XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

泥まみれの虎

宮崎駿監督作品の中で1番好きな作品が、紅の豚という私です。

その宮崎駿が、実在するティーガー重戦車のエース戦車長オットーカリウスをモデルにした漫画”泥まみれの虎”を描いていたことが分かり早速入手したわけです。
RIMG1207.jpg

独ソ双方のキャラがユーモラスな豚なので、戦場の残酷さはありませんが、戦車の運用なんか実にリアルで、アニメの絵コンテのように精緻に描かれたこの作品は読み応えたっぷりでした。

エンジンの暖気に15分もかかって、始動するとその音を狙って砲撃される場面なんて面白い。

エストニアのナヴァル戦線をたった2台のティーガー重戦車で守り抜いたカリウスは、けっして天才ではなく当たり前のことを実直に繰り返したことが、生き残ることに繋がっていく。これって実生活でも重要なことかも。

これは、原作の”ティーガー戦車隊”(オットーカリウス著!)をぜひ読まねばならんべと、有力馬が全部太め残りでわけの分からないエニフステークスをやめて図書館へ向かった。


カリウスのティーガーは無敵でしたが、わしのビートは、裏道でケ-サツの待ち伏せ攻撃に遭いあっさり撃破されましたよ。。
RIMG1210.jpg
赤点滅信号の一時不停止だと。
当たり前のことはきちんとしないとね(涙)。

高いものに付きましたよ。
RIMG1209.jpg




スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 20:51:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ヤマケイの歩く旅シリーズ

会社帰り、八重洲ブックセンターで山と渓谷社の歩く旅シリーズの「四国八十八ヶ所を歩く」と「熊野古道を歩く旅」を購入。
RIMG1477_t.jpg

「四国八十八ヶ所を歩く」の方は、「四国八十八ヶ所を歩く旅」にリニューアルされていたが、旧版の方が厚くコラムとか充実しているので、あえてこちらに。
ガイドブックとしてより読み物として楽しみたいので。

ぱらぱらと拾い読みするだけで、自転車で巡った光景が甦ってくるなぁ。
旅立ちてぇー。

いまは、すごくトレッキングに興味がある。
今度は歩き遍路だな(爆)。

流石にまた長期に年休取るわけにもいかないので、熊野古道で予行練習かなw


そろそろインフルエンザの流行が始まったようなので、用心のため会社のビルにある病院で予防接種をしてもらう。
トリインフルには効かないらしいけどね。

会社の忘年会ビンゴで、DSiをゲットした。
RIMG1480_t.jpg

毎年恒例のあはれんじゃー歳末競馬。
指定席の抽選が外れたが、火曜日の敗者復活戦でゲット!
しかも動かざること山の如しのF田アニキのために、席で馬券を買えるというiseatが取れた。

お遍路効果かねー。うひ。


  1. 2008/12/18(木) 23:08:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]他

GW。
XLCRの修理は間に合いそうもない。
ストマジという手もあるが、今回は自転車で四国遍路サイクリングをやってみることにした。

早速、オーシャン東九フェリーに空席状況確認の電話。
乗りたい日の行きも帰りも満席だそうだorz。。

去年も、同じころ動き始めてフェリーが取れず、紀伊半島へ行ったんだった。学習能力がないのか、おれ。。

予約が取れねえ!!と騒いでいると、隣の後輩が、格安航空券で行けばとアドバイスをくれた。

いつもは、単車だから飛行機なんて最初から対象外だが、自転車なら荷物として運べるし、なんといっても移動時間が短いのがよい(旅情には欠けるがこの際しかたない)。

しかも日を選べば、正規料金26.500円が、最低13.700円なんてチケットまである。

試しに、1番安かった旅行会社に電話してみると…

流石にそんなに甘くなく、出発予定日で空いているのは、羽田発0725のみ。

熊谷からだと、始発の0512でも、羽田着0701。
0508の急行能登を使うと、羽田着0648。
大きな荷物を抱えての移動だから、急行能登を使わないと厳しいか。

とりあえず他の旅行会社へもメールで空きを問い合わせてみる。

帰りに、八重洲ブックセンタで、歩き遍路必携と云われている”四国遍路ひとり歩き同行二人(地図編)”を購入(2500円)。
IMG_3762_t.jpg

ついでに、ロードバイクのメンテ本”ロードバイク トラブルシューティング”(1800円)もゲット。
メンテ本は、何冊か持っているが、この本は写真が多く、しかもオールカラーで分かりやすそう。
風間一輝の”男たちは北へ”。
東京から青森までのサイクリングを舞台にしたミステリーらしい。
”本書はフィクションである。したがって、登場人物・団体名など、全て虚構である。ただし、作者は本書とまったく同じスケジュール・装備で、東京・青森間の自転車旅行を実施した。”という見開きの解説にシビレテ思わず購入。
IMG_3763_t.jpg


自転車でのロングなんて初めてなんで、少しパッキングを考えないと。
CAADも、荷物が載るように工夫しないといけないし。

おもしろくなってきやがった(笑)。
  1. 2007/03/29(木) 23:28:51|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:8

旧型自動車整備要綱

レンタルCDを返しにいって、雑誌コーナーをウロウロしていたら、エンスー御用達雑誌Old-timerのムック本”旧型自動車整備要綱”を発見。
まるで、機械科学生用の教科書のように自動車のメカニズムが詳しく図解されていて、為になりそうなので購入。
IMG_3761_t.jpg

ポイントの調整方法まで書いてあり、XLCRがトラぶったときにも役に立ちそうw。
  1. 2007/03/28(水) 23:39:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。