XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太良峠を押し上がる

昨日グリーンチャンネルを観ようとしたら、”受信できません”のコーションが出た。

雨が降ってるから?と思いあきらめたが、晴れてるのに今日もダメ(なぜか受信レベル0)。

スカパーHDにして、チューナーもアンテナも新品だから故障は考えずらい。
アンテナの位置が変わったのかと思い、くそ暑いなかアンテナ調整をしてみたが、まったくレベルの上がるポイントがみつからない(泣)。

つけてもらってから1ヶ月経ってないし、素直にサービスを呼ぶことに。
せっかくの晴れなのにすっかり出遅れてしまったので、近場の太良峠を登ってみた。

武田神社の横を登っていくと、峠の標識が出てきた。
P1000178.jpg

要害温泉までは二車線のコンディションのいい道だが、ここから先は道幅が狭くなり荒れたコンクリ坂出現。

止まりそうになりながら、オヤジミネラル全開で踏ん張るが、途中抜かしていったホンダのハイブリットがバックしてきたので自転車から降りた。

一度降りると、また乗れる斜度ではないので緩いところまで押し上がり、リスタート。

しかし遍路転がしを彷彿とさせるような絶望的に長いコンクリ坂(泣)。心が折れますた。。
P1000179.jpg

結局1km以上押した。

コンクリ箇所が終わり、常識的な斜度に変わったが左クリートに泥が詰まってしまってビンディングが止められずにギクシャクしたペダリングで登っていくと、今度は土砂降りの洗礼。

太良峠到着!!
P1000184.jpg

山梨市側へダウンヒルしたが、ブレーキを思い切り握ってもズルズルすべる感じで怖かった。

甲府市内に戻り通勤途中で気になっていた、富士アイスで冷やし中華とカキ氷を食べた。走行35Kmくらい。
P1000186.jpg
P1000187.jpg

自転車を磨いてから、さっそく要害温泉に行ってみた。
露天風呂から甲府の街を一望。夜来るといいかも。カウンタのお姉さんが素敵だった( ´∀`)マタイコウ。
P1000190.jpg







スポンサーサイト
  1. 2010/07/04(日) 23:42:05|
  2. 自動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと1勝

土曜9時。

F田アニキのモーニングコールで叩き起される(怒)。

しかたなく出撃。

荒川CRで合流し、鳥坂峠を先週とは反対周りで登った。

先週の事故現場を通りすぎ、登坂開始。
アニキのいきっぷりが悪い。
また、ブレーキがひっかかっているのかチェックしたが問題なし。
今日下ろした練習用ホイールがイマイチなのか、遅れだす(☆∀☆)キラーン

ウッドストックカントリーを過ぎたあとの登坂車線の勾配がきつく、速度が落ちて蛇行したが、つづら折れ箇所で下を見下ろし勝利を確信し、鳥坂トンネルを越えてゴール。
先週の周りだとダラダラ坂で、今日の周りだとより急勾配。
レースコースにあわせて選択するのがよいかも。枝折だと、今日の周りの方があっているかな。

お疲れー。
P1000171.jpg

芦川の農産物販売所下の蕎麦屋さんで昼食。
美味しかったけど1500円はちょっと高いなぁ。
P1000174.jpg

川沿いの緩斜面をオゾンを大量に受けながらダウンヒル。
帰り道で少し降られた。

荒川CRの下り坂で、転倒したおばあさんを二人の中学生が助けていて、今の若い子も捨てたもんじゃないなと思う。

72km。

  1. 2010/07/03(土) 21:03:59|
  2. 自動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

33分の壁

来週の木曜日締め切りのレポートを仕上げなくちゃならないのに、白石へ(笑。ニゲチャダメダ)。

いつものようにときがわの豆腐屋で井戸水を補給していると、三白眼の三毛猫がいた。
触ろうとしたら、ジャブを打つように手を出してきて危うくひっかかれるところだった(笑)。
P1000042.jpg

風もなく暖かないい日だったが、昨夜の雨の影響か、白石峠はウエット。3mmほどサドルを上げた。

途中、背中のポケットに入れていた携帯が、押されて勝手に発信して、誰かの(あかさんでした。すいません)留守電につながったが、気にせず(爆)進んだ。

33分26秒 平均速度11.1km/h 最高速度17.6km/h 平均心拍数181bpm 最大心拍197bpm 平均ケイデンス69rpm
(距離6.19km 上昇量541m)

むう。。30分どころか、33分の壁が大きく立ちはだかっとるなぁ。。

先週に引き続き帰りに、大盛軒でラーメンを補給。
今日は、塩とんこつ。

ここのラーメンの麺はかんすいを使わない卵麺で、食感がつるつるというより、ぼそぼそしているのだけれどおいしい。
P1000046.jpg

15時前には、帰宅できたが競馬をせずに、自転車を磨いた(エライ!)。
右側のBBは1/2インチのハンドルを使ってもビクともしない。
これは、いよいよ実家のエアインパクトを使うしかないが、ビートでは運べないので自走でいくしかないのが。。

明日は、阪神ジュベナイルフィリーズ。

わしの得意なレースだw。

最近のこのレースの勝ち馬は、ウオッカ、ブエナビスタのような大物がでている。

GCの調教VTRやレース回顧を観て、大物感のある(気がする)アパパネが◎。

直線よれながら、カメラ目線で新潟2歳Sを差しきったシンメイフジの完成度も高そうだ。

このレースは、またキュンティアのように1戦1勝のようなキャリアのない馬でも勝負になってしまうレースでもある。

キュンティアはイネガーと探すと、1戦1勝馬はタガノパルムドール一頭だけ(前走1600のタイムも悪くない)。
てか、お隣のカスクドールは、キュンティアの娘じゃないの!


◎アパパネ(なんか赤羽に似ている。笑)
○シンメイフジ
▲タガノパルムドール
△カスクドール(お姉さんオディールの分も頑張って欲しい)


カペラSは、◎ダイワディライト ○ミリオンディスク ▲ワイルドワンダー。





  1. 2009/12/13(日) 01:47:40|
  2. 自動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もてぎ7時間エンデューロ

今年で2回目のモテタイ7時間に参戦してきた。

今回は、会社で背中合わせの席の先輩F田アニキとペアを組んで頂いた。

4日(土)。
F田アニキがいつものように、甲府からジムニーでやって来た。
ジムニーの荷物室を覗いて、こりゃあ2台でいかないと無理だなあと思ったが、「十分乗るづら」というF田アニキの言葉通り、2台の自転車と二人分の荷物がきっちり納まった!
わし、キャンプ場の駐車場なんかで、感心するようなパッキングをしているキャンパーをたくさん見ているが、正直ベスト3に入りますよ(笑)。
RIMG0752moz_t.jpg

荷物を積み込んで、すぐ出発したが、このジムニー、脚が固すぎて天井に頭がぶつかる程乗り心地が悪い!(カプチーノじゃないんだから…。。)
アニキに苦情をいうと、ダンパーを一番弱くしてくれて再スタート。

FLメンバーの買出し集合時間には間に合わないので、下道で佐野ラーメンでも食べながらいくことにし、のんびりとR50を行った。

小さな車に、荷物満載男ふたり。
わしら、カリオストロの城のルパンと次元みたい(もちろんアニキがルパン。髪型がw)。

岩舟の共栄ラーメンでお昼。
宇都宮勤務のとき、実家帰りに良く寄っていたが、相変わらずうまかった。
RIMG0753_t.jpg

途中フクダヤで買出しをして、(ちょっと迷いつつw)17時過ぎツインリンク茂木のキャンプ場に到着。
暗くなりかけたなか急いでテントを張って、半分出来上がったFLの仲間にF田アニキを紹介して宴会に乱入。
RIMG0755_t.jpg


今年も秋刀魚焼いた。
RIMG0754_t.jpg

密集したキャンプ村状態で、よく眠れんので、愛用のBOSE QCをつけた。
が、イビキとかカットしてくれなかったorz。。

5日(日)。
3時半ごろテントを撤収して、レースコースへ向かい、パドックの場所をキープ。

caad8を組み立て、クリートを替えて来たので試走してみようと思い、インナーロゥからアウターへ変速しようとレバーを操作すると…

バキッという音と共に、レバーの手ごたえが無くなった。

フロントディレーラーのガイドが粉砕骨折すΣ(´Д`lll)
RIMG0757_t.jpg

取りあえずANCHORのサービスで見ていただくと、幸運にもcaad8に合う新品のフロントディレーラがあったので、交換して頂いた。
地獄で仏でした。
RIMG0758_t.jpg

またヅラ化が進んだよw
RIMG0759_t.jpg

バタバタしているうちに、スタート時間が近づいてきた。

スタート前、少し緊張気味のF田アニキ。
走っていて残念ながら見れなかったが、ヘルメットを逆に被ってしまい、FLの仲間に指摘されてしまったらしい(面白いお方だ)。
RIMG0760moz_t.jpg

予定の30分遅れの9時、7時間スタート!
RIMG0762_t.jpg

資格試験やら熱発やらで2週間自転車に乗れなかったり、寝不足だったりでちょっと不安だったが、レースが始まってしまえばすっかりそんなことは忘れて気持ちよく走れた。

3周回って、F田アニキと交代。

2回目の走行のときには、いい感じで進むCannondaleに乗った方に憑依。
坂路でわしが前に出て、その後の勢いで高速ダウンヒル部分を先行するが、平坦部分にかかるとその方が前にでてきて、それにわしが乗るというお得な展開(笑)。

3回目。
同厩のミサトン(♀)の20秒遅れでスタートする。
追いつこうと頑張るが、1周目の坂で脹脛がつりそうになり失速、見えなくなる(泣)。

F田アニキの3回目。
4時間のゴールのためのピット閉鎖に巻き込まれて、F田アニキが4周走ることになるかもと思ったがしっかり3周で帰ってきた(運のいいお方だ!)。

うどんを補給して、4回目の周回。
今度は坂で、両足の脹脛がつりそうになる。
リタイアはやばいので、体力温存のためちょうどよさげなトレインを探すが、4時間が終わってコース上は閑散としており、空しく一人旅。
オーバルの2~3コーナー直線部分の向かい風が強くなってきて気が付くと25km/hくらいしか出ていない。

7時間ソロを戦う勇者たちの休息。
RIMG0770_t.jpg


5回目の周回。
恐らく最後の番になると踏んで、最後の力を振り絞って走った。
5~6人のトレインになったが先頭のヒトがいい人で、ハンドサインで前方の障害物を教えてくれるのでありがたかった。
が、坂路でちぎれる(泣)。

1510 F田アニキと交代。
ピット閉鎖(閉鎖されるとライダー交代出来ない)まで45分。
アニキも疲れているし、流石に間に合わんだろうと思った。
売店のホットドックを食べ、買っておいたsoyjoyも補給しようとすると、半分食われていた(チャーミングなお方だ。怒)。

アニキのゴールシーンを撮ろうとコース脇で見ていると、
15時38分 F田アニキがホームストレッチを疾走していった!!
あれ!?間に合うカモ?
RIMG0779_t.jpg

慌てて、走行準備してパドックで待つ。
刻々と進む時間。
いつもは、「差せっ!差せっ!!」とかポジティブwなわしが、「来るなっ!来るなっ!!」と祈った。

ピット閉鎖30秒前、ピットレーンの彼方にF田アニキの姿がっ!!!

アニキ、逆メロス状態だよ!(ドラマチックなお方だ)

「頑張ったぞ!間に合ったづら!?」と満面の笑みのアニキからセンサを受け取り、最終周回へ(泣)。

坂路も半分くらいダンシング!
で、下りでいいペースのスパイダーマンジャージの方にへばりつく。
オーバルの向かい風部分も盾になって頂き、シケインを折り返しての短い直線で鼻差チョイ差ししてチェッカー!わはは(大人げねー)。
RIMG0781_t.jpg

F田アニキお疲れ様!
来年は、4時間ソロだな。
RIMG0788moz_t.jpg

FLの皆さん、お疲れさまでした。
お初の塩コンブさん、ロバさん今後もよろしくです。
















  1. 2008/10/07(火) 00:26:32|
  2. 自動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小鹿野わらじカツツアー

土曜日。

朝5時半に目覚ましが鳴る。

目覚ましを止めてうつらうつら。6時に飛び起きて、コロッケパンを食べて0615出撃。

が、出てサングラスを付け忘れたのに気が付き、再発走orz。。

暖気している時間もなく、朝っぱらからR407を全開っす(笑)。

滝汗を滴らせながら、ぎりぎり時間前に集合場所の高坂神社前交差点に滑り込む。

参加者は4,5人かなあと思っていたが、14人の大集団!
IMG_8201_t.jpg


相変わらず覚えられない素敵ルートで落合橋経由で定峰峠を目指す。

白石バス停までのダラダラ坂で集団がバラける。

定峰峠が始まると、本日のハイライト、メダリストkatsuさんとの熾烈なバトルが始まった(笑)。

2週前のアジサイツアーで脚部不良を発生したはずなのに、わしの背後に張り付いて離れない。

たびたびダンシングして引き離そうとするが、ぴったりと大名マーク。

わし「katsuさ~ん、あまり無理するとまた脚を痛くしますよ」
katsuさん「だいじょうーぶー」

懐柔策にものってこない(笑)。

旧定峰峠との合流地点を目安に、スパートをかけるが、荒い息使いが背後に迫る!!

が、仕掛けが早すぎて、一息(笑)

katsuさん瞬発力があるから、こりゃやられたなと思いつつ、ピーク100m手前で再点火。


なんとかkatsuさんを押さえてそのまま流れ込んだ。わはは。

心拍200を超えてましたww

定峰峠で集合して、秩父側へダウンヒル。
途中、朝練帰りのきーじぇいさんとすれ違う(狙ってましたねw)。

秩父に下りると、坂本屋でどら焼と草もちを補給。
作りたてみたいで、うまかった。
IMG_8203_t.jpg

IMG_8202_t.jpg


1100小山を越えて小鹿野の鹿の子到着!
結構みなさんきているようだが、わしはおハツです。
IMG_8207_t.jpg


上品な梅こぶ茶みたいな味の桜茶を頂きながら、わらじカツの出来上がりを待つ。
IMG_8204_t.jpg


キタ━━━━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━━━━━!!!
どんぶりのふたからはみ出すほど巨大なヒレカツが入っていてボリューム満点。
80km以上走って腹へり状態だったが、完食するのに苦労するほど。
さっくり上がったカツは、ソースと黒コショーで味付けされていて味も、もちろんグゥーーっ。
IMG_8206_t.jpg


わらじカツに舌鼓を打つFLの集団。壮観です。
IMG_8205_t.jpg


お次は、デザートを頂きに長瀞に向かうが、途中3Kさんがパンクを喰らう。
品薄のシマノのカーボンコンポジットホイールの実戦投入だったのについてないですな。
IMG_8209_t.jpg


IMG_8216_t.jpg

IMG_8215_t.jpg


清水屋では、天然氷のかき氷。
かき氷の王道は、いちごミルクだが(見てヨシ、食べてヨシ)、このお店にはない。
しかたないでイチゴをオーダー。

だが、わしのだけ、
キテナ━━━━━━━━━━(・A・)━━━━━━━━━━━━イ!!!
お店の方が忘れてしまったらしいorz。。

気を取り直して、粉雪のようなかき氷を頂く。
IMG_8210_t.jpg


ばっちゃんにジャンプのレクチャーをしてもらう。
しかし、あのジャンプ力はすごい(笑)

もうすこしで100マイル(160km)を越えるから遠回りして帰ろうというらんたさん、パークラさんと帰路を供にするが、このふたり40km/h超えでぶっ飛んでいく。

スタートでクリートキャッチをミスしたら、心が折れて二度と追いつけませんでしたorz。

本日の走行168km。






  1. 2008/06/29(日) 10:53:25|
  2. 自動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。