XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【暫定】2007 もてぎ7時間エンデューロ

9/30(日)
FLの有志ともてぎ7時間エンデューロに参戦してきた。
雨中のレースは過酷だった。。
みなさんお疲れさまでした!

IMG_5835_t.jpg


クラス81位
走行距離 68.05km(試走1周、フォーメーションラップ1周含む)
AV 30.0km/h
MAX 52.0km/h
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 22:18:54|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ツールド金沢(2日目)

朝風呂にゆっくり浸かってから、7時に上越の湯を出発。

ポツポツ雨粒が落ちてくる。
レインウェアを着るほどではないが、憂鬱。

恥ずかしながら、直江津に、上杉謙信の春日山城があったとを初めて知った(もっと北のほうだと思っていた)。

0735 第2の目標である日本海(船見公園)に到着!!
IMG_5632_t.jpg


う~み~~~!!!
IMG_5633_t.jpg


フェリーターミナルが見える。
IMG_5636_t.jpg


防波堤に座って、朝飯。
IMG_5638_t.jpg


海沿いを走り始めると、ほんとの船見公園を発見。
飯を食っていたとき、公園なのにベンチもなくて殺風景だなあと思っていたのだ(笑)。
IMG_5643_t.jpg


人魚の像がある。
IMG_5640_t.jpg


なんとなく怖い顔していたら嫌だなと思いながら、お顔を拝見…

なかなかの美少女でした(笑)。
IMG_5642_t.jpg


直江津海水浴場は、波が荒く、サーファーでごった返していた。
IMG_5644_t.jpg


海水浴場を過ぎると、R8を平行して走る久比岐自転車道に出た。
このCRは糸魚川まで続いているらしい。
IMG_5646_t.jpg


谷浜では、自転車を降り、地下道を通ってR8号の左側へ。
IMG_5647_t.jpg


このCRは、鉄道の旧線のトンネルをいくつも利用しているところがユニーク。
IMG_5649_t.jpg

IMG_5650_t.jpg


CR横の滝。
IMG_5652_t.jpg


能登方面は曇天。。
IMG_5653_t.jpg


うみてらす名立のモニュメント。
てっぺんにあるのは、深海探索艇?
IMG_5655_t.jpg


比岐自転車道のルート図。鉄道路線図みたいw。
IMG_5657_t.jpg


海沿いのCRは気持ちいい。
IMG_5659_t.jpg


素人目にもいい波!
IMG_5658_t.jpg


筒石の町並みは、重厚な瓦ぶき&板張り。
IMG_5660_t.jpg


かーにーの看板。
うまそうな匂いがするぞ(羊たちの沈黙風にw)。
IMG_5663_t.jpg


CRを逸れて陸橋でR8を越えて、カニヤ横丁へ。
IMG_5673_t.jpg


IMG_5667_t.jpg


1箱1000円って!どんだけぇ?(安)
IMG_5668_t.jpg


食事中に捕まってしまったらしい…
IMG_5669_t.jpg


かーにーーぃーー(*´д`*)ハァハァ
IMG_5672_t.jpg


1番安い800円のを1パイ買ったら、1000円のにオマケしていただいて、サービスで更にもう1パイ頂く。
テレホンショッピングみてえだ(爆)。
IMG_5670_t.jpg


海を眺めながら、至福のひととき。
今年は、北海道で毛蟹は食べられなかったが、ズワイもなかなか。
IMG_5671_t.jpg


CRに復帰してしばらくいくと、いきなり瓦葺の重厚な曲り家が現れた。

歴史民族資料館。
IMG_5674_t.jpg


その対面には、白山神社が。
IMG_5676_t.jpg


IMG_5683_t.jpg


なんとなくひょうきんな顔つきの狛犬。
IMG_5678_t.jpg


本殿で旅の無事を祈願する。
IMG_5679_t.jpg


本殿近くに湧き出す「蛇の口の水」。キーンと冷めたくてうまい。
ボトルにも満タン補給。
IMG_5681_t.jpg


糸魚川に入り、気がつくとCRは終わっていた。
距離は短いが、海沿いで気持ちよく、意外とアップダウンがあり、ミネラルウォーターまで飲める素敵なCRだった。
だが、ヘルメットを被るような本格的なローディーには一人も遭えなかった。

登り基調のR8を走っていると、爆音を轟かせながらドカのMHRのペアが、おれの真横を抜いていき、対向車が来ているのに、前を走る5,6台の車を抜きにかかった。
後ろ側のMHRはギリギリで追い越しに成功。

「忘れるな!忘れるなよ。
 お前らが速いのは、そのバイクの性能のお陰だということをな!」と思った(byランバラル)。

1200
大型トラックにあおられながら、親知不ピアパークに到着(63.07km)。
IMG_5686_t.jpg


この亀の像、ツーリングで1度来た事があったが、今回とても細かい細工がしてあることに気がついた。

右目には、小鳥。
IMG_5687_t.jpg


左目には、天使。
IMG_5688_t.jpg


脚には、蟹が。
IMG_5689_t.jpg


梅ドリンクを補給して、親知不越えにかかる。

展望所で一服。
IMG_5690_t.jpg


天険トンネルからは、下り基調に変わる。
相変わらず、手放し出来ないほどフロントがぶれるので気持ち悪い。

1300
富山県に入る。
IMG_5693_t.jpg


城山、横尾トンネルは、自転車進入禁止なので、海沿いの道へ迂回を余儀なくされる。
IMG_5696_t.jpg


遠回りはいやだが、景色はよかった。
IMG_5698_t.jpg


1340
出発前に買いそびれた、ツーリングマップル中部北陸編を買おうと入善町の本屋に寄るが、中部北陸編だけ売り切れorz。。

1400
黒部大橋を渡る。
IMG_5703_t.jpg


黒部市の本屋でも、マップを探すが売り切れorz。。

1430
魚津市に入り、そろそろどこかでランチでも食べながら馬券を買おう(爆)と思っていたら…
いきなり、ハンドルが重くなり、車体前後の動きがバラバラになった。

あああ、ヘッドが壊れて万事休すと思ったら、後輪がパンク!。
IMG_5706_t.jpg


お遍路ツアーでデビューして、青森行きでも1度もパンクしたことのない早稲田のユウちゃんのようなコンチネンタルGP4000がついに陥落。
IMG_5707_t.jpg


閉店してしまったレストランの駐車場をお借りして、パンク修理。
新品のチューブを組み込んで、インフレータで快調にスコスコ、エアを入れていく。

と、いきなり、

ばーーーーーーんん!!!!!

耳元で、チューブが破裂しやがった(ビビッタぜ)。
IMG_5709_t.jpg


最後のチューブを、慎重に噛みこんでいないかチェックして修理完了。

30分以上ロスったので、お店でお昼を食べるのはあきらめ、近くのコンビに移動して、オニギリ2個とグレープフルーツジュースを補給。
補給しながら、馬券を買おうとするが、オールカマーは締め切られちまった。
神戸新聞杯は間に合った(マイネルキーロフ流し…ブービーorz)。

伝説wの魚津ミラージュランドが見える。
IMG_5710_t.jpg


前回来た時休館日で見学できなかったほたるいかミュージアム。
今回は脚がないのでいけましぇん。
IMG_5711_t.jpg


1640
富山市に入る。
IMG_5713_t.jpg


1830
コンビに休憩して、楽天トラベルで高岡市のホテルα1に予約を入れる。

高岡市の大きな本屋で、やっとマップを入手。
IMG_5718_t.jpg


ついでに、ロードバイクのメンテ本を立ち読み。
どうやらヘッドの上ワンにつけなくてはいけないゆるみ止めのテーパーワッシャーを、下ワンにつけてしまっているのが原因と判明。

1850
高岡駅前到着。
高岡駅前には、ホテルα1が2軒あるが、駅前ホテルのほうが今夜のお宿。
IMG_5715_t.jpg


狭いけど、清潔だし4100円と格安。
コインランドリーもあるので、入浴中に洗濯。
IMG_5717_t.jpg


晩飯は、ロビーでもらったるるぶのダイジェスト版で、海鮮丼がうまそうな海鮮問屋 柿の匠へ。
IMG_5728_t.jpg


ここ最高でした!

つきだしのアンキモ
IMG_5719_t.jpg


白エビの刺身。あま~い。
IMG_5720_t.jpg


すり身あげ
IMG_5722_t.jpg


はたるいかの刺身。ほたるいかの旬は春とのこと。でもこの店ではフリーズドライのはたるいかがいつでも食べられる。
IMG_5723_t.jpg


で、海鮮特上ちらし丼(1800円)。しあわせっす。
IMG_5727_t.jpg


(ちなみに、これだけ飲み食いして、5000円でお釣がきた!)

コンビニに寄って、金沢競馬新聞wとアイスを買う。
IMG_5731_t.jpg


このコンビニのご主人は猫好きらしく、店の周りには人なつこいヌコちゃんが(嬉)。
IMG_5729_t.jpg


ヌコちゃんと少し遊び、ホテルに戻り、就寝。

本日の走行 148.84km。
  1. 2007/09/23(日) 00:53:54|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ツールド金沢(1日目)

2時30分起床。
3時出撃。
IMG_5561_t.jpg


まずはR17で高崎を目指すが、深谷のすき家で牛丼を補給。
IMG_5562_t.jpg


0530高崎到着(42.39km)。すっかり明るくなった。
IMG_5564_t.jpg


ここで市内に入ってみる。
実はわし新入社員時代を高崎で過ごしており、懐かしす。
陸橋を駆け上がり、加速をつけて下っていくと、ハンドルがやばいぐらいグラグラ振動する。

ありゃりゃ。ヘッドが原因か(泣)。

GSの壁に自転車を立てかけて、修理にかかる。
上ワン側のベアリングが逆さまについておったよ(アブネーアブネー)。
IMG_5567_t.jpg

修理後、GSで手を洗わせてもらい、ジュース休憩。
いきなり1時間近くのロス。

r25で渋川へ抜け、r35へ左折。
吾妻川沿いをはしるr35は微妙な登り。
途中、後ろから来たキャノンデールとビアンキのロディー二人組に抜かれる。
頑張って、後ろにつかせてももらう。登りなのに25km/hくらい出てる!

信号待ちで話をすると、ふたりは前橋からで白根山を往復するらしい。わしと同じルートだ。

ラッキー!としばらく後ろについていくが、ちょっときつい登りで千切れるorz。。
ま、道中長いから無理は禁物じゃと、わしの適正巡航速度に戻す。もう汗ボタボタ。

群馬原町でr35からR145へ。

0915
吾妻峡でエネルギーバーを補給していると、先へいったはずの二人組が挨拶をして走り去っていった。どうも県道を走ってきたらしい。
IMG_5569_t.jpg


吾妻峡。
IMG_5570_t.jpg


吾妻線2号橋が建設中。橋ゲタの高さ100mだそう(恐)。
IMG_5573_t.jpg


巨大な岸壁が見えてきた。まだ入道雲。
IMG_5574_t.jpg


長野原草津口を過ぎ、草津方面の標識を確認し、橋を渡ってきつい坂を登っていく。

1000
ピークに薬局があったので、ゲータレードを飲んで、ウィダーインゼリーなんの補給食を入手。
IMG_5575_t.jpg


ダウンヒルをして、1020群馬大津へ(108.52km)。
ちょっと早いが、草津道路に入る前にお店で食事を摂ろうと思ったが、近くにあったイタリアンレストランも釜飯屋も準備中。
仕方ないので、セブンイレブンでBLTサンド、グレープフルーツジュース、ヨーグルトを補給。
このセブンは、去年ひゃくさん、あかさん、会長と中之条~軽井沢サイクリングにきた時に補給したところだ。懐かしいな。
IMG_5576_t.jpg


テントウムシ発見!いいことあるかも。
IMG_5577_t.jpg


補給を済まし、志賀草津道路(R292)を登坂開始。
いきなりファイナルロゥです。。(´Д`lll)

5kmくらいいった嬬恋との分岐にセブンイレブンがあったので堪らずピットインしてガリガリ君を補給。
水を切らすと命とりなので、1.5ℓのミネラルウォーターを買って、ボトルに詰め込み、残った分はペットボトルのままザックのポケットへ。

1220草津の町なかを抜ける。
温泉フリークのわしが足湯も入らず、草津をスルーするのはつらかったぜ。

1300
ロープウェイ駅
IMG_5581_t.jpg


10km/hを大きく割り込む速度しかでず、ヨロヨロと登っていく。
オープンにしたユーノスの乗ったデート中らしい女の子から、頑張って!と声がかかる。
IMG_5582_t.jpg

IMG_5583_t.jpg

IMG_5584_t.jpg


1340展望所で一息。
IMG_5587_t.jpg

志賀草津道路のいやらしいところは、これから登る道が途切れ途切れに見えること。
普通先が見えている道は、あそこまで頑張ればと集中できる。
だが、志賀草津道路は今走っている道の先が見えないのに、この先登らなくてはならない道が遥か上に切れ切れに見えて、気持ちが折れそうになるのだ。
IMG_5588_t.jpg


1350 2度目の展望所休憩。
ウィダーインゼリーを補給。
IMG_5589_t.jpg

IMG_5591_t.jpg


白根山が見えてきた!と、吾妻で少しご一緒した二人組ローディが降りてきた。お互い挨拶を交わす。しっかし速いなあ。
IMG_5592_t.jpg

IMG_5593_t.jpg

IMG_5594_t.jpg


お釜に向けて蟻のように行列する人たちが見える。
IMG_5595_t.jpg


1420白根山到着。
そういえば昔付き合ってた子と来た事あったな。
甘酸っぱい場所じゃ。
IMG_5598_t.jpg

IMG_5599_t.jpg

IMG_5601_t.jpg


白根山があんなに遠くに。
IMG_5602_t.jpg

途中、工事の片側通行で止まったときに、ガーミンの高度計を確認する。高度計の指標によると、ぼちぼちゴールの渋峠のはず。
ただし手前に、ちょっと低い山田峠があると聞いている。
分かっていても、萎えるなあと思っていたら、あれ?!

1455
心の準備が整わないうちに、渋峠到着!!!(笑)

渋峠(2172m)は、日本の国道最高地点になっていると聞いて、ぜひ登ってみたかったのだ。
今回の旅の第一攻撃目標。
IMG_5609_t.jpg


いまこの瞬間、日本で一番位置エネルギーを持っている自転車乗り(国道限定)だぜ(わはは!)。
IMG_5603_t.jpg


IMG_5606_t.jpg


峠からの景色を堪能したあと、下り基調の道を渋峠ヒュッテまで(15時 139.41km)。
IMG_5615_t.jpg


レトリバー(?)のインディー君が迎えてくれます。
IMG_5614_t.jpg


ツーリングマップルによると、ヒュッテには日本最高所のパン屋さんがあるはずなのだが…

orz。。
IMG_5618_t.jpg


気を取り直して、持ってきたチーズケーキクッキーを食べてコーラを飲んでひとごこちつけて、FL(正規版w)のウィンドブレーカを着込む。

登りの借りを返してもらうべく、長野側に向けてダウンヒル開始。

なんかちょっと天気崩れ気味?
IMG_5621_t.jpg


ダウンヒルを楽しんでいると、先行する車に追いついてしまい、ハードブレーキング。

と、フレームがグラグラ揺れる!!!(゚□゚*)ナニー。

止まって確認してみると、フロントフォークが僅かに揺れることが分かった。

平らな場所がないので、スピードを押さえ気味に降りていき、途中にあったGSで場所をお借りし、ヘッドを開けてみる。
IMG_5625_t.jpg


上下のベアリングを外して組み直して、強めにプレッシャープラグのキャップボルトを締め上げるが、状態変わらず(泣)。

17時になり、陽が傾きかけていてあせる。

まあ走行不能ではないので、気をつけて先へ進むことに。
GSの方に、自転車を押さえていただいたり、直江津に抜ける一番走りやすい道を教えて頂いた。こういうときの親切は嬉しいものです。

ライトを点灯して、再スタート。
途中で、ヘッドライトがひとつ脱落して、50m近く戻るハメになる(もう踏んだり蹴ったり。。)。

5,6匹サルが出ていた箇所があって、写真を撮りたかったが急ブレーキはフロントにストレスがかかるので、そのまま通過して中野市へ。

市内のセブンイレブンで、おにぎり2個とオレンジジュースを補給。

カエルめっけ(笑)。
IMG_5626_t.jpg


テツ会長が熊に遭遇したという関田峠を抜けたかったが、この状況では流石に無謀なので、GSで教えていただいた飯山街道(R292)で直江津を目指すことにする。
話によると、大山トンネルを抜ければあとは、ずっと下りらしい。
しかし、大山トンネルまでがつらかった。。
真っ暗な道を、頼りないライトの灯りを頼りに登っていく。

近くを流れる川のせせらぎ。
秋の虫の音。
林のほうでガサガサ音がすると、心臓が縮む。

たまに対向車がやってくるとホッとする。

いい加減疲れ果てたところで、酒屋を発見したので、ファンタで休憩。
IMG_5627_t.jpg


そこから数百m登ったところが、大山トンネルだった。

話の通り下りが続くが、闇が濃すぎて、カーブがよく分からない。
コースアウトが怖いので、センタラインを頼りに注意深く下っていく。

枝折峠HCの帰りのダウンヒルで、ステアリングコラムがへし折れた自転車を目撃したことが頭をよぎる。

こんなところで、同じ目に遭ったらひとたまりもない。

手に汗握りながらのダウンヒルをして、妙高でR18に出た。

ここまでくれば一安心じゃ。

2車線になり高速のようなスピードで疾走する車の脇を、最後の力を振り絞り走った。

2040 8月末にFLのメンバーが泊ったという上越の湯に到着。
IMG_5628_t.jpg


温泉設備内にある居酒屋が2130ラストオーダーということなので、とりあえず大急ぎで温泉で汗を流し、居酒屋で夕飯。

天ぷら寿司セット(2100円)&ビールの豪華版す。
※ロングツーリング特措法により、油モノ可w。
IMG_5629_t.jpg


再度ゆっくり温泉に入り直し、大混雑の仮眠室でなんとかリクライニングシートを確保。
温泉ゾンビどものイビキ攻撃を、ipodでシャットアウトして就寝。

本日の走行 223.96km
  1. 2007/09/22(土) 00:00:00|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ツールド金沢(前夜)

CAAD8のヘッドが鳴くので、出発前にベアリングを取り替えたかった。
キャノンデールジャパンに確認すると、ベアリング単体の部品設定はなくヘッドセットASSY(型番KB002 1万円)に換えるしかないとのこと。しかもKB002にすればシールドベアリングに換わるらしい。

ベアリングが取り替えたいだけなのに、アッセンブル取替えなんて納得いかないので、調べてみると、caad8に使われているベアリングはオープンタイプのベアリングで、”TH INDUSTRIES 1-1/8 45°×45° No8_8B_ACB_COMPATIBLE_W/CAMPY”と刻印されている。

CAAAD8には、FSAのインテグラルヘッドがついているので、FSAの補修用ベアリングを調べてみると…。

TH-870という1-1/8 45°×45°のシールドタイプでいけそうである。

で、御徒町のアサゾーに在庫があったので、会社帰りに寄って見る。
現物を見せてもらうと、このベアリングの刻印は、”TH INDUSTRIES 1-1/8 45°×45°870_ACB_COMPATIBLE_W/CAMPY”。
お店の方も多分いけるというので、2個ゲット(1個1500円)。

大急ぎで帰宅して、早速CAAD8のヘッドを開ける。
IMG_5559_t.jpg


左がオリジナルのオープンベアリング。右がTH-870。
見た感じいけそうだが、
IMG_5557_t.jpg

オリジナルは、レースがシムも兼ねている。
IMG_5555_t.jpg

TH-870は、上ワン側にはピッタリ収まるが高さが足りない。
オリジナルのレースで高さを合わそうとしても、組み合わない。
IMG_5556_t.jpg

下ワン側も、TH-870は収まるが、フォーク側にある下玉押しがオープンベアリングを受ける形状をしておりNG。

キャノンデールは、オリジナルのクランクをつけたりすることが有名。
システムsixのぶっといヘッド径のように、他社からアドバンテージを得るために、規格外のベアリングを使うのは分かる。
だが、汎用規格なのにわざわざ、朝や雨水が入りやすいヘッドのベアリングにオープンベアリングを付けるなんてデグレードとしか思えないし、部品設定もないなんて。
ちょっとキャノンデール社の姿勢に疑問を持たざろう得ない。
同じアメリカ製のハーレーダビッドソンは、77年式だってボルトどころかワッシャ1枚でも部品が出るというのに。

CAAD8は、おれの無理な使用にもへこたれない頑丈ないい自転車で、気に入って長く乗りたいと思っているのに、部品供給がないのでは困ってしまう。
キャノンデールジャパンには是非善処していただきたいと思う。

イライラしながら、ヘッドを組みなおした。

その後パッキングして0時半就寝。
  1. 2007/09/21(金) 00:00:00|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたロング仕様に換装

週末、過ぎ行く夏を惜しみつつ、ロングツーリングに行く予定なので、CAAD8のペダルとシートポスト換えたり、リアキャリアを付けた。

新曲は、どうせアルバムに入るので買う気なかったが、
3曲目にFly Me To The Moon-2007 MIX-が入ってたので入手した。
IMG_5554_t.jpg


2000年リリースのシングル Wait&Seeの3曲目にもやはりFly Me To The Moonが入ってる。
ウタダ、流石エヴァ好きを自認してるだけのことはあるな(笑)。

音楽聴きながら、快調に換装作業。
流石に3回目なので1時間程で出来た。
IMG_5553_t.jpg


>せっし~
わしは、ペダルの脱着にはこんな工具を使っておるよ。
素人こそ工具はいいのを使ったほうがよい。
腕をカバーしてくれるから(爆)。
ペダルレンチはhozan。
HEXレンチはロングだけど、ボルトが固着しているようならメガネを引っ掛けて更に長くして使わないと無理。
IMG_5552_t.jpg

  1. 2007/09/20(木) 23:37:39|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

エルムステークス(GⅢ)

朝起きると、外は灼熱地獄(最高気温35.5度あったそう)。

とりあえず、湖水亭へ行ってランチを食べて、スーパーで買い物して部屋でエアコンにあたりながらまったり競馬。

今日は月曜だが、変則開催で札幌と阪神でやってるのだ。
グリーンチャンネル契約しててよかった(笑)。

だが…


札幌9Rから最終まで8R全て買ったが、エルムSの馬連970円しか獲れず
orz。。アウ

このままではダメだと、荒川CRへ出撃!

夕日が綺麗だぜ。
IMG_5545_t.jpg


吉見管理所でピストンして、29.22km。
途中後輪からなにか擦れる音がしたので、草でも巻き込んだかと思ったら、ネジが外れてサドルバックが落ちかけていた。
一度、閉め直したが街に戻ってきたらまた外れる。
メス側がプラスチックなんで、締め付けが弱くなってたらしい。接着剤で着けてしまおう。
IMG_5546_t.jpg


自転車用のサングラスにレンズを近視用レンズを入れていただいたので、引き取ってきた。
ニコン製の高屈折のプラスチックレンズ(25200円)。
IMG_5547_t.jpg

顔までの距離が近いので、見え方にちょっと違和感があるが、ま慣れでしょう。
  1. 2007/09/17(月) 23:26:21|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。