XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011北海道サイクリング 結

8日目 8/1(月)
早朝から和琴温泉でひとっ風呂。

突然ですが、ワコトタンシャコレクションをお送りします(ほとんど盗撮状態ですがwww)

傷だらけなZX-9R。
極端なシュートマフラーが凶悪そう。どんな音すんだろう?
IMGP5968.jpg

最終型のGPZ900R。初めて買った大型バイクが750ニンジャなんで大好きです。
エバーグリーンなよさがあるよね。定番のデクスター管もスマート。
IMGP5969.jpg

水冷monster。
ドゥカエンジンの美しさは異常。
IMGP5970.jpg

弟子屈のセイコーマートには、なぜか学習机が置いてあった。
なんだか給食食べてるみたいだ。
IMGP5974.jpg

自衛隊の方々も補給に寄っていました。
工兵部隊だろうか?
IMGP5975.jpg

中標津へ向かう途中、養老牛のからまつの湯に寄ろうとしたが、新しい道路が出来ていて勝手が違い少し迷う。

おれの好きな温泉ベストテンに入るからまつの湯。
真横に清流が流れていて、熱くなったら川の水を浴びてさぱっりできてよい。
IMGP5980.jpg
IMGP5981.jpg
IMGP5982.jpg

ただアブだけはうるさい。
5匹ほど撃墜してやったが、この時期は落ち着いて入ってられない。

入浴前、源泉に仕掛けておいた生卵が、食べ頃なゆで卵に。
IMGP5983.jpg

お次はライダーの聖地、開陽台へ。

前に空荷で来たことがあるが、フル装備のランドナーではきつかった。
ゴール前のマキバオーみたいになったww
IMGP5984.jpg

早速売店で、アイスと牛乳(ノンホモ)を買い求めて補給。
IMGP5986.jpg
IMGP5999.jpg

天気がよく、遠く国後島まで見渡せました。
IMGP5994.jpg

熊が出たとかで、キャンプ場は使用禁止になっていました。
ま、使えたとしても食料を調達して、またあの坂を登ってくるのはムリポ。
IMGP5991.jpg

IMGP6002.jpg

最後のお宿は、緑ヶ丘森林公園キャンプ場。
IMGP6006.jpg

まずは、マルエー温泉でさっぱりして、
IMGP6008.jpg

大盛な店やまやへ。定休日かよorz。。
IMGP6010.jpg

しかたないので足を伸ばしてすしロードへ。
IMGP6013.jpg

相変わらずの回転寿司のレベルを超えたデカねたがうれしいが、少し味落ちた?
IMGP6011.jpg

陽が暮れると17度くらいまで気温が下がり、サイクルジャージだけで出てきててしまったことを後悔しながらテントに帰った。

しつこいですが、セイコーマートのポテトシリーズのコスパは異常w
IMGP6014.jpg

9日目 8/2(火)
隣にテントを張っていた若い子は、日本一周中とのこと。うらやましい。これからわしは娑婆に帰らなくちゃいけないのに。

彼のランドナー。

ランドナーの装備って個性が表れて面白い。
IMGP6017.jpg

パッキングを済まし、町に下りる。
クロネコにキャンプ用品一式を預けて身軽になる。
こちらに荷物を送るときに、甲府のクロネコでは航空便なんでボンベを抜いてくれと言われたのでこちらにきたから買い直したんだが、中標津のクロネコでは北海道→本州は陸送だという。
半分以上残ってるボンベ、キャンプ場で他人にあげちゃったよ(怒)。
まあすごくよろこんでくれたからいいか。

飛行機に乗るまで時間があるので、北ホテルで温泉。
IMGP6020.jpg

で、お昼ご飯は、やまやでスペシャル。

まあすごくおいしいってものでもないんだけど。
おさえておきたいw
IMGP6026.jpg

かなり余裕で空港に着いたので、離陸するプロペラ機を眺めたりして時間をつぶした。
レシプロ機ってかっこいいなぁ。
IMGP6032.jpg
IMGP6037.jpg

16時前には、羽田にいたが甲府行きのリムジンバスの待ち時間が2時間(泣)。
でもちゃんと自転車も預かってもらえて楽々帰宅しました。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/07(水) 13:34:55|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2011北海道サイクリング Q

6日目 7/30(土)
小雨が降っていて憂鬱。
連泊にしようかなんてくじけそうになる。

管理テントで、地元の方と話をすると上士幌航空公園で降っていても周りでは降っていなかったりするらしい。じゃあ屈斜路湖目指してがんばってみっか。
IMGP5856.jpg

スズキのSKYWAVE650。
パニアバックとか大容量だし、ロングツーリングするにはスマートかもしれない。
IMGP5855.jpg

屈斜路湖へ向かうには、地図でみるとR241をいけばよいが、途中、芽登でr88>r468>r621とたどればショートカットできそう。

ところが、そのコースジゴクでしたわ。
行く手にNTTの無線中継所が見えるほどの延々な登り。
IMGP5857.jpg

途中、(その後つぶれてしまった)安愚楽牧場の足寄牧場などもありました。
IMGP5858.jpg

1310旧上利別駅に寄り道。
時間が止まったようです。

このペースでは屈斜路湖までは無理なので、阿寒湖に目的地を変更することにした。
石ヤンに電話をしてみるが出れないようなので、メールで予定変更を告げ再出発。
IMGP5861.jpg

r621はダウンヒル。
1420 R241にぶつかったところにあったドライブインでトウキビと牛乳を補給。
IMGP5864.jpg

ここから足寄峠(645m)まではダラダラな登り。

茂足寄PAで顔を洗って気合をいれてから、がんばって登っていると路肩に止めたワゴンの陰から一眼で俺を激写している人がいる!

いしやんでしたwww

あっというまに拉致されて、
IMGP5865.jpg

アイヌコタンまでワープ。
IMGP5871.jpg

さらに当初の目的地である屈斜路湖の和琴半島までワープして、いしやんファミリーとBBQしたのでした。
IMGP5879.jpg

7日目 7/31(日)
朝飯食べたあとは、湖畔の池の湯、コタンの湯を巡った。

へび使いの少年(いしやんの息子)。
コタン温泉で買ったこのへび人形(異様に動きがリアルなのだ)で追い回されたあげく、まるも呼ばわりですわ。
こないだあったときは、小さくてピーピー泣いていたくせに(笑)
IMGP5899.jpg

慌しく帰っていったいしやんファミリー。
IMGP5902.jpg

お昼は、北海道限定マルちゃんダブルラーメン。
まあ麺が2個入ってるだけですが。
IMGP5906.jpg

さて今日は、和琴半島の先端にあるオヤコツ地獄を見に行ってみることにする。

管理所に行って手漕ぎボートを借りて、いざ出発!
IMGP5907.jpg

20分ほど汗ばむほど漕いだ。お店のひとは、30分あれば往復できるといっていたが随分時間がかかっているような?
IMGP5916.jpg

40分後、オヤコツ地獄到着。
モーターボートに乗った人たちで一杯でした。
IMGP5922.jpg

さて、こっちも引き上げるとするか。
IMGP5929.jpg

余裕があればどこかで昼寝でもしたかったが、けっこう時間食っちゃってるし、えっちら港を目指してがんばった。
するとエレキボート(電池で動くボート)に乗ったおじさんが接近してきて、
「お客さーーん!ボートが沈んじゃったっていってキャンプ場の人が心配してるから、戻ってー!!」といわれる。
話を聞くと。管理所が見える範囲しか行ってはいけないらしい(そういえば途中ブイを越えたなぁ)。
IMGP5937.jpg

結局出発から1時間半で、港に帰ってきた。
ご心配をおかけして申し訳ないす。

俺の愛機。12号艇。
IMGP5940.jpg

しかし手漕ぎボートもまじめに漕ぐといい運動になりますね。
自転車と組み合わせるとバランスよく筋肉つけられるかも。

まだ15時ですが、することもないので屈斜路湖を眺めながらクラシックタイム。
IMGP5942.jpg

一番近い弟子屈のスーパーまで20km以上あるので、晩飯は管理所で売ってるレトルト牛丼で済ました。
IMGP5943.jpg

暮れ行く屈斜路湖が最高のおかずです。
IMGP5946.jpg
IMGP5958.jpg

今日は1mmも移動しなかった。
IMGP5952.jpg

ヘッデンの明かりだけを頼りに入る夜の和琴温泉。
巨大な温泉を独り占めww
IMGP5961.jpg
  1. 2011/09/07(水) 09:53:07|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011北海道サイクリング 破

4日目 7/28(木)
夜半少し雨が降った。
IMGP5725.jpg

ビーチパラソルのカバーって流行ってるのか?
IMGP5727.jpg

朝飯は、北海道限定どん兵衛。
IMGP5728.jpg

霧の中の昆布漁。幻想的でした。
IMGP5731.jpg

黄金道路。
ガスってて見えんな。
IMGP5733.jpg

えりも黄金トンネル。北海道で最長のトンネルです。
IMGP5735.jpg

1030フンベの滝
IMGP5738.jpg

トラデショナルなランドナー登場。
帆布の振り分けバックはかっこいいね。雨男&めんどくさがりな俺には無理ですが。
IMGP5741.jpg

半田ファームに寄り道。
IMGP5769.jpg

ひとなつこいロバさんやヤギさんがいます。
IMGP5750.jpg
IMGP5759.jpg

予想どおり最高レベルのアイスでした。
IMGP5754.jpg

アイスだけの予定だったが、チーズケーキ&アイスコーヒーも頂いた。
IMGP5764.jpg

チーズもうまそうなので、おつまみ用にゲット。
IMGP5763.jpg

手作り感満点な素敵な喫茶店です。
IMGP5767.jpg

犬小屋を覗いてみると、
IMGP5770.jpg

よっこら、って感じで出てきた。
IMGP5771.jpg

あまりにでかくてびびったが、ひとなっつこいワンちゃんでかわいい。
手をよだれだらけにされたが。。
IMGP5772.jpg

ナナちゃんに見送られて出発。
IMGP5775.jpg

1520ちょっと早いが道の駅忠類の奥にあるキャンプ場にイン。
IMGP5781.jpg

トイレが遠いのが難ですが、高台でなかなか気分のいいキャンプ場です。
無料なんでファミリーキャンパーが多いかな。
IMGP5780.jpg

余裕があるので、ナウマン像記念館を見学。
IMGP5786.jpg

日本各地の博物館にあるナウマン像の骨格標本のオリジナルは、忠類で発掘されたこのナウマン像なのね。
IMGP5796.jpg

ナウマン温泉に入りさっぱりしたあと、夕日を眺めながら晩飯。

お酒はトカップワイン。
IMGP5802.jpg

近くの肉屋で入手したロースハム&ソーセージ。
ハムは、ベーコンかと思うほど油がでてジューシーだった。
IMGP5799.jpg

セイコーマートのポテトフライ。これで100円ですよ。最高。
IMGP5800.jpg

5日目 7/29(金)
幸福駅に寄り道。
IMGP5805.jpg

かっこいいラッセル車が連結されている。
IMGP5807.jpg

すごいことになってる駅舎内。
IMGP5815.jpg

幸福行き切符キーホルダーをゲット。
IMGP5818.jpg

お次は、愛国駅。
IMGP5819.jpg

TZRとかRZVとか懐かしすぎる。
多分このころ初めてバイクで北海道ツーリングしたと思う。
IMGP5831.jpg

恋人達の聖地(けっ)を堪能して出発しようとすると、

げっorz。。
IMGP5840.jpg

1400暑さのなかクラクラしながらチューブ交換を終え、帯広に到着。
IMGP5841.jpg

帯広では牛トロ丼を楽しみにしていたが、タッチの差でお昼の部終了(泣)。

それでは六花亭へ。
IMGP5842.jpg

サクサクパイと雪やこんこアイスを頂いた。
六花亭ってお土産で買うと高いけど、お店で食べると色々な種類のが安く食べられてよい。
帯広っこがうらやましいぜ。
IMGP5843.jpg

1730上士幌航空公園キャンプ場着。
IMGP5848.jpg

ふれあいプラザでお風呂に入ったあと、キャンプ場に戻るときに道を間違えてあせった。
自転車のLEDヘッドライトなんて役に立たないくらい闇が深いのだ。

6日目 7/30(土)
小雨が降っていて憂鬱。
連泊にしようか。

管理テントで、地元の方と話をすると上士幌航空公園で降っていても周りでは降っていなかったりするらしい。じゃあ屈斜路湖目指してがんばってみっか。
IMGP5856.jpg

スズキのSKYWAVE650。
パニアバックとか大容量だし、ロングツーリングするにはスマートかもしれない。
IMGP5855.jpg

屈斜路湖へ向かうには、地図でみるとR241をいけばよいが、途中、芽登でr88>r468>r621とたどればショートカットできそう。

ところが、そのコースジゴクでしたわ。
行く手にNTTの無線中継所が見えるほどの延々な登り。
IMGP5857.jpg

途中、(その後つぶれてしまった)安愚楽牧場の足寄牧場などもありました。
IMGP5858.jpg

1310旧上利別駅に寄り道。
時間が止まったようです。

このペースでは屈斜路湖までは無理なので、阿寒湖に目的地を変更することにした。
石ヤンに電話をしてみるが出れないようなので、メールで予定変更を告げ再出発。
IMGP5861.jpg

r621はダウンヒル。
1420 R241にぶつかったところにあったドライブインでトウキビと牛乳を補給。
IMGP5864.jpg

ここから足寄峠(645m)まではダラダラな登り。

茂足寄PAで顔を洗って気合をいれてから、がんばって登っていると路肩に止めたワゴンの陰から一眼で俺を激写している人がいる!

いしやんでしたwww

あっというまに拉致されて、
IMGP5865.jpg

アイヌコタンまでワープ。
IMGP5871.jpg

さらに当初の目的地である屈斜路湖の和琴半島までワープして、いしやんファミリーとBBQしたのでした。
IMGP5879.jpg
  1. 2011/09/07(水) 02:44:43|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011北海道サイクリング 序

最近更新サボり気味なんであっさり風味でお届けします^^;

1日目 7/25(月)
ポケモンジェットで千歳入りしました。
IMGP5527.jpg

まずは社台スタリオンステーションへ。
IMGP5535.jpg

ここには、日本競馬の至宝ともいえる名馬達が繋養されている。
IMGP5534.jpg

けれど今日見れるのは、ディープインパクトだけ。
しかも謁見できるのは5分だけという。
IMGP5533.jpg

ディープが出てくるまで1時間ほどあったので、店内でディープのDVDを観て時間をつぶす。
弥生賞は、中山競馬場のパドックで見たが、華奢な感じがしてこんな大活躍するなんて夢にも思わなかったなぁ。

DVDで気分が盛り上がってきたところで、林の奥から真打登場みたいな感じで、姿を現したディープ!
DA★60-250mmF4EDがうなるぜ。
IMGP5536.jpg

厩務員さんに引かれたディープが、すこし手を伸ばせば触れるくらいのところまでやってきて観客大興奮!
IMGP5557.jpg

さすがに現役時代のあの燃えるような闘争心はなく、ゆったりと牧草ばかり食むディープであったがいつまでも元気でいてほしい。

1430鈴木カップリングでノーベル化学賞を受賞した鈴木教授の出身地のむかわ町で、遅めの昼食。
ホッキ丼を頂いた。やさしい味です。
IMGP5574.jpg

1530門別競馬場の横を通過。
明日から開催!?
IMGP5577.jpg

1700新冠
IMGP5578.jpg

静内のクロネコでキャンプ用具を回収して、フル装備エンペラーになる。
IMGP5579.jpg

AEONで食材を仕入れて、静内温泉キャンプ場へ。
想定外だったのが、キャンプ場手前の静内温泉が休館中だったこと。
先の震災を受けて調査したところ耐震上問題ありということで当分の間休館ということらしい。

晩飯はスープカリー(レトルトだけど)。
サッポロクラシックがうまい。
IMGP5580.jpg

2日目 7/26(火)
静内温泉キャンプ場は、有料になってしまったのが残念だったが相変わらずすばらしい。
牧場めぐりをするため連泊です。
IMGP5582.jpg

キャンプ場の管理人のおじさんに教えてもらった昆布漁を見物。
IMGP5585.jpg

素人目にも極上品とわかる肉厚な昆布だ。
IMGP5588.jpg

競馬のふるさと案内所にいってみるが、定休日かよorz。。
IMGP5589.jpg

門別競馬に列車で行けないかと、JR静内駅に行ってみるが帰りの便がないことが判明。
送迎のバスもないみたいだし。
北海道の3桁国道を夜自転車で走るのは怖いし、今回はあきらめるか。

新冠の道の駅にいってみると、生活臭ただよう旅自転車が。
IMGP5593.jpg

この道の駅で売ってる皮製の動物キーホルダーが好きで寄るたび買っていたのだが、ラインナップが大幅に縮小されて馬しかなくなっていたのが残念。
IMGP5596.jpg

マヤノトップガンが見たくて優駿スタリオンステーションへ。
IMGP5605.jpg

が、優駿スタリオンステーションでは種牡馬見学はしていないことが分かる。
トップガンのために重い思いをして250mmを持ってきたのでガッカリ。
種付け時期は終わっているんだし、末端の競馬フリークに少しくらいサービスしてもバチはあたらんと思う。
社台を見習え。

折角なので優駿記念館を見学。

オグリキャップ関連の展示がされていた。
現役時代を知らないのであまり思い入れはないが、確かにすごい馬だったんだなと思う。
IMGP5602.jpg

馬あての賞状とか(笑)
IMGP5603.jpg

気を取り直して、ビックレッドファームへ。
IMGP5607.jpg

もしかして、ここも見学NGかもと恐る恐る事務所に入ってみると、受付名簿に署名をしたあと、牧場の地図を頂いて自由見学。
ビバ岡田総帥!もし一口馬主になるなら、マイネルにしますよ。
IMGP5608.jpg
IMGP5642.jpg

目玉は、アグネスデジタルでしょうか。
馬房を覗くと、わざわざ顔を出してくれました。
IMGP5622.jpg

マイネルゴルト。
現役馬が放牧で里帰りしていました。
IMGP5611.jpg

ビックレッドファームの屋根付坂路コース。
コスモバルクはこの1100m坂路で連続2本一杯追いという究極の仕上げをこなして、ダービーに向かったらしい。
ちなみに、同様の調教をこなした馬は、他にマイネルマックス、マイネルラブの2頭のみだそうだ(いずれもGⅠ馬)。
IMGP5655.jpg

二十間道路桜並木を爆走して、アロースタッドへ。
IMGP5660.jpg

タイキシャトル大先生。
レース後の引退式を控えた確勝のはずのラストラン(98年のスプリンターズS)で3着に敗れたあなたは、競馬に絶対はないということを教えてくれました(笑)。
でも憎めないのよね。
IMGP5675.jpg

お隣は引退したばかりのスパホ。
JRA-VANで調べてみたら、GⅠ勝ってなくね?
父ロドリゴデトリアーノって渋いけど成功して欲しいな。
IMGP5671.jpg

レックススタッドは時間外で見学できなかった。
(おれの馬)アドマイヤコジーンは見たかったなぁ。
IMGP5688.jpg

キャンプ場に戻ると、管理人のおじさんが火を起こした七輪と、体を拭けるようにとバケツに水をためて用意していてくれた。
ありがたいことです。
IMGP5690.jpg

管理人さんのmagna50。
自社の250ccの縮小版っていう成り立ちが微妙だが、意外とかっこよい。
カブ系のエンジンだから燃費もすごくいいらしい。
IMGP5691.jpg

ちょうどツブ貝と焼き鳥を買ってきていたので、七輪で焼いておいしく頂いた。
IMGP5692.jpg
IMGP5693.jpg

3日目 7/27(水)
海沿いのR235を走る。
セイコーマートの魔力にハマってしまい、何度もセイコーマートで買い食いをしてしまった。

1回目のとき、新冠の道の駅にいた自転車のおじさんが、おれが座って補給している横にやってきて、タバコに火をつけた。
人が飯を食ってる横にわざわざやって来てタバコ吸いやがってと思い不快だったが、話かけてくるので適当に応じていると、「途中で5万入った財布を盗られた」とか言い始めた。
なんだか面倒くさくなりそうだったので、話を切り上げて走りはじめた。

2度目の補給をしていると、また自転車のおじさんがやってきた。
おじさんいわく、えりも岬に向かう道のアップダウンは厳しい。自分はママチャリだから迂回するとのこと。
岬を避けて日本一周ってありなのかとって疑問はさておき、意外と親切な人だなと思い直した。

えりも岬手前のセイコーマートで3度目の補給(笑)をしていると、自転車のおじさんが「にーーちゃん!!!がんばれよーー!!」と叫びながら坂を駆け下りていった。

えりも岬へ向かう道は、斜度は緩いがダラダラと長い登りが堪えた。

1430えりも岬
IMGP5700.jpg

すばらしすぎる。
IMGP5708.jpg

えりも岬からだと、稚内が反対側なのね。
IMGP5712.jpg

デジャブ感のある鈴木商店で食料を調達。
IMGP5721.jpg

百人浜キャンプ場に泊まった。

晩飯。
IMGP5722.jpg

握りこぶし大の大きさなメロンのミニチュアみたいなカンロを買ってみたが、ちょっと大味?
IMGP5723.jpg

地図には風呂の印はなかったが、キャンプ場から200mほどの高齢者センターで風呂を頂いた。
  1. 2011/09/07(水) 00:03:16|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

パッキング

あさってからちょっと早めの夏休みにして、久しぶりに北海道へいく予定です。
通勤スペシヤルと化したエンペラーがあはれだしね。

ところが、(いつもどおり)始動が遅く、航空券のチケットを取ったのが木曜。

で、キャンプ道具をパッキングしたパニアケースをクロネコの営業所止めで送ったのが金曜の晩。
普段乗りっぱなしなくせに、ロングに出るとなるとシューが減って効きのあまくなったブレーキが気になりだし、夜中にクリアランス調整。

土曜に、羽田行きの朝一番の高速バスを取ろうと予約センターに電話をしてみると、満席だってさ(゚д゚lll)
これは想定外だった。仕方ないので、羽田近くのホテルに前泊することにした。

今晩は、大急ぎでレンタルしてきた新曲CDをipodにインポート。
ソロキャンプの必需品とはいえ、なぜ毎回直前に慌てるかなぁと反省。

輪行用に注文したグッズも結局間に合わんかったし。

最後に飛行機に持ち込むものをパッキング。

今回は静内でサラブレッドの写真を撮るためにK-7と望遠を持っていくので、他のものを少し減らしたい。
一番迷うのが、バッテリーをつかうものの充電関連のアイテム。

ipod、スマホ、会社用ガラケーとすべてIFが違うのでほんと困る。

>いしやん
例によって気の向くままだが、とりあえず屈斜路湖の和琴半島を目指す予定。
予定があったら、合流しようぜ(ユーラシアでおいでなさい)


おれの時間がはじまる(うひ)
  1. 2011/07/24(日) 00:49:17|
  2. ツールド北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。