XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

K-7 大地に立つ(笑)

今月末で、台場の1/1ガンダムが撤去されてしまうというので、飛び込みで見にいってきた。

ファーストショットがファーストガンダムっていうのもオツだと思い、有楽町魚籠でペンタックスのK-7を購入してから、ゆりかもめでお台場へ。

最後の日曜日のためか、新橋のゆりかもめ駅から、ガンダムの設置されている潮風公園まで大混雑(泣)。
ちょっと失敗だったかなぁと後悔しつつ、海に突き当たり、左手の森の方をみると・・


うぉっ!!でけーー!!!
IMGP0001.jpg

なんかリアルすぎて笑える。
IMGP0004.jpg

どのくらい大きいかというと、足元をくぐっている人達がこんな感じ。
IMGP0009.jpg

IMGP0012.jpg

16時ちょうどになったら、BGMが鳴り始め、ガンダムの目が光った。
IMGP0017.jpg

で、ボディがスモークにつつまれた(バーニア推進?)。
IMGP0028.jpg

で、上を向いて終了と。
IMGP0036.jpg
周りから拍手が湧き起こる(微笑)。
(落ち着いて考えると、首しか動かしてないんだけどね)

タッチアンドウォークに並ぼうかと思ったが、係りのヒトに聞いたら1時間くらい並ぶとのことだったのであきらめた。
IMGP0039.jpg

関節部やバーニアの作りこみの細かいこと。
いまにも動きだしそう。
IMGP0046.jpg

いやあ、観にいってホントよかったす。
IMGP0057.jpg

さて、小雨降る中いきなり実戦投入されたK-7。

HOYAに吸収されて、風前の灯火だったペンタックスから乾坤一擲リリース(と、感じられる)されたところが、RX-78にニテイル(気がする)。

名機LXの流れをくむ精悍でコンパクトな金属ボディ。
小さい割りにずしりとした重量を伝えてくるところも高級感があってうれしい。

わしニコン派なんだけど、ニコンで金属ボディとなると、ハイエンドの重戦車になってしまうから、ミドルクラスで金属ボディというとK-7一択なんだよね。
RIMG4085.jpg

防滴構造、視野率100%のファインダーや自動水平調整とかギミックテンコ盛りで楽しそうだし。

当たり前だけど、コンデジと較べて圧倒的にシャッターのレスポンスがよくて気持ちよかった。
ピストルとアサルトライフルくらいの違いがある。

とりあえず、21mmの単焦点を買ったけど、望遠も欲しくなったw


衆院選。
まさに諸行無常という感じ。






スポンサーサイト
  1. 2009/08/30(日) 23:54:29|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

アハレンジャーin新潟競馬

土日で新潟競馬に遠征した。

熊谷から新潟行きの新幹線に乗り込み、東京からのU手さん、K石君、S田君と合流。

新潟駅からは、競馬場行きのバスに乗り込む。
土曜日だというのに、バスは超満員。補助椅子まで使っている。

と、バスの中で、新幹線の改札で帰りの切符まで駅員に渡してしまったことに気づいて焦る。

1006新潟競馬場に到着!!
RIMG4028.jpg

もう指定席は売り切れ。予約してきて良かったぁ。
RIMG4029.jpg

案内所で、駅の番号を教えてもらい、なんとか改札につないで切符を見つけてもらった。

さて気を取り直して3Rからビールを片手に参戦( ´∀`)つt[]

席のポジションは、こんな感じ。
ゴール板を少し過ぎたところ(S指定 イ-125)。
前から2番目で、かなり暑かった。夏は、後ろの席にしてもらったほうがベターかも。ま、選べる状況ではなかったけど。
RIMG4032.jpg


4R。マッドマックス-カフェマーシャルの馬連11倍をゲット!

お昼は、S田君が調べてきたソースカツ丼を食べた。
ちょっとオレにはヘビーでカツを1枚残した。
RIMG4030.jpg


この日のおれはイケていた。

7R サブコンシャス-ドリームリフレクト 9倍
9R 新潟ジャンプS(JGⅢ) エリモマキシム-ビコーフェザー 16.2倍
10R 両津湾特別 ヒラボクオーショー-クリストフォルス 24倍

最終レースは、新潟競馬場名物の直線1000mレース。
近くで見ようと、馬場まで降りて観戦。
RIMG4038.jpg

だが、みんな考えることは一緒でいいポジションを確保できず、ゴール後の馬群を一瞬確認できただけだった(笑)。
荒れていない外目のコースが有利なので、外ラチに馬が殺到してくるので、なかなかの迫力だったが。
RIMG4040.jpg

小倉11Rを観戦するS田君。
馬券を見せてもらうと、断然1番人気のカラメルマキアート(2.5倍)からの馬連総流しでの勝負(当てにいってるな。笑)。

4コーナーまで余力たっぷりで逃げるカラメル。

「よし、人気ないのが来いっ!!」気合の入るS田君。

ゴール50m手前で、カラメルが失速。。

・・・あはれS田君。。



新潟最終Rでは、死に体だったK石君が三連単で蘇生!(あいかわらずシブトイw)。

子供の学校の草むしりで、競馬に参戦出来なかったF田アニキが、ホテルに到着したのでバスで新潟駅に戻った。

予約していた居酒屋には、8時過ぎまで待たされたが人気があるだけあって、新鮮な高級食材満載の料理で素晴らしかった。
しかも、有名地酒が飲み放題!!最高!(越乃寒梅>雪中梅>〆張鶴を頂いた)

村上牛のしゃぶしゃぶ。
RIMG4044.jpg

分厚い刺身。
RIMG4045.jpg

蒸し牡蠣。
RIMG4047.jpg

油たっぷりのノドグロ。
RIMG4048.jpg

下手な寿司屋よりよっぽど上等な寿司。
RIMG4049.jpg

秋刀魚刺身(プレゼンツbyK石君&わしw)
RIMG4061.jpg

大満足なアハレンジャー。
RIMG4064moz.jpg

〆にヘギ蕎麦を食べた。
RIMG4074.jpg

日曜日。
ホテルのお粥定食を頂いた。
RIMG4076.jpg

用事があるので帰るヅラというF田アニキとホテルで別れた(お疲れさま。しかし、アニキ何しにきたんだ。。)
RIMG4080.jpg

駅前から、またも満員のバスに乗り込んで競馬場へ。

2Rから参戦。

単勝2倍のビービーラッハーンが人気断然だが、パドックでは3番人気のトレジャーチェストの気配がいい。

トレジャーとプレタポルテの馬連34.5倍をゲト!!!

どうしちゃたの、おれ?。

今日は、新設のダート重賞レパードSがあるためか、ゲストでアッキーナと原良馬が来ていた。
まあ、あまり興味ないので、吉野家の牛丼を食べながらモニタで眺めた。
RIMG4053.jpg

新設なった新潟競馬場の残念な点。
ガラスに防汚シールが張ってあるのか、一番肝心な4コーナーがモザイクがかかっているようになってしまっていて見えないこと。
これは致命的な欠陥だと思う。早急に改善を望みたい。
RIMG4055.jpg

よい点。
指定席からパドックが近く、パドック党にとってはありがたかった。
RIMG4056.jpg

新潟10R。
1番人気だが、パドックで実によく見えるマゼラン。
勢いが良過ぎて、すぐ前の馬に追いついてしまい、くるりと1回転させて調節したりしている。

単勝2.4倍もおいしく感じられてしまう。
単勝勝負に出たい衝動にかられるが、マゼランからフォゲッタブル、フサイチナガラガワ、ナムラクレセントに馬連流し。

結果、実力馬ナムラクレセントがトップハンデを物ともせず逃げ切り。
2着争いはは、マゼランとフォゲッタブルの写真判定になったが、モニタでフォゲッタブルの差しが届いていることが分かったorz。。


ブエナビスタの凱旋門賞壮行レース?と云われた今年の札幌記念。

直線が短く、平坦な札幌は、豪快な末脚が身上のブエナビスタにとっては最悪な条件だと思った。

負けるかも。

ブエナを負かすとしたら、差しが届かないケースだろうから、前で展開する馬。

そこで、ブエナ、マツリダゴッホ、ドリームサンデーの三連単で勝負した。

結果、ヤマニンキングリーが、ブエナビスタの猛追を鼻差振り切って決着した。
ヤマニンは-20kgの時点で切っちまった。

ただブエナは札幌コースであれだけ外を追い込んで2着に突っ込んでくるのだから、負けて強しだと追う。
陣営は、今回の負けで凱旋門賞行きは取りやめにするらしいが、凱旋門では3歳牝馬はハンデが有利なので挑戦したら面白いと思うのだが。残念。

今回、漢をみせたのはS田君。
札幌記念までで財布の金を使い果たし、ipatを使いブエナ-マツリダの馬連1点1マソ買いをして敗れた。

新潟メインのレパードS。
ダート3連勝中のトランセンドが単勝1.7倍の断然一番人気。
だが、パドックでは2番人気のシルクメビウスのほうがいい。

スーニ、グロリアスノア、トランセンドとの組み合わせの馬連で勝負。
トランセンドから、スーニ、グロリアスノアの馬連も抑える。

席に戻ってから、本日一鞍しかない佐藤哲のスタッドジェルランが気になり、スタッドからシルクメビウス、トランセンドの馬連を買い増し(買い増しって当たった試しないのにね)。

結果は、直線で楽々トランセンドが抜け出しゴール。2着はスーニ。3着スタッドジェルラン。
シルクメビウスは5着入線したが、進路妨害をしたらしく降着で10着。

獲るには獲ったが、押さえだったのでプラマイゼロ。

新潟最終を外し、未練がましく買った札幌11Rも外しジエンド。
結局2日間では1マソのマイナス(ま、善戦したほうだ)。

落ち武者状態のアハレンジャー達。
RIMG4058.jpg

新潟駅では、危うく駅弁難民になりかかったが、なんとかゲットして事なきを得た(笑)。

お疲れさまでした。今度は、秋の福島かね?
RIMG4060moz.jpg
  1. 2009/08/24(月) 22:45:12|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

第2回ツールド直江津

14日(金)に年休を取って、北アルプス方面に山登りに行こうと思っていたが、シゴトのトラブルでもたもたしていてバスを予約しそびれた。
車でいってもいいけど、例の高速割引で帰りにジゴクをみそうだし。。

で、2年ぶりに、自転車で直江津にいくことにした。

毎年夏にルートは決めずに、日没までに直江津の海に集まって、夕陽を見るという自転車のキャノンボール的な面白イベントがあり、今年は来週あるのだが、来週末は予定が入っていて参加できないし、前回(つーか前回も日程違いのソロ)はマシントラブルで夕陽に間に合わなかったこともあり、そのリベンジも果たしたい。

8/14(金)0230起床。0300スタート。新聞配達って早いのね(驚)。

天気予報だと、夕方日本海側は雨が降りそうなので雨具をいれて、サドルバックとジャージのバックポケットは弾きれんばかりw。
RIMG3823.jpg

0500R17で高崎到着。
RIMG3824.jpg

前回は、吾妻渓谷経由だったので、今回はR406にルートをとった。
このルートは、吾妻ルートより登りがきついと感じたが、林間コースのようになっていて陽が上ってからも割と涼しく快適に走れた。

よさそうな温泉もたくさんあり、今度はドライブで来てみたい。
RIMG3826.jpg

須賀尾峠はちょっと厳しかったが、峠を一気に下ると、白根山が見えてきた。
RIMG3827.jpg

0840大津交差点のセブンイレブンで補給。ここまで100km。
RIMG3828.jpg

嬬恋温泉との分岐のところのセブンイレブンでも休憩w。
トイレで顔を洗うと異常に眼に染みる!!
鏡を見ると、眼が血に飢えたドラキュラのように真っ赤になっていた。
日焼け止めが汗で流れて眼に入ったらしい。

草津交差点のセブンイレブンでガリガリくん休憩(爆)。

でも幸先よいぞ。
RIMG3829.jpg

ここから白根山までは、延々キビシイ登りの始まり。

1100ロープウェイ乗場。
RIMG3830.jpg

このコースの嫌なところは、これから登る道が途切れ途切れに遥か彼方に見えること。
ただ一度経験しているのと、2泊で金沢まで行った前回より荷物が少ないし気持ちに余裕があった。
RIMG3831.jpg

ビッグツインの後ろに乗った女の子に「頑張れー!」と声をかけられ、少しうれしくなる(ゲンキンなもんだw)。

そのハーレーに最初のヴューポイントで追いつき、シャッターを押してあげる。

RIMG3834.jpg

草津の町が一望できる次のヴューポイントに寄っていると、途中で抜いてきたキャンプサイクリング中らしい大学生(?)の一団が元気よく通過していった。
いっぱいらしい後方追走の子が「スルーかよーー!!」とか泣き言を言っているのが微笑ましい。
RIMG3836.jpg

RIMG3838.jpg
RIMG3840.jpg

ピークまでもうひと踏ん張りと走っていくと、対向車を待てなかったらしく、共○交通の黄色い観光バスがギリギリ10cmほどの幅でスピードを落とさず抜いていった!

あわててクリートから脚を外して止まったが、どういう神経した運転手なんだ!!!
同じ目にあわしたろかっ!!!(#゚Д゚)凸

1156白根山の白い山肌が見えた。
RIMG3841.jpg

お昼のサイレンを聞きながら白根山に到着。

山は大混雑。
RIMG3845.jpg

弓池の周遊コースも気持ちよさそう。
RIMG3846.jpg

白根山からは一旦下ってまた登りになる。
RIMG3853.jpg

渋峠が見えた!
RIMG3858.jpg

1340渋峠到着なり!!
RIMG3864.jpg

遠くに榛名山がくっきり。
RIMG3862.jpg

草津のセブンイレブンでお会いしたタイム乗りの方がやってきたので、シャッターをお願いした。
RIMG3872.jpg

彼のタイムはリアハブが不調らしく、ダンシングするとブレーキがかかったようになってしまうらしい。
けれど、おれと同じ須賀尾峠ルートを6時半高崎出発で今到着って、ものすごい快速だ。
RIMG3873.jpg

これから高崎に引き返すという彼と別れて、渋峠ヒュッテへ。
RIMG3874.jpg

前回来た時は、山の上に行ってしまっていて食べれなかったパンをいただいた。
RIMG3880.jpg

入り口で売っていった桃。
歯ごたえがあってうまかった。
RIMG3887.jpg

インディ君は元気いっぱい(笑)。
RIMG3882.jpg

下りにかかると、怪しい雲が。。
RIMG3888.jpg

稼いできた高度を、一気に速度に変えて、がーーーっと湯田中までダウンヒル。
前回、修理のため場所を借りたGSが懐かしかった。

栗和田の交差点を左折したあたりで、記憶が怪しくなり宅急便の方に道を聞いて確認した。

なんせ軽量化のためにこんなメモしかもってないもんで(^^ゞ
RIMG4011.jpg

1435飯山に入る。
RIMG3890.jpg

前回は、R292で新潟に入ったので、今回はテツ会長がチャウチャウを目撃したという開田峠を行きたかったが、上越まで40数キロを残して、18時まであと3時間。

開田峠ルートだと、もしかすると日没に間に合わないかもしれない。。

残念だが、安全策を採って今回もR292をいくことにした。

といっても、R292の登りも結構きつい。
ピークにある酒屋で、ファンタグレープを補給することだけをモチベーションにじりじり登っていく。

トンネルを抜けると、下りになった。。
あれ??酒屋見逃した??

まあいいやと、そのまま新井までアウター全開でダウンヒル。

で、新井のスーパーでスイカを補給しました(爆)
八色スイカ。汁たっぷりでうまかった!
RIMG3892.jpg

時間的にかなり余裕があったので、隣の薬局でバンテリンと目薬を買った。

高速のようなR18の側道をいく。

途中で、建設中の北陸新幹線をくぐった。
RIMG3893.jpg

間違えてフェリー乗場のほうに行ってしまい、河原でバーベQをしていた若者に場所を聞こうとするが、公園の名前を忘れてしまい、「人魚のいる公園はどっちですか?」とか聞く始末(笑)。

1740船見公園到着。
RIMG3896.jpg

まだ日没までに時間があるので、顔を洗ったり、ペプシを飲んだりして一息。

船見公園の前の海岸は、海水浴場になっていて地元の若い子たちがバーベQをやっていた(ゴミが多いのは残念)。

ベスポジを確保して、落日を待つ。
RIMG3899.jpg

1824陽が落ちてきた。
RIMG3905.jpg
RIMG3910.jpg
RIMG3913.jpg

太陽が海にタッチすると、驚くほどすばやく消えていった。
RIMG3918.jpg
RIMG3922.jpg
RIMG3929.jpg
RIMG3936.jpg

直江津駅前のホテルにでも泊まって、なにかうまいものでも食べようと思っていたのだが・・
RIMG3938.jpg

直江津って意外とホテルが少ないうえに、大河をやっているせいで観光客が多いのか空きが見つからなかった。

しかも携帯を忘れてきてしまったので直接行って空きを聞くしか無かったし(泣)。

4軒ほどあたり空きがあるホテルもあったが、喫煙室とのことで、高い金払ってヤニくさい部屋に泊まるのは嫌なので前回と同じく上越の湯の仮眠ルームのお世話になることにした。

ところが、またしても道に迷い、GSで上越の湯への行きかたを尋ねると、今はやってないですよといわれる。

・・まじですかorz



でも、念のため行ってみると、元気に営業中でしたよ!!!
RIMG3939.jpg

まずはひとっ風呂浴びて、食堂で豪華版な刺身膳(2700円)を頂いた。
RIMG3943.jpg
RIMG3944.jpg

朝日山(生酒)は、キリリとした辛口でうまかった。
RIMG3945.jpg

走行240km。


8/15(土)。
朝風呂に入って、出発。

このまま帰ってももったいないので、上杉謙信の居城であった春日山城を見物していくことにした。
RIMG3951.jpg

難攻不落な山城だけあって、謙信公像前まで厳しいヒルクラ。
自転車を降りると、サングラスのクリップオン部分を、上越の湯に置いてきてしまったことに気が付いた。
RIMG3952.jpg

まずは春日山神社をお参り。
RIMG3956.jpg

謙信公像前から本丸までは徒歩30分とのことなので、舗装路の部分は自転車であがり、階段部分からは徒歩。
SPDでくればよかったよ。
RIMG3962.jpg

毘沙門堂。
ドラマだと洞窟のようなところだったハズだが、ちょっと違うぞ。
RIMG3969.jpg

本丸。
RIMG3981.jpg

海まで一望。
しかし上杉の兵が精強なのは、毎日この山道で自然に鍛えられているからじゃないかと思った。
RIMG3978.jpg

直江屋敷跡。
RIMG3987.jpg

自転車を置いたところまで降りてくると、NHKの車両が止まっていた。
RIMG3996.jpg

来週は上杉祭りらしいから、その下調べかな?
RIMG3999.jpg

春日山の麓にでている湧き水を補給。
RIMG4001.jpg

上越の湯にサングラスを取りに戻ったが、誰かが持っていってしまったのか見つからなかったorz。
でもテンプルのないレンズだけもって行っても使い道がないハズなんだけどな。

意気消沈して、駅に向かう途中、おされなパン屋を発見。
マックでも入ってコーヒーを飲もうと思っていたのでちょうどよいとピットイン。
RIMG4007.jpg

おいしそうなパンが大量に陳列してあって、出来立てのパンを次々と若い女の子が運んでくるという素晴らしい店だった。


しかも、パンを買うとコーヒーがサービス!!

パンを買って、サービスのコーヒーを取って、更に50円!のペプシを買ってオープンテラスで頂いた。

うまいし、ボリュームもたっぷり。
RIMG4004.jpg
RIMG4005.jpg

直江津駅について、時刻表を確認すると、越後湯沢行きの特急は1100発。
20分あるので、輪行袋に自転車をつめるのになんとかなるかと思ったが、なんとかならなかったorz。

ここのところロングはエンペラーばかりで、エンペラーに使う輪行袋は前輪だけ外すタイプで、caad8用のは両輪外して、車体をひっくり返すタイプだったのだが、ひっくり返していれるのに気が付いた時には残り時間5分を過ぎていた。

11時の特急が行ってしまったあと、駅員に熊谷へ行くのに、次の12時の特急に乗るのが早いか、1112発の各駅が早いか聞くと、越後湯沢からの乗り継ぎの新幹線は一緒とのこと。

それなら各駅で行こうと、既にホームに泊まっていた各駅停車に大急ぎで乗り込んだ。
RIMG4010.jpg

ホクホク線のワンマン列車は、バックミラーがついていたりしてかわいい。
RIMG4015.jpg

帰省Uターン客なのか、駅に泊まるたび客が増えていき、通勤電車並みの混雑に。
RIMG4016.jpg

越後湯沢で新幹線に乗り換えてからは、40分ほどで熊谷に到着。

いなかっぺでうどんを食べて帰宅した。
RIMG4017.jpg

  1. 2009/08/16(日) 23:02:32|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

枝折HC~F田アニキの逆襲~

恒例(3回目)の枝折ヒルクライムに行ってきた。

8/1(土)。

今年は、F田アニキも参戦だ。
朝6時に迎えに来ていただいた。
RIMG3736moz.jpg

ガスった関越自動車道をひた走り魚沼市へ。
RIMG3738.jpg

集合場所の道の駅で、左利き用鎌を求めるF田アニキ。
RIMG3740moz.jpg

他のFLのメンバーと無事に集合し、恒例のラーメン屋で腹ごしらえ。
これでもかっていうくらいたっぷり注がれたスープがうれしいラーメン。相変わらずうまし。
RIMG3743.jpg

湯之谷交流センタ ユピオでエントリーを済ませて、早速試走の準備。
RIMG3746.jpg

忘れ物を宿に取りにいったのを待っていてくれたF田アニキと一緒にスタートするが、温泉街を抜けて斜度がきつくなったところで、スイスイ登っていくアニキに千切られる!(驚)。

スタートしたときから天気が怪しかったが、途中から雨が降り始めたので、トンネルで雨宿りしていたみんなに追いついた。
RIMG3747.jpg

雨が少し弱くなったので再スタートすると、F田アニキがグングン先行していく(どうしちゃったの?)。

残り1km地点で、リアタイヤがパンクorz。。(最近パンクづいてるな^^;)
RIMG3748.jpg

チューブを取り替えたが、インフレータが故障していてうまく空気が入らなくて困っていると、先にゴールしたアニキが様子を見に降りてきてくれた。
でも、アニキはインフレータを持っていなかったので、アニキの自転車を借りてゴール地点で休んでいるFLの仲間に借りに向かった。
途中、降りてきたメンバーとすれ違ったがとりあえずゴールを踏んだ。
標識がリニューアルされていた。
RIMG3749.jpg

すぐに引き返すと、nori8さんがボンベで空気を入れてくださっていた(感謝す!)。

宿までダウンヒルして、温泉で汗を流して一息ついていると、外はバケツをひっくり返したような土砂降りの雨。

なんだか毎年前日は雨に降られている気がする。

でも夕食のころには雨がやんだので、みんなで大湯温泉星祭り(前夜祭)に繰り出した。
雨で公園の芝生が濡れてしまったので、ユピオの1階が会場になった。

今年は、ファイヤーダンスも一団の演舞がよかった。
特にビキニのオネーサンがエキゾチックで素敵だった。
アニキと前線に進出して鑑賞w。
RIMG3777.jpg

明けて8/2(日)レース当日。

レース前の試走でもアニキは絶好調。きつい坂でもグイグイ登って行く。
ちょっちやばいかも。。

同じクラスのよっちさん、nori8さん、テツ会長、F田アニキと固まってスタート待つ。

号砲一発スタートすると、F田アニキが前方をするすると先行していくのが見えた。

わしはスタミナに自信がないので、いつものように脚を溜めて後半追い込む作戦。

スタート直後の緩斜面では、後方からがんがん抜かれるが、じっとガマン。

給水所でもらう水は一口だけ飲んであとは、頭からかぶり気合を入れる。

だが、心拍の上がりが悪い。
いつもは200近くまでいくのに、180くらいまでしかいかない。

自分と同じくらいのペースのグリーンジャージの人をペースメーカー代わりにして進む。

半分を越えたころにnori8さんに追いついたが、「ftaさんはかなり前にいますよ」と情報を頂く。

気持ちはあせるが、ペースがあがらない。

後半の急斜面地点では、いっぱいになっている方を何人かパスしたが、アニキの背中は見えない。

緩斜面でも、大人気なく、数人競り落としゴール。

結局F田アニキの影も踏めなかった。。完敗っすorz。。
通勤で毎日自転車に乗っているのが利いているのか、山梨に帰って規則正しい生活ができるようになったのが利いているのか本格化の様相ですな。
ROT04782moz.jpg

ゴールで頂く七色スイカは相変わらず激うま。
RIMG3785.jpg

下山開始までの間に山頂に登ってみた。
RIMG3793.jpg
RIMG3794.jpg

遠くに登ってきた道が見える。
RIMG3795.jpg

お疲れ様でした!
また来年も来ましょうね。
RIMG3783moz.jpg

今年のタイムは、0:59:29.37。
去年より4分も劣化しちまった(泣)。
もっと積極的に山へいこうと思う。

抽選会で魚沼産こしひかり(3kg)が当たった!!(わはは)
ROT04804.jpg



  1. 2009/08/04(火) 22:33:05|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。