XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

剱岳で遭難

映画の話です。

訳あって土曜、新宿のバルト9へ観に行った。

バルト9ってマルイの中に入っている今風のシネコンだけど、どうやら旧東映があった場所らしい。

1F入り口は観客でごった返していたが、こんなこともあろうかとweb予約してきたのだ。

ところが、発券機にIDとパスワードを入力しても、時間切れとか出る。
上映時間の40分前ですよ。


よくよく注意書きを見ると、11時30分以降の回は1時間以上前に発券しないと予約は無効とかある(´Д`lll)

熊谷のシネティアラなんて、ターミネーター初日に飛び込み5分前でも入れるのに。
恐るべき新宿。

大急ぎで近くの映画館を調べて、池袋サンシャインの映画へ大急ぎで移動!!
なんとかチケットゲットに成功。

この日はエヴァ破初日で、朝3時上映の回まであるのにびびった。しかもこの後の回とか既に立ち見らしいし(驚)。
恐るべきエヴァ。。

映画剱岳は、予告編だと迫力満点な映画かなと思ってたが、割と淡々と進む感じ?
CGを一切使わなかったという剱岳の壮大な情景はすばらしかった(ただ、映写機の性能がイマイチなのか解像度が。。)

キャスティングはすごくよかった(わし浅野忠信ファンだし)。
誰もが山男らしいいい顔をしていたな。

ラストシーンがあっさりで、若干物足りない気もしたが、さわやかで男っぽいいい映画だった。

日曜日は、宝塚記念w。

絞れたディープスカイでテッパンだと思ったがorz。

結局春のGⅠ、ひとつも獲れなんだ(泣)。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/28(日) 23:56:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山岳テント

またまた野営グッズを新調した。

歩きで使うことも想定して、軽量な山岳テント。

プロモンテ(旧ダンロップ)のVLシリーズというのはすぐに決まったが、一人用にするか二人用にするかでヒジョーーーに悩んだ。

以下考察。

VL13(一人用)は、長さ205cm×幅90cm×高さ100cm カタログ上の重さ1.3kg(ペグ・収納袋含まず?)。
VL23(一人用)は、長さ205cm×幅120cm×高さ100cm カタログ上の重さ1.45kg(ペグ・収納袋含まず?)。

テントで幅30cmも余計にスペースがあるというのは、使い勝手でいったらGⅠ馬と条件馬くらいの大きな違いがある。
テン場でギャルをナンパして収容できる可能性だってあるし(爆)。
バーターでレトルトカレー1個分ほどの重量増。

今愛用しているスノピ製のランドブリーズソロは長さ205cm×幅100cm×高さ100cmと、VL13比で幅+10cmだが、あまり狭いと感じたことがない。山岳テントにして、いまのツーリング用テントより広くなるというのもなんだしなー。

そもそも、ばか高い山岳テントが欲しいのは、快適性を求めてというよりは、軽量化の為だし。

すっぱり割り切りVL13にケテイ!!(気が変わらないうちに)男らしくポチ!!


で、今日届いた。

お店で何度も見ていたが、ほんと小さい。
モンベルのダウンシェラフ#3より小さいよ(笑)。
RIMG2963_t.jpg


早速キッチン用秤で計測w。

本体+本体収納袋 635g
フライ 366g
ポール+ポール収容袋 382g
ペグ(10本)+ペグ収容袋 122g
合計 1505g!

一人用軽量山岳テントの呼び名も伊達じゃないぜ。
ROT03961_t.jpg

実戦が楽しみです。 


  1. 2009/06/25(木) 23:23:22|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

野営グッズを新調

金曜、年休調整で休んだんで、神保町へ出張。

熊谷駅へ向かう途中で、手ぬぐいを持ってくるのを忘れたので、東京駅で降りて、手ぬぐい専門店かまわぬで、手ぬぐいを4本買った。
RIMG2938_t.jpg

都営三田線で神保町へ。

駅の近くで怪しいラーメン屋を見つけた。
店員がプロレスの覆面をしていたw
RIMG2933_t.jpg

さかいや>石井スポーツ>グリーンスポーツ>さかいやと回って色々ゲット。

世界最軽量だというプリムスのバーナー。
点火装置まで含んで実測66gは確かに軽い。
RIMG2941_t.jpg

【参考】十年来愛用しているプリムスP-MBのバーナー部(※P-MBはバーナーとランタンがコンパクトに一組になっている)は、196g!流石に作りは頑丈だし、いままで一度も故障は無かった。
RIMG2943_t.jpg

BDのLEDランタン オービット。単4 4本で10時間使用可能だそうだ。
ほんとはアポロが欲しかったが、ちょっとでか過ぎた。
85g(電池含まず)。
RIMG2942_t.jpg

【参考】P-MBのランタン部は、150g。
ガスランタンは寒いときの暖房にもなるのでありがたいが、油断するとテントを焦がすので一長一短だなw。
RIMG2944_t.jpg

熊よけの鈴。
これは、国産だし、デザインがシンプルで気に入った。
(しかし、おれどこへ行く気だ?)
RIMG2945_t.jpg

プラティパス2.5ℓ。
ROT03950_t.jpg

パタの帽子。
グリーンピース問題が気にいらんが、デザインはいいのよね。
スナフキンぽいグリーンにした。
ROT03949_t.jpg

開店前の神保町二郎。
ちょっと並ぼうかと思ったが、汗かくのが嫌でパス。
RIMG2934_t.jpg

WENGERのナイフは神保町のどこの店でも扱っていないようなので、御徒町へ向かうことに。

途中で、つけ麺を食べたが、大盛にしてもらった割りに量も味もいまひとつだった。

秋葉原バオーでは、激安のBUFFALO製USBカードリーダーをゲット。
これでSDHCカードも使える。
RIMG2948_t.jpg

御徒町へ向かう途中で、黒塗りの初期型VF750を発見。
VFって優等生ぽくて、あまり好きな単車じゃないが、これはセンスよく悪っぽくてなかなかかっこいいと思った。
こういう不人気絶版車をモディファイして乗るのも楽しそう。
RIMG2935_t.jpg

御徒町OD-BOXでは、無事にWENGERのネイルクリップをゲット。
ロングへでると、実は一番使う刃物が、ナイフ、ハサミ、爪切りなんだけど、爪切りがついたアーミーナイフってこれしかないのだ。
RIMG2940_t.jpg

愛用のVICTORINOXフィッシャーマンとWENGERのネイルクリップ。
ネイルクリップはコンパクトで軽いが、ブレードを出したときの剛性感ではフィッシャーマンのほうが断然上。
RIMG2951_t.jpg

ハッカ油セット。
ブユに有効らしいので買ってみた。
船戸与一の「山猫の夏」(←わしのお気に入りミステリで五本の指に入る傑作!)で、山猫が使っていた虫除けぽくてうれしかったりする。
シーブリーズの高濃度版て感じか?スプレーでつけたところが猛烈にすーっとする。
眼にはいるとやばそう。
RIMG2937_t.jpg


移動手段が人力になってから、グッズを買うときの最優先条件が”軽量化”になってしまっているな^^;
  1. 2009/06/21(日) 13:58:32|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山岳ランドナーツアー

ワニガメさんプレゼンツのランドナーキャンプサイクリングに参加した。

集合地点の田中ファミマに集結したフル装備のランドナー軍団。
ロードばかりのこの界隈では、なかなかの迫力です。
名栗のテン場まで店がなさそうなので各々食材を調達。
RIMG2895moz_t.jpg

車の下に黒ネコを発見。
ふ、不吉だぜ。かわいいいけど。
RIMG2893_t.jpg

残念ながら閉店する西平セブンの横を通りかかると、パークラさんが休憩していたのでピットイン。
RIMG2896moz_t.jpg

今回は奥武蔵支線で、グリーンラインに上がるが、噂によると白石よりキツイらしい。

軽快に登坂していく赤い彗星(ワニガメさん)を先頭に、黒い三連星(あかさん、510さん、わし)がバラケながら続く。

しかし、ワニガメさんは速すぎる。
通常のランドナーの3倍速い。さすが特別仕様のランドナーは、量産型とは違うな(嘘)。

奥武蔵支線ピークの3着争いは、壮絶な叩き合い。

2頭で鼻面を合わせて、最終コーナーに現れた。
RIMG2907_t.jpg

押し戦法のアカ号が、一瞬いい脚をみせて先行。
RIMG2908_t.jpg

すかさず510号が反応。
RIMG2909_t.jpg

510号、ゴールイン!
RIMG2910moz_t.jpg

アカさん、お疲れさまでした!!
RIMG2911moz_t.jpg

しかし、ワニガメさんこのコース、ランドナーにはきつすぎるののでは??

グリーンラインを少し登り、刈場坂峠。
年配のハイカーが大勢ランチをされてました。
RIMG2914_t.jpg

ちょっとガスっていて景色はザンネン。
RIMG2913_t.jpg

刈場坂峠をR299方面に下りて、お次は正丸峠。
頂上まで4kmらしいが、奥武蔵支線で脚が売り切れでつらかった。

頂上の奥村茶屋で、正丸丼(味噌漬けの豚バラ丼?)。うまし。
RIMG2915_t.jpg

もうひとつ山伏峠を越えて、名栗入り。

テン場に行ってしまうと動く気がしなくなりそうということで、先にさわらびの湯で汗を流した。
RIMG2919_t.jpg

アルコールを仕入れたり、炊飯用に水をいただいたりして駐車場にでてくると、爆音デリカ到着!!

モリリさんでした(笑)。
ケータリングサービスに来てくれた模様(南無大師)。

テン場までのヒルクラで、またも汗だくになる。

5時には、テントの設営も済み、宴会開始。
モリリさんの登場で、俄然楽チン豪華なキャンプになった。
RIMG2921moz_t.jpg

その後、らんたさんが差し入れを持って登場。ごちそうさま!
RIMG2920_t.jpg

更には、猫まるこさんも登場!。いつもすいません!

思いがけずにぎやかなキャンプになりました。
RIMG2923_t.jpg

日曜朝。
あかさんは仕事の関係で、朝いちで撤収してしまったので、ワニガメ少佐以下2名になった。

510さんのエンペラー。
同じ自転車でも装備に個性が出ておもしろい。
バックのつけ方もフロント重視派か、リア重視派に分かれたりする。
フロントにつけると、下りで安定するらしい。
おれは、なんとなくハンドリングが軽いほうがいい気がしてリア重視派だ。
RIMG2924_t.jpg

510さんのエンペラーは新型で、フォークがナゼ肩になっていた。
RIMG2925_t.jpg



入間川CRでまったり帰るのかなと思っていたら、少佐から山伏峠を越えて秩父廻りで帰るべしと指令が下った(泣)。

昨日下ってきたときはあっという間だったが、登るとつらいのぅ。

汗ボタボタでピークへ。
RIMG2926_t.jpg

秩父までは、気持ちいいダウンヒル。

ツーリング日和なので、芦ヶ久保の道の駅には単車がいっぱい。
エンジンのお化けみたいなCBX1000が本日の人気ナンバーワンだな。
RIMG2928_t.jpg

お昼はこみに亭で、ざるそば(大盛)。
写真だと少なく見えたので、大盛にしたが、これでもかというほどの盛りだった。
RIMG2929_t.jpg

510さん、今度北海道にランドナーでいくとのことで、去年行った事のあるわしは若干先輩風を吹かせていたが、よくよくお話してみると、単車でアメリカをツーリングしていたり石垣島で長期間キャンプしていたりと只者でないことが分かる。

帰りのルートは、アカオニ少佐の指令で定峰越えとなった(泣)。

定峰峠に到着すると、いまどきめずらしく荷物満載のサイクリング車がたくさんとまっていた。
東大生のサークルらしかった。
RIMG2932_t.jpg

落合橋までの下りは、3台で密集体制を取ってロードばりのドラフティングww。

小川のセイブオンで39円アイス休憩を取っていると、雷がなって雲ゆきが怪しくなってきた。
ここでふたりと分かれて、熊谷に向けて飛ばしていたが、嵐山あたりで本格的に降ってきてあっという間に濡れ鼠になった。

江南町にはいると、後ろから来た廃物を満載したトラックがクラクションを鳴らしながら抜いていった。

信号待ちのそのトラックを抜き返して、しばらく走っているとまたクラクションを鳴らしやがったので、よく見えるようにサインを送ってやった凸(゚Д゚#)。

帰宅して後片付けをしてから、熊谷温泉にいった。

2日間で145km。
距離はたいしたことないけど、ヘビーだった。

みなさん、お疲れさまでした。
またいきましょうねー。





  1. 2009/06/15(月) 00:13:50|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あたふた車検

ビートのユーザー車検で年休取った。

この時期毎回軽自動車税納付証明が届いていないので、朝市役所に電話してみると、納税した証明に通帳を持ってくるように言われる。

で、市役所に向かう途中の郵便局で記帳してみると、税金が振り込まれた記録がない(?)。

市役所の納税課に行って確認すると、親父の口座から振り込まれていることが判明。

車検を午前中で予約しているので、マッハで実家に急行!

が、父母ともに近くの山に坂路調教にいっている模様。

今度は山へ行って、二人を捕まえ、母を乗せて実家に戻り、父の通帳を借りて市役所へトンボ帰りして、納税証明をゲット。

その後熊谷軽自動車検査協会に滑り込んで、大慌てで書類を作って検査のラインに並んだ。

ビートの場合、メーターの精度やブレーキの効きもよいので、ナナゴやXLCRのときよりは安心とはいえ、ギャンブルっぽい緊張感があるww。

で、最後の下回り検査を終えてジャッキから下ろしてもらったが、係員に騒音計で測らしてもらいますので、外へ車を出すように指示される(汗)。

わしのビート、5ZIGENの若干元気のいいマフラーwに換えているのだ(もちろん触媒はついてる)。
RIMG2885moz_t.jpg


Σ(´Д`lll)
雨降ってきそうだし、これから車に潜ってマフラー付け替えなんてウンザリ。。

息を飲んで判決を待つ。

係りのヒト「96ですね」
わし「・・・アウトですか?」

・・・



係りのヒト「大丈夫ですね」

わし「(やたーー!)」(*´∀`)

ちなみにビートくらいの年式だと103デシベルだと車検通らないらしい。

これで心置きなく2年間乗れますわ。
RIMG2887_t.jpg

実家に帰ってみると、市役所から納税証明がちゃんと届いていたことが判明orz。。

土日はFLのランドナー隊キャンプサイクリングの予定だったが、土曜が雨予想なので残念ながら延期になったので、レイトショーでターミネーター4を観た。

人気映画の上映初日だけあって、3/4くらい席が埋まってた(ちょっと安心w)。
やっぱ面白いわ。
ターミネーター怖すぎる。

CMで起き上がりこぼしみたいな動きが印象的なモトターミネーター。
クレジットにDUCATIって出ていたから、監修しているんだろうね。




  1. 2009/06/06(土) 01:07:55|
  2. ホンダ BEAT
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

日本ダービー

土曜日。

ビートへのカーナビ取り付けの続き。
Aピラーのカバーを外して、ETCのアンテナをバックミラーの上へ、ワンセグ用アンテナをAピラーの上部に配線。
IMG_8334_t.jpg
IMG_8335_t.jpg

ETC本体は、グローブボックスの中にマジックテープで貼り付けた。
取り付けたあと写真撮るの忘れた^^;
IMG_8336_t.jpg

仮配線してみたら、ワンセグが写った!
IMG_8340_t.jpg

それから、トランクに付けていたCDチェンジャーと、トランク上の前のナビのGPSアンテナ&VICS
アンテナを撤去。
トランクからの配線は、バルクヘッドを貫通させているので結構やっかい。
IMG_8342_t.jpg

ナビに入力するための車速パルス探し。
先達の情報を拝見すると、みんなECUの近くから取っているようだが、ビート純正のスカイサウンドコンポは速度に応じてボリュームを変える機能があるから、オーディオハーネスまで車速パルスが来ているハズ。
ECU側の車速パルス出力コネクタにクリップをかませてテスタをあて、オーディオハーネス側のコネクタの導通をみた。

ビートの脳部分。あーコンデンサの換装もしなくちゃなぁ。
IMG_8343_t.jpg

指で持っている純正オーディオコネクタの黄色に赤のラインが入った線に車速パルスが来ています。
IMG_8344_t.jpg

分岐させて取り出しと。
IMG_8345_t.jpg

ここで問題発生!!

アパートにナビの取説を忘れてきてしまったので、ナビ側の車速センサ用の線が分からん。

残っている線は、若草色/桃色/紫に白ラインの3本

なんか時限爆弾を止めるために、線を選ぶ心境す^^;

若草色が車速センサ用と読み、ギボシ端子(オス)を付け、車速センサを取り出したギボシ端子(メス)へ接続。
桃色はパーキング用と読み丸端子を付け、シャーシアースに接続。

勝負!!とアパートに帰ったが、ナビ上の自車位置が紙芝居のようにパラパラとしか動かない。
賭けに負けた模様orz。。(3分の1が当たらないないんだから、フルゲートのケイバが当たるわけないよな泣)。

アパートで、ナビの取説みて、正しい配線を確認。
なんかくやしいので、ヘッデンを付けて暗闇の中配線しなおした。

早速試走。
今度は自車位置がスムーズに動く。
最新ナビだけあって、地図も細かいし、動作も前に使ってたパナのCDナビとは雲泥の差、サクサクで気分よい。

日曜日。
シネティアラで映画を6回観てもらった無料鑑賞券の有効期限が今日までだったので、朝一番の回で天使と悪魔を観て来た。
なかなかスリリングな映画で楽しめた。
最後のどんでん返しが・・(笑)。
劇中出ていたランチャのイプシロンがかっちょよかった。アルファも出てたな。

さてダービー。
府中は、金曜から降っている雨で不良馬場。
当然重の巧拙が予想のポイントになると思った。

ネオユニヴァースは、重のダービーときささら賞を勝っているので、その産駒のアンライバルトとロジユニヴァースは買い。
特に、アンライバルトはフサイチコンコルドの弟で、おじいちゃんサドラーズウェルズ(スタミナの権化)というのも心強い。

不良馬場の新潟2歳Sを勝っているセイウンワンダーも買い。

◎アンライバルト
○セイウンワンダー
▲ロジユニヴァース
△ナカヤマフェスタ、アントニオバローズ

結果はまさに盛者必衰という感じだった。
皐月賞で、すっかり評判を落としたロジユニとリーチの逆転。
アンライバルトは、位置取りが後ろすぎたし、重馬場にウマが嫌気をさしたらしい。

横典の笑顔がよかった。
よほど嬉しかったんだろう。あのクールな男が、天覧レースでもないのにヘルメットを取って客席に一礼してみせていた。

返し馬であまり調子がよくないと思って馬を信じてあげられなかったというインタビューの一言が、この人は馬を大切にしている優しい人なんだなあと思わせた。
噂だと、横典は馬に異常を感じたら追うのをやめると聞くしね(脚が折れても追う騎手もいるのにw)。

目黒記念は、(おれの馬)ジャガーメイル、ホクトスルタンが本線。
あとはジャガーメイルから穴っぽいところ(ハイアーゲーム、ダイワワイルドボア、キングアーサー)に流したが、ミヤビランベリ(重のオペラハウスは買いだよなー)は抜け。



  1. 2009/06/01(月) 01:35:41|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。