XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モスの匠味十段

モスバーガーの最高峰、匠味(たくみ)十段を食べた。1コしぇんえんですよ、しぇーんえーん!!

匠味十段登場。左側のは普通のモスバーガー。バーガーの大和っすよ。
IMG_0696_t.jpg

10種類の具材がミッチリ詰まっています。食べずらいのでナイフ&フォーク付き。
IMG_0698_t.jpg

作った人のカード付き(笑)。
IMG_0699_t.jpg

バンズの隙間から、デミグラスソースを入れて頂く。ほんのり味噌味?確かにちょっと高級ぽいお味な気がするが、うーーーん、微妙。
流石にボリューム満点で、オレには1コで十分でした。
今度は、醤油味の匠味バーガーにチャレンジしてみたい。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 21:27:30|
  2. ジャンクグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ナショナル・トレジャー

20051130005404.jpg

ポスターやパッケージをみて、インディジョーンズみたいな冒険活劇を期待していたが、ちょっとスケールが小さい感じ。
ストーリーもかなり都合よく進み、あまりハラハラしなかった。
ニコラス・ケイジは、見た目パッとしないオサーン俳優だが、存在感があってすきなんだけど、映画としては期待はずれでした。

評価 ☆☆☆__ 現代版インディジョーンズ?
  1. 2005/11/29(火) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ハイブリット式加湿器 CORONA UF-H505R

昨年、加湿器買ったんだけど、自分で使わずに祖母にプレゼントしたので、今年は自分用に購入。ジャパンカップ記念で(笑)。

カタログや現物を見たけど、独創的なメカニズム好きの俺がチョイスしたのは、CORONA製ハイブリット加湿器UF-H505R(近所のコジマで¥12,800-¥100キャッシュバック)。
IMG_0693_t.jpg


どこが、他メーカーと変わっているかというと、このロータリー加湿フィルター(緑色の部分ね)。通常、加湿フィルターは水に浸っているため、これがカビのもとになる(らしい)。
こいつは、フィルタが運転時5分に1回180度反転し、停止時には水平位置で止めて水から引き上げる仕組み。単純だけど、説得力ある機構だと思った。ロータリー好きには垂涎の品(・∀・)イイ!
IMG_0694_t.jpg

これで、鳥インフルエンザ対策もバッチリw。お肌ツルツルよ。
  1. 2005/11/28(月) 21:51:25|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【OH6日目】エンジン取り外しⅡ

エンジンオイルとミッションオイルを抜いた。夏の北海道ツーリング前に入れたばかりのトルコオイル(¥1500/L!)に別れを告げた。
IMG_0645_t.jpg

シフトペダル、トランスミッションフィラーキャップ、クラッチアジャストメントフィラーキャップを外す。
IMG_0647_t.jpg

チェーンカバーを外す。3種類の長さのHEXボルトを使用しているので位置をメモりながら外した(パーツリストP10では2種類なのだが?)。ボルトをすべて外してプラハンでケースを叩いて外した。
IMG_0648_t.jpg

チェーンカバー内。夏にクラッチケーブルを取り替えているのできれい。ワイヤを外した。なぜかランプがカシメてあった。
IMG_0649_t.jpg

校長がカシメを解除して、ボールを確認したが問題なし。
IMG_0656_t.jpg

スタータモータハウジングを外すために、スタータソレノイドSWの電気配線を外す(PL76ページ)。
IMG_0651_t.jpg

車体左側から、ハウジングを固定している2本のボルトを外し、ハウジングをプラハンで叩いて外す(PL24ページ)。
IMG_0654_t.jpg

ソレノイドが動作すると、スタータシャフトの先のギアが、クラッチ側のスターターリングギアと噛み合ってクランクシャフトを回す仕組み(にゃるほど)。
IMG_0655_t.jpg

ハウジングが外れた。
IMG_0658_t.jpg

お次はジェネレータの撤去(PL26ページ)。ボルト2本を外すだけ。ジェネレータは納車直後に自分で外してOHに出しているで簡単。
IMG_0660_t.jpg

ジェネレータの配線は、前側がオレンジ、後ろ側が緑。
IMG_0661_t.jpg

シリンダヘッドのオイルラインを外す(PL4ページ)。
IMG_0665_t.jpg

コネクター(指で持っている部分)を外せば、ラインが外れるはずだが外れなかった。そこでロッカーアームカバーに付いているスペーサを外してみたがだめ(ここはテーパーネジになっているためあまり外さない方がよい。校長談)。あきらめてシリンダヘッドを外すことに。
IMG_0666_t.jpg

フロントのエンジンマウント(アッパー)を外す。
IMG_0667_t.jpg

フロントロッカーアームカバーを留めている7本のボルトを緩める。前側の2本はスタッドボルト、真ん中の1本は短い。残り4本は同じ長さ。
IMG_0668_t.jpg

リアのエンジンマウントを外す。
IMG_0669_t.jpg

ワッシャが3枚入ってる。
IMG_0670_t.jpg

フロントシリンダのロッカーアームを外すため、クランク軸をレンチで強制的に回して、圧縮上死点を出す(プラグキャップを指で押さえて吸い込みを感じ、ピストンが一番上がっている位置を見つける)。
IMG_0671_t.jpg

プッシュロッドのスプリングキーパーのくぼみに、マイナスドライバを当ててスプリングキーパー外す。
IMG_0672_t.jpg

プッシュロッドカバーを上に押し上げガムテープで固定。アイアンスポーツのタペットの調整方法は”冷間時、プッシュロッドが、上下にガタがないが、抵抗無く左右に回る”ようにするそうだが、このXLCRは問題なかった。
タペット調整用スクリューの下側のナットを緩め、上側を締めるとロッカーアームが外れる。
IMG_0673_t.jpg

フロントシリンダの2本のプッシュロッドを外した。後ろ側のスプリングキーパーのくぼみが折損していた。
IMG_0674_t.jpg

前後4本ロッカーアーム撤去後。4本ともタペットにガタはなく、かなり状態がよいとのこと。
IMG_0682_t.jpg

フロントロッカーアームカバーを留めているボルトを全て外し、プラハンで叩いてカバーを外す。
IMG_0675_t.jpg

カバーが外れて、バルブが見えた(でけえー!)。写真に見える12Ptのボルト4本を外すとシリンダヘッドが外れる。フロントはロッカーアームカバーが外せたので12Ptのボルトの取り外しにBOXレンチが使えて楽勝だったが、リアは、
ロッカーアームカバーを外そうとすると、フレームとボルトが干渉して外れず、カバーをつけたまま、シリンダヘッドを外したが、車体右側の12Ptボルト2本が固着しておりかつBOXレンチが使えないため取り外しに苦労した。
IMG_0677_t.jpg

リアヘッドシリンダ取り外しの様子(校長レスキュー)。もち、リア側を外すときは、リアシリンダの圧縮上死点を出すこと。
IMG_0683_t.jpg

フロントヘッドシリンダが外れた。写真は燃焼室の様子。かなりカーボンが溜まっているが、エキゾーストバルブ側はすすけてなく、ガソリン臭くなく結構よい状態とのこと。
IMG_0679_t.jpg

リアヘッドシリンダも、ロッカーカバーごと外れた。燃焼室はフロントと同様良好。
IMG_0689_t.jpg

フロントのピストンの状況。かなりカーボンが堆積している。ヘッドガスケットは厚さ0.4mmが1枚のみ、圧縮をあげるため?
IMG_0680_t.jpg

ピストンのカーボンを削ってみると、0.20の刻印が。オーバーサイズのピストンが入っていた。以前エンジンのOHがされているようだ。Kさんのビッグツインは開けてみたら前後でピストンのサイズが違っていたそうだが、俺のは前後0.2のピストンだった⊂(・∀・)つセーフ!!。
IMG_0692_t.jpg

  1. 2005/11/27(日) 23:46:01|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

いわ瀬のフライ

お昼にいわ瀬のフライを食べた。いわ瀬は恐らく熊谷では一番メジャーなフライ屋。
IMG_0643_t.jpg

メニューはこんな感じ
IMG_0640_t.jpg

今回は、肉玉フライ大(¥450)を注文。
IMG_0641_t.jpg

ここのフライは厚みがあって、ジューシーな感じ(゚Д゚)ウマー。
でも俺が子供の頃食べてたフライは、もっと薄くてジャンクっぽい味で、いわ瀬のはちょっと豪華すぎる気がする(笑)
  1. 2005/11/26(土) 00:00:00|
  2. ジャンクグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カンフー・ハッスル

気分転換したくて観てみた。時間も短くてよいし。
20051126110748.jpg

相変わらず、漫画のようなパワー、迫力(でも、サッカー~と較べると少し落ちるかも)。
チャウ・シンチー映画は、勧善懲悪でハッピーエンドが分かっているので安心してみれる。
ただ、主人公が急に組織を裏リ、返り討ちにあったショックで、本当の強さが目を覚ましたという、都合のいい展開には違和感あり、説得力に欠ける気がする。
例え、主人公が天才でも、挫折し努力して敵を倒すという方が俺は好きだな。ジャッキーもロッキーも一歩だってそうだしw。

評価 ☆☆☆__ スカッとしました!

  1. 2005/11/25(金) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。