XLCRオーバーホール日記

俺の主力戦闘機(笑)である、'77年型ハーレーXLCRのエンジンオーバーホールについて綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまたトラブルXLCR

土曜の夕方、XLCRの進み具合を見にMGへ。

下手すると出来上がっているかもと思っていたのですが…。

全然進んどらんじゃんΣ(´Д`lll)
RIMG0629_t.jpg

K林さんにお聞きすると、社外のオーバーサイズピストンが入っていてそのピストンリングが見つからないのだという。
最悪新品ピストンでボーリングし直しになるかもと。
でも、ピストン関連一式MGブラスト加工済みなんだよなあorz。。
RIMG0626_t.jpg


ここは、お店にお任せするしかないですが、まいったよ。

シリンダーヘッドは、いい感じに塗っていただいた。
RIMG0624_t.jpg

その後、ナミキさんと癒し系イタ飯屋でディナー。
ナミキさん、下取りに来たトヨタマジェスティに乗って来ていた。オークションに出すと8万!なので代車で使うことにしたらしい。今は、燃費の悪いでかい車はまったく人気がないらしい。

店を出ると、雨降り。
ダメモトでアラジンを覗いてみたが、店じまい中だった。
しかたないので珈琲館へ。
ナミキさんの井上 隆智穂バナシには爆笑。

日曜。
サイクリングついでに、おばあちゃんに会いにいこうと、ヘルシーロードで蓮田を目指した。
ROT01631_t.jpg

蓮田に入ると、白岡が近いことに気づき、直江津帰りのkatsuさんのところにお邪魔する。
バックヤードで直江津珍道中をお聞きする(笑)。
>katsuさん、手ぶらでいっちゃって申し訳ない。ジュースご馳走さまでした。

その後、蓮田に寄ったが留守orz。。
驚かせようとアポなしで行ったのがまずかった。
仕方ないので、駅前のコンビニで買った10本入りのアイスを一人で食う(5本が精一杯だったすw)。

帰りは北本から荒川CRで帰ってきたが、急激に天気が怪しくなり、あと数kmってところでパラパラ降られた。
RIMG0633_t.jpg

バットマン ビギンズを観る。
なかなか。
バットモービルがかっけー。

走行97km





スポンサーサイト
  1. 2008/09/08(月) 00:13:46|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

いよいよ、オーバーホール開始

日曜。

ブランチで、福乃屋のフライ焼そば大(一番高いメニューだ。500円)を頂く。
IMG_4658_t.jpg


太田のMGスタンピードへ。

ピンゲルの強化エンジンマウントを渡して、いよいよオーバーホール開始。
チーフメカのK林さんとお話したところ、ここのところお店に3台のXLCRが来たという。
1台はお金持ちのコレクション用になっているらしく、今度オーバーホールで入ってくるらしい。

XLCRは、77~78年の間に3000台ほどしか作られていないハズなのだが、それが私のを入れて4台も同じショップにくるとは!
IMG_4659_t.jpg

夏が近いので、店が忙しくなっているのが心配だが、夏休みには乗りたいなあ。

その後ジョイフルホンダへ。
caad8のステム用ネジとか日用雑貨などを購入。
2Fのジョイフル2には、真空管アンプの店が出来ていた。
興味深いが、こんなイナカで商売になるのかな?
IMG_4660_t.jpg


実家に寄って祖母の顔をみて夕飯を頂く。
忙しくて、安田記念の結果を知らなかったが、ダイワメジャーとコンゴーリキシオーで決まったらしい。

オレの馬券は、スズカフェニックス、エイシンドーバー、エアシェイディの馬連BOXと、香港馬のグッドババからエイシン、エアへの流し馬連だったからかすりもせずorz。
U手さんから、 白鵬が横綱になったから、コンゴー”力士”オーだとかメールをもらっていたが、逃げ馬のコンゴーは格好の目標になってしまうと思い切っちまった。
お遍路行ったのに、なんで金剛力士王買わないかなあorz。

ダイワメジャー。
強いのは分かっていたが、わし、すぱっと切れるタイプのが好みなもんで。
馬体合わせたときの勝負根性は、お父さんそっくりね。

アパートに帰り、caad8のメンテ。
欠落したフライトデッキのネジを、M4(15mm)のステンHEXボルトに変更。
腐食してしまったステムのボルトは、M6(18mm)のHEXボルトに交換。
IMG_4661_t.jpg

上が新、下が旧。オリジナルと形が違うが、しかたないですな。
IMG_4662_t.jpg

オリジナルのボルトには、ピッタリサイズのワッシャが組まれている。
再利用しようとしたが外れない。
M6のボルトにM5のワッシャを入れているのかな?
IMG_4663_t.jpg

ワッシャがない分、少しボルトの先端がでてしまう。
IMG_4664_t.jpg

  1. 2007/06/04(月) 23:46:26|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

PINGEL製リアエンジンマウント

(しつこいようですが)トリニティースクールの大コウチョー先生に壊されたXLCRのクランクケース。
ナミキさんの知り合いの溶接のプロの方に、1年がかりで補修をしていただき修理にかかれる状態になっていましたが、補修をしていただいた方やナミキさん曰く、取り替える必要がないくらいベアリングの状態がよいとのことo....rz。

転んでもタダでは起きたくないので、振動でヒビがはいることがあるらしいリアエンジンマウントを社外の強化品に交換することにした。

修理をお願いしているMGスタンピードさんに探していただいたが、見つからず。どうやら国内にはないようだ。

あきらめきれずに探してみると、アメリカの通販業者のページで発見!

早速一番安い業者に注文してみた。

するとクレジットカードアドレスの後ろの4桁の番号を教えろ(偽造カード対策でクレジットカードの書名欄に印刷されている番号を要求されたらしい)というので、教えると…

今度は、クレジットカード会社にお前が正規な客か証明書を発行してもらってくれという。
クレジットカード会社に聞いてみると、店からの確認には応じるが、顧客の証明を本人に出すことはできないという(まあ当たり前ですな)。

証明はそちらでやってくれというと、ならFAXで必要な情報を記述して送れという。
で、FAXを送ったが、クレジットカードアドレスの後ろの4桁の数字が足りないという。だってオレのカードは3桁なんだすけど。

都合2週間くらいメールの応酬をしましたが、”お前!売る気あんのか!!たかだか100ドルくらいの部品を騙し取るほどこっちは暇じゃないわ!!!(心の叫びです)”と交渉決裂。

しつこくアメリカの他のショップに注文してみたところ、1発で受け付けもらえた(爆)。
しかも、安い送り方まで教えてくれる親切さ!
Thank you, Have a nice day! だって(笑)。

その品物が5日で届きました。
IMG_4594_t.jpg

色っぽいお姉さんが表紙の分厚いカタログも同梱されてました(こっちの送料はサービスらしい。嬉)。
IMG_4595_t.jpg


部品代$135.99
送料$48.40
だから、22,000円くらいか。結構高くついたにゃあ。ま、必要経費じゃな。

MGスタンピードさん、お待たせして申し訳ありません<(_ _)>。
週末には、部品を持ってお伺いします。
  1. 2007/05/22(火) 22:22:56|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

XLCRオーバーホールメニュー決定

日曜。
今日は、高松宮記念をゆっくり見たいので、朝から用足し。
ジョイホンへ行き、まずはケンタッキーで朝飯を摂ってから、ホットエアガン(6980円)とVCTケーブル(3.5sq 4芯 320円/m)を8m購入。
店員の方に聞くと、ケーブル類はここ数ヶ月ジェットコースターのようなに値段が上下して、やっと落ち着いたそう。
でも、値上がり前に買った人が同じものを買うとビックリするくらいの値段だそうだ。
これで、オーディオ用電源タップ作成用の機材が揃った。
(出来てるのを買ったほうが安くね、てのは無し。泣)
IMG_3760_t.jpg

MGスタンピードへ。
11月に、修理されたクランクケースを持っていったとき、お店のほうがお忙しいということだったので、交換が必要なパーツの準備をお願いして、手が空いたら修理にかかって下さいとお願いしていた。
ところが、トリニティースクールで壊されたクランクケースのことがどうにも気になって、気が重くなってしまい連絡するのが伸ばし伸ばしになっていたのだ。

暖冬のため、冬眠から覚めるライダーが多いらしく、広い工場が順番待ちの単車で一杯!
腕のいいメカのところには、お客さんが自然と集まってくるもんなんですね(失礼ですが、決していいロケーションではないのに)。
IMG_3748_t.jpg


わしのXLCRは、工場の奥に寂しく佇んでいました。
待たせて、悪かった。もう少しの辛抱じゃ。
IMG_3747_t.jpg


事務所で、チーフメカのKさんとメニューの確認。
修理されたクランクケースは、まったく問題ない状態とのこと。一安心。

・ピストンは取り替えない…状態がよく問題なし。
・バルブとスプリングは新品にする。
・クランクケースのべアリングは取り替えない…状態がよく問題なし。
・ミッション、ピストン、ヘッドのムービングパーツはコーティング(WPC)する…エンジン開けたときしか出来ないし、ミッションのタッチが劇的の向上するらしい。
・キャブは、FCR(39mm)に換装…高速のSAでの再始動不良は、キャブが原因じゃないかと睨んでいる。
・プライマリカバーとギアカバーは塗装する…トリニティーから回収したあと、なぜかいたるところにヒビが入ってしまったプライマリカバー。修理していただいたときに塗装が剥がれてしまったので、ガソリンがかかっても剥がれないよう外注で結晶塗装してもらう。

以上のメニューで修理をお願いした。
GWはちょっと厳しいかもとのこと。

残念だったのは、振動でヒビが入りやすいと云われるリアエンジンマウントをピンゲル製に換装したったが、見つからないということ。この部品はクランクケースを分割しないと取り替えられない構造なんだよね。

店の前に、空色のチンクワゴン(初めて見た)が止まっていた。
Kさんの車で、マフラーが壊れたのでステンレスで作っているという。
IMG_3749moz_t.jpg

リアビュー。
IMG_3751_t.jpg

このチンクは、ワゴンなんで荷室をフラットにするために、ノーマルのチンクとエンジンマウントが違う。
ホイールベースも長いし、おもしろい。
IMG_3750_t.jpg


熊谷に舞い戻り、福乃屋でフライを食べて帰宅。

中山10R 外す。

中山11RマーチS。
重得意のクワイエットディが抜け出し優勝。
トーセンブライトとヒカルウィッシュの2着争いが写真判定になった。
2着がヒカルならゲットだったが、鼻差の3着orz。

阪神11R心斎橋S(ゲット!)。
ワシの本命エイシンデピュティが優勝。
2着トウショウカレッジ 3着ゼットフラッシュ
ヒモで流した3頭のうち2頭が2,3着に入るほぼ完璧な予想(20.2倍)。

中京11R高松宮記念。
重馬場特性のありそうな馬を買った。
本線は、プリサイスマシーン-エムオーウイナー。
プリマシ-マイネルスケルティ。マイネル-エムオー。

プリマシから、サチノスイーティー、スリーアベニューへワイド。

シーイズトウショーは、重め残りと内枠を嫌って切る。
スズカフェニックスも、陣営が”パンパンの良馬場でやりたい”とかコメントしてるから、人気になってシメシメと思いながら切り。

結果
1着スズカフェニックス
2着ペールギュント(13番人気!!!)
3着プリサイスマシーン
4着ビーナスライン(このレースで引退らしい)
5着オレハマッテルゼ

武よ、なぜワシが買わないときは来るのだorz。。
  1. 2007/03/26(月) 02:21:19|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トリニティースクール

再三催促して、半年近く待たされたあげく、聞いたことのないメーカーのクランクケースをトリニティーから送られたあとの顛末。


送信者 : unidon75
受信者 : trinity school
日 付 : 2006年07月24日
トリニティースクールさま
unidon75です。

代わりのクランクケースを頂いたのですが、
やはり聞いたことのないケースで直す気がしません。

破断してしまったオリジナルのケースのほうは、溶接修理に出しているのですがボルトで押さえないと開いてしまうため、歪まないように熱を加えて少しずつ元に戻してから溶接するそうでまだ戻ってきていません。
OEMのケースを使っても、オリジナルを修復したケースを使って直しても
今までのように気分良く乗ることはできないと思います。
そのため、修理が完了したら、売りに出そうかと思っていますが、
恐らくどちらのクランクケースを使っても価値が下がってしまって、まともな金額は付かないと思います。

できれば、トリニティー殿で買い取っていただくか、下がってしまった分を補填していただけないでしょうか。

ご検討をお願い致します。


送信者 : unidon75
受信者 : trinity school
日 付 : 2006年08月02日
トリニティースクールさま
unidon75です。

黙殺ですか?

トリニティでは古い英車を扱われているので、
古いハーレーの価値も分かっているのではないかと思っていたのですが。

OEMのケースを一方的に送り付けて、解決だと思っているのですか?

代わりのクランクケースを探していただいたときも、
取引のある業者に電話一本で探させただけで、純正ケースなんて探していないのではないですか?
いったい何件の業者にあたっていただいたのでしょうか?
(S&Sのケースがあるのかどうなのかさえお答え頂いていませんよね。)

待っている間、こちらから催促しなければ返事もいただけませんでしたし。
普通、事故の場合、加害者側が走り回るのが、世間一般の常識だと思いますよ。

トリニティさんの対応には、まったく誠意が感じられず、納得できません。

XLCRのケースにヒビを入れられたとき、校長は私に一言の謝罪もありませんでしたよね。
私は、そちらの立場を思って、怒鳴りつけたいのを我慢したのですよ。

そもそも、ハーレーエンジンのオーバーホールを数機しかやっていないのに、学校で教えるということ事態に無理があるのではないですか。

こちらとしては、納得できないので、損害賠償請求を考えています。


送信者 : trinity school
受信者 : unidon75
日 付 : 2006年08月05日
トリニティースクール●●です

返事が遅れてすみません。

生徒に言われてunidon75さんのブログを拝見したら、私のメールがそっくり引用されているのを見てびっくりしました。
こういうことは法的にはともかく、道義的にはどうなんでしょう? ブログで企業批判をすることの是非は今朝の朝日新聞の朝刊にも取りざたされていました。 一度上司の方と相談されると良いでしょう。 このあたりで返信をためらってもいました。

それはともかく当校としては、取り交わした覚書きにあるとおり、この件は落着したと考えます。
旧車は部品が存在しない前提のうえでいじったり、乗ったりするわけですから100%の現状復帰はむずかしいことを了解の上で楽しむべきでしょう。当校がハーレーの知識に乏しく、「生徒と一緒に勉強する」姿勢でハーレーに取り組んでいることは私の雑誌連載にも明記してあるとおりです。

モンダイはクランクケースのヒビ割れをどう見るか?でわかれているようです。当校としては過去に何回も行った修理であり、充分修理可能と考えています。

損害賠償請求の件はどうぞご自由になさってください。私も親友・知人に弁護士が何人かいますので相談しておきます。

トリニティーの目標は自分でメカを理解し、いじることができるようになる、ということで、そのためにunidon75さんも入学したのだと思っていました。ある箇所のダメージが致命的なのか、修復可能なのか、は人によって判断は異なります。当校ではそもそもこういう判断を人に委ねず、一緒に考えていけるようになろう、という気持ちで指導しています。うちはいつでも再入学を歓迎しますのでいつでもお越しください。

当校の卒業生ももう200人近くになります。指導中にクランクケースを割ってしまったことも何回かあります。
しかしどれも直ったと判断していますし、現実にあとあと訴訟騒ぎになったことは一度もありません。
なにかそちらに普通とは違う問題があるような気もします。スタンピードさんとも仲良くして、好調なXLCRになることを祈っております。


送信者 : unidon75
受信者 : trinity school
日 付 : 2006年08月14日
トリニティースクール●●校長

unidon75です。

お返事ありがとうございます。

> こういうことは法的にはともかく、道義的にはどうなんでしょう? ブログで企業批判をすることの是非は今朝の朝日新聞の朝刊にも取りざたされていました。 一度上司の方と相談されると良いでしょう。 このあたりで返信をためらってもいました。

メールのやりとりは事実で、一切手を加えているわけではありません。
改めてメールの引用をご覧になっていただければ、如何におざなりな対応だったかお分かりになるのではないですか?


> 当校の卒業生ももう200人近くになります。指導中にクランクケースを割ってしまったことも何回かあります。

そのことをお聞きしていたら、入学しませんでしたよ。
プロがクランクケースを割ってしまうなんてこと、ありえないです。

> しかしどれも直ったと判断していますし、現実にあとあと訴訟騒ぎになったことは一度もありません。
> なにかそちらに普通とは違う問題があるような気もします。

それは、たまたま運がよかっただけではないですか。
私には、校長がおっしゃったように裏面だけ溶接したクランクケースのアイアンスポーツで高速を長距離走る度胸はありません。
一度アイアンスポーツに乗られてみれば、お分かりになると思います。

> 当校がハーレーの知識に乏しく、「生徒と一緒に勉強する」姿勢でハーレーに取り組んでいることは私の雑誌連載にも明記してあるとおりです。

私は、謙遜されていっているのだと思っていました。
それは、言い訳にもならないですよ。
お金を取っている以上、生徒は、学校側にプロのスキルがあると思うのが当然です。

●●校長が大事にしているバイクに、私と同じことが起こったとして、真摯に対応していしていただけたら、こちらもクレームをいれたりしなかったということを、ご理解ください。


プライマリーケースカバーまで破損されていたことが、分かったあと…

送信者 : unidon75
受信者 : trinity school
日 付 : 2006年11月04日
トリニティースクール●●校長、ご無沙汰しています。

unidon75です。
懸案のクランクケースがやっと修理から戻ってきました。

修理をお願いする際に、参考のためプライマリケースカバーも一緒につけてお願いしたのですが
プライマリケースカバーが、歪み、リブの部分にヒビが入っており、使える状態ではないことが分かり一緒に修理をしていただきました(添付の写真をご覧下さい)。

補修をしていただいた方のお話によると、この傷は振動や経年劣化によるものではなく、強い力で締め付けられたため弱いリブ付近が破断したものだそうです。
トリニティに入る前は、まったく問題のない部品でしたし、私は分解工程まででリタイアしていますし、
また車両を預けてあるバイク屋さんから直行で、補修していただいた方に渡しています。

思いあたるのは、破断された翌週に私が登校したときに、校長が歪みを戻すために、クランクケースにプライマリケースカバーを付けて仮組みをされていたことです。
プライマリケースカバーの平面を利用して、クランクケースのズレを戻そうとされていましたが、そのときに締め付けすぎたのではないでしょうか。

学校としては、クランクケースの件は済みかと思いますが、プライマリケースカバーの方はどうのように対応していただけますか。

別に難癖を付けていっている訳でないことをお分かりください。
本当に困っています。ご検討をよろしくお願い致します。


送信者 : trinity school
受信者 : unidon75
日 付 : 2006年11月06日

トリニティースクールです

プライマリーカバーのヒビ割れ箇所の写真を拝見しました。
あの時はヒビが入る程は締め付けていませんし、そうだとしても写真の位置にヒビが入るとは思われません。
当校としては何とすることも出来ないです。

送信者 : unidon75
受信者 : trinity school
日 付 : 2006年11月07日
トリニティースクール●●校長、

unidon75です。

クランクケースを破断させられてから、プライマリーケースをクランクケースに組み付けたのはトリニティでだけなのに他にどこで、プライマリーケースが平面から3mmもずれるほど歪んだのでしょう?不思議です。

あの分厚いクランクケースを破断させても、気が付かなかった方に
ヒビが入る程締め付けてはいないといわれても、そうですかと普通は納得できませんよ。

プライマリーのほうが肉厚が薄く弱いですから、こちらを破断させたときも気づかれなかったのではないですか?

ちなみに、●●校長から、
”当校の卒業生ももう200人近くになります。指導中にクランクケースを割ってしまったことも何回かあります。”と
お返事をいただきましたが、知り合いのメカニックの誰に聞いても1度もクランクケースは破断させたことはないそうですよ。

こちらとしては、もう疲れあきれはてました。
私のような犠牲者がでないことを祈っています。




  1. 2006/11/08(水) 22:02:45|
  2. XLCR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

かきz

Author:かきz

アクセスカウンタ

閲覧中モニター

FINAL LOW

banner

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。