポンピングしていると火力調整用のネジからガスが吹き出るようになってしまった。どうもパッキンがダメらしい。
仕方ないので、寂しく朝用のパンで、ビールを飲んでいると、奥でキャンプしていた登山の方がコンロを貸してくれた。ありがたく拝借して米を炊き、肉を焼いて焼肉丼を作って食べた
スポンサーサイト
  1. 2006/04/29(土) 00:00:00|
  2. ストマジ110
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<紀伊半島ツーリング(2日目) | ホーム | 物見山詣で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unidon75.blog31.fc2.com/tb.php/129-5eb50f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紀伊半島について-日本の自然を見つめる瞳

紀伊半島紀伊半島(きいはんとう)とは、本州中央部から南側の太平洋に突き出る日本最大の半島である。おおむね紀の川|紀ノ川と櫛田川を結ぶ中央構造線以南を指し、日本の近畿地方のうち、和歌山県のほぼ全域、奈良県・三重県の南部が含まれる。名称は紀伊国に由来する。.wi
  1. 2007/02/23(金) 20:46:55 |
  2. 日本の自然を見つめる瞳

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。