XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2日目】パニック斜里岳アタック

7月18日(土)。
夜半に降られたが、朝起きると止んでいた。
朝一番で、管理人さんが「よく眠れたかい?」と様子を見に来た(ほんとに親切な方だ)。

当初の予定だと、ここをベースキャンプにして、斜里岳に登る予定だったが今にも降り出しそうな感じ。
もし雨が降ってきてもすぐ予定変更が可能なように、テントを撤収。
管理人さんに挨拶して、いざ出発!
RIMG3071.jpg

清里のセブンで朝食を摂って、おにぎり2個と500mlの緑茶と水を1本ずつ買い込む。水分は、それにプラスして、昨夜少し口をつけた500mlの麦茶。

0820斜里岳登山道(清岳荘口)に到着。
ここから清岳荘までは7.9kmのダートになる。
RIMG3074.jpg

締まったダートで走りやすいが、4バックのフル装備に、延々登りはキビシー。
RIMG3076.jpg

0940清岳荘に到着。
なんかここまでで脚をすべて使い切った感じ(+д+)。
麦茶を飲みきってしまって、不安なので水道の水を補充。
RIMG3079.jpg

天気はあまりよくないが、駐車場は満杯。斜里岳って人気あるのね。
RIMG3080.jpg

トレッキングシューズに履き替えて、熊よけの鈴をパックにくくりつけて準備完了。
RIMG3081.jpg

1016アタック開始!
RIMG3082.jpg

20分ほどいくと、川の音が聞こえてきた。
RIMG3083.jpg

いきなり川渡りですか。
靴を濡らさないようにするには、長く飛ばなきゃならないのでちょっと緊張する。
RIMG3084.jpg

こっちに来たと思ったら、またあっち側へ。登山というより沢登りのようです。
RIMG3086.jpg

カニの横ばいのように岩を越える箇所では、
RIMG3087.jpg

赤ちゃんを背負った夫婦に先に通ってもらった。
すごいなあと思ってお話をすると、この先は子供を背負ったままだと危ないので引き返してきたとのこと。
RIMG3088.jpg

雪渓を越える。
RIMG3090.jpg

1107旧道と新道の分岐になる下二股に到着。
地図を確認すると、旧道が最短距離で沢登の道、新道は沢を迂回する道のようだ。
下りに沢を通るのは怖いので、行きは旧道、帰りは新道を通ることにする。
RIMG3091.jpg

流れの速いところを越えるときに、着地に失敗して水浸しになる(泣)。
自転車のダート走行が効いて、踏ん張りが効かんのよ。
RIMG3099.jpg

ロープのある箇所でも、脚を滑らし肝を冷やす。
RIMG3100.jpg

お、山頂が近づいてきた?
RIMG3106.jpg

1152万丈の滝。
RIMG3107.jpg

下を見下ろすと、町が見えた。
RIMG3111.jpg

1218竜神の滝。
RIMG3113.jpg

ファイト一発的な箇所(怖)。
3点支持で慎重にクリアする。
RIMG3117.jpg

恐怖の沢登りは終了したらしく、浅くなった沢に沿って登っていく。
RIMG3118.jpg

1244上二股に出た。
登頂を終えたパーティの方々が休憩していた。
あともう一息だよと声をかけられる。
RIMG3120.jpg

水の少なくなった沢を登っていく。
RIMG3121.jpg

木が低くなって視界が開けてきた。
RIMG3125.jpg

1309胸突八丁
RIMG3126.jpg

ガレ場にかかると、ポツポツ雨が降ってきた。
RIMG3129.jpg

1315馬の背。
RIMG3136moz.jpg

オニギリを1個補給してから、山頂を目指す。
RIMG3137.jpg

ガレ場を越えて、
RIMG3138.jpg

少し下ってまた登れば山頂だ。
RIMG3139.jpg
RIMG3141.jpg

金属製の祠に一礼して、もう一頑張り。
RIMG3144.jpg

1340登ったどーー!!!
RIMG3148moz.jpg
RIMG3151.jpg

雨が強くなってきたので、レインウェアを着込んで最後のオニギリを補給。

雲は多いけど、なかなか眺めはよい。
RIMG3149.jpg
RIMG3155.jpg
RIMG3156.jpg

1400下山開始。

なんとなく安心して、高山植物なんか見ながら降りる。
RIMG3153.jpg
RIMG3154.jpg

馬の背まできて、斜里岳の対面にある、頂上に大きな岩のあるピークに登ってみたかったが、時間も遅いので涙を飲んだ。
RIMG3158.jpg

1436上二股まで降りてくると、これから頂上を目指す中高年のパーティーがやってきた。
かなりばてている方もいた。人事ながら、明るいうちに下山できるのか心配になる。

馬の背でお話したソロの方は、新道は道がドロドロで距離が長くて時間がかかるので、旧道を行くといったが、沢下りは滑って怖そうなので予定通り新道をチョイス。

熊見峠までは、アップダウンな道。
RIMG3163.jpg

ピーク近くは、道も乾いていて視界も広くて歩きやすかった。
RIMG3168.jpg

雲が出てきて山頂が見えなくなった。
RIMG3170.jpg

1513熊見峠
RIMG3171.jpg

ぬっちょぬちょな道をどんどん下る。
RIMG3173.jpg

川の音が聞こえてきて、下二股に出た。沢で靴を洗ってから下り始めると、3人組のパーティーに追いついた。
RIMG3175.jpg

川越えのときのライン取りが参考になるので、少し後ろからついて回ったw。
無理に飛ぼうとせずに、靴を濡らしてもしっかり踏ん張るのがコツらしい。
RIMG3176.jpg

1650清岳荘着に無事到着。
RIMG3179.jpg

ペプシが染み込むようにうまかった。
RIMG3181.jpg

靴を履き替えて、林道をダウンヒル開始。

気持ちよく走っていると、前方に遅いワンボックスがいたので、加速して追い抜いて、右コーナーに入ると、車のブレーキで掘られた凸凹で激しく上下に揺さぶられた。

直線にはいると、前輪が激しく振動するので急停止。

うーついてない。
RIMG3182.jpg

気を取り直して、チューブを新品交換して再スタート。
RIMG3183.jpg

また気持ちよく飛ばしていると・・

今度は後輪から異常な振動が!!

俺、涙目。。
RIMG3184.jpg

軽量化のために予備のチューブは1本しか持ってないので、パンク修理するしかない。
パンク修理キットをみると、パッチが3枚。

なんとかなるだろうと、さっきパンクした前輪のチューブを修理開始。

インフレータで空気をいれて、穴を探す。

すぐ発見し、パッチを当てる。

楽勝じゃんと思い、念のため空気をいれてみると今度は違うところから漏れている!

2箇所目の穴にパッチを当てて、空気をいれると、その穴のすぐ近くにもう一箇所。
ただいやらしいことに、1枚のパッチで塞げる距離ではない。

パッチはあと1枚しかない。

もしかして後輪のチューブのほうが軽症かも?

大急ぎで後輪のチューブを外して、空気を入れてみるが、穴がでかいらしくまったく空気が入らず、ヘッドライトで見ても分からない。

これは、前輪のほうに賭けるしかないか。。

暗闇のなかヘッドライトの光だけを頼りに、先ほど見つけた穴を再度確認し、最後のパッチを当てる。

空気を入れてみる。

シューーーーーーッ

塞いだところから漏れてやがるorz。。

ますます強くなってくる雨。深まる闇。
まさか熊さんとかでてきたりしないよね。。

スリルとサスペンス。

一度張ったパッチを2枚丁寧にはがし、張りなおし、空気を入れてチェック、失敗を数回繰り返す。
RIMG3186.jpg

基本に忠実になろうと、パッチを張る部分を紙やすりで丁寧に荒らし、ゴムのりを多めに塗り、あせる気持ちを抑えて十分に乾くのを待ってから、「南無大師遍照金剛~」と呪文を唱えながら、必死でパッチを押さえる。

空気を入れてみる。。

空気漏れが止まった模様。
安堵のため息をついて、タイヤに修理したチューブをセットした。

山登り帰りらしい車が心配して止まってくれたときには、修理が完了していた(でもありがたかった)。

こんどこそ、そろりそろりと林道を降りていき、脱出に成功!!
RIMG3187.jpg

清里町に入ると、後輪がパンク。
完全に直っていないようだが、空気をいれるとしばらくは走れる。

まずは、清里温泉で汗を流した。
RIMG3188.jpg

温泉近くに立派な公園があったので、東屋の下にテントを張らせてもらい、朝寄ったセブンで晩飯を仕入れて食べたら人心地ついた。
RIMG3189.jpg

走行49.1km
スポンサーサイト
  1. 2009/07/27(月) 17:55:57|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【1日目】北海道に上陸

7月17日(金)小雨。

例によって慌しく、自転車の分解で汚れた手を洗うまもなく、熊谷駅0350発の羽田行きのバスに乗り込んだ。

渋滞もなく6時前には、羽田空港に着いてしまったので、早速自転車を手荷物預かりに預けて、ロビーを眺めながら、スタバでゆっくりブレックファースト。
RIMG3009.jpg

で、出発ロビーに行ってみると・・

発走時刻変更?!(´Д`lll)
幸先悪し。
RIMG3010.jpg

お詫びにJALから食事券を頂いた。
RIMG3011.jpg

JALのオゴリで一杯(爆)。
RIMG3012.jpg

1時間後やっと機内へ。
今回は往復、クラスJを奮発!(と、いっても片道1000円高いだけだけどw)
かっこいいシートは、レッグレストまでついていてゆったり。更にお菓子付き。
RIMG3013.jpg

11時過ぎ女満別空港に降り立つと、小雨が降っていた。

自転車を組み立て、雨具を着て、斜里に向けて出発。
RIMG3017.jpg

去年の夏キャンプした呼人浦キャンプ場の横を通過。
RIMG3020.jpg

網走市内を通過し、オホーツク海を左手に眺めながらR244を走る。

藻琴駅舎内にある軽食&喫茶トロッコで昼食。
RIMG3026.jpg

トロッコの塩ラーメン。
澄んだスープの見た目で薄味かと思ったが、すごく濃い目だった。
この先の駅馬車のラーメンもだけど、なぜ麩入りなんだろ?
RIMG3023.jpg

店内はこんな感じ。
RIMG3025.jpg

途中、左ペダルとサイドスタンドが干渉するようになってしまったので、GSでレンチをお借りして直した。
RIMG3028.jpg

夏季限定で営業している小清水の原生花園近くで、半野生の馬を見物。

こっちに向かって群れで疾走してきて大迫力だった。
RIMG3033.jpg
RIMG3041.jpg
RIMG3045.jpg

フレトイ展望台から、原生花園を一望。
RIMG3055.jpg
RIMG3053.jpg

天気が良ければ、こっちの方角には知床連山なんかが見えるハズなんだけど。。
RIMG3049.jpg

1620斜里のクロネコで荷物を受け取り、フル装備エンペラーになる。
RIMG3060.jpg

今夜のお宿は、みどり工房しゃり そよかぜキャンプ場。

芝生刈り中の管理人さんに挨拶にいくと、今晩は雨だから東屋の下にテントを張りなさいとおっしゃるので遠慮なく占拠させていただいた。
RIMG3062.jpg

駐車場でオートキャンプの方が数組いるだけなので、広々としたテントサイトを独り占め。
RIMG3063.jpg

斜里駅前のグリーン温泉へ。
モール温泉のかけ流し。うーー贅沢。
お肌つるつる。
風呂上りにテレビを見たら、トムラウシでツアーの方が数名亡くなったというニュースをやっていた。
夏に低体温症で亡くなるなんてショッキングだ。
RIMG3066.jpg

夕食は、斜里産の豚肉で、豚丼を作って食べた。
RIMG3067.jpg

管理人さんが、朝方ストーブいれるくらい寒いよと言っていたが、確かに寒い。
吐く息が白いよ。

走行71.8km



  1. 2009/07/27(月) 10:49:31|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

レスキュー保険

早めの夏休みに入りました。

で、早速明日から北海道へ(笑)。

トムラウシで遭難があったとかニュースでやっていて急に不安になり、念のため山渓に申込書が付いていた保険に入ることにした。
RIMG3006.jpg

1年掛け捨てで5000円。かなりリーズナブルだと思う。

特に、クマさんアタックまで保障してくれるのが心強いwww
RIMG3007pai.jpg

明日朝早いのでもう寝なくちゃなんだけど、wktkして眠れそうにない( ´∀`)

では、行ってきます!
  1. 2009/07/16(木) 23:34:15|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウテイスタンバイ完了!

バーテープ取り替えて、外れやすいリアマッドガードの取り付けネジをロックタイトで留めた。サイドスタンドの14mmボルトも増し締め。
最後にワイヤーに注油して準備完了。
今回も頼むよ。
RIMG3001.jpg

今回は知床方面を重点的に攻略予定w。
RIMG3005.jpg

天気予報によると、道東のほうは天気がよくなさそうなんだよね(´ω`)

  1. 2009/07/16(木) 01:43:43|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パッキング

関東は梅雨明け。

月曜夜のイベントが首尾よく終わり、仮眠を取って地下鉄が動き出す時間に起きだした。

こんな朝っパラに東京で自由な時間になることなんて、珍しいので築地に朝飯を食べに行ってみた。

目指すは一度行ってみたかった印度カレー中栄。

築地市場に入るのは、初めてだし、ちょっとしたダンジョンのように入り組んでいて迷う。。
NEC_0079.jpg

市場の人は忙しそうで、道を聞くのもはばかられるし。

昼夜勤明けでもうろうと歩いていると、マグロを積んだフォークリフトにぶつけられそうになりつつ、建物を抜け駐車場に出た。

駐車場整理のおじさんに店を聞くと、外国人用のガイドブックを頂き、なんとか店にたどり着いた。
NEC_0081.jpg

ハヤシとインド(辛)の「合がけ」(600円)とビールの小瓶をいただいた。
ガッツリといったボリューム。味は・・。
NEC_0080.jpg

店のご主人と客の話を聞いていたが、やはり市場移転は市場の方にはあまり歓迎されていないようだ。
都議選で民主党が逆転したのでちょっと分からなくなってきたようだけど。

家に帰って、少し寝て北海道サイクリングツアーのパッキング。
機材の軽量化を図ったつもりだったが、17.6kg。
自転車だとどうも余計なものを持って行きがちだなぁ。

去年の北海道(往路)は、4バック+フロントバック+自転車を抱えて歩いて地獄をみたwので、今回は素直にクロネコのセンター留めでバックを送ってしまう(斜里行き2250円。7/16着予定)。
RIMG2999_t.jpg

だが、一番大きい箱でもバックがひとつ入らなかった(笑)


いつものようにレンタルショップへいって、新曲を仕入れてipodにインスコした。


  1. 2009/07/14(火) 23:26:47|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒帯をとる

会社帰りに神保町へ買い物に行った。

買い物を終え、神保町二郎へ行ったが、受付終了。
それではと、前から気になっていた”覆麺”に並んだ。

程なく猪木ボンバイエが流れる店内に入る。
厨房では、黒と白の二人の覆面の男が調理をしていた。

メニューは「覆麺」と油そばの「油覆麺」の2本立て。普通盛で200g。少しボリュームがある。
用心して、普通盛の「覆麺」を注文した。

札幌ラーメンの卵麺のような黄色いストレート麺、スープはかなりしょっぱかった。
NEC_0077.jpg

正面の張り紙に、「スープを 8 割飲んだ人は『黒帯』認定となり、次回に玉子が無料」とか書いてあるので頑張って飲んだ。

そうしたら、黒い覆面に「素晴らしい!!あなたは黒帯ですか?」と聞かれたので、初めてだと答えたら、黒いカードをくれた(笑)。

ゲットした黒帯カード。
RIMG2987_t.jpg

その他の戦利品。

先日買った山岳テントVL13用のグランドシート。
ようはテントが傷まないように下にしくシート。
RIMG2983_t.jpg

ただ作りがしっかりしているのか、276gもあった。
テント本体がg単位の軽量化を図っているのに、ちょっと矛盾しているというか。。
RIMG2986_t.jpg

テント用の防水剤。
RIMG2985_t.jpg

finetrackのフラッドラッシュスキンメッシュ。
吸汗性に定評のある製品なので、モンベルのジオラインメッシュとの違いがどの程度あるのか興味深い。
早速ローラーで使ってみようーと。
RIMG2984_t.jpg

利尻・羅臼の山岳マップも買った。
RIMG2988_t.jpg
  1. 2009/07/08(水) 22:48:37|
  2. ジャンクグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。